2010年10月03日

手賀沼・大津川から柏市街方面への坂道なしルートの紹介です。

ここ、2・3週に渡り、手賀沼(大津川)から柏市街地方面に抜ける最も楽ちんなルートを走っています。今回は、そのルートをご紹介したいと思います。滅茶めちゃ、コネタです(爆)。

ルートラボを使いたいところですが、ルート表示・編集に必要なMicrosoft Silverlightが、僕が使っているPowerPC搭載 Mac に対応していないため使うことができません(涙)。写真と拙い説明でご容赦下さい。

需要は無いかと思いますが(笑)、もし走られて「もっと楽なルートがあるぞ!」というのがありましたら、コメント頂けますと幸甚です。

-----

PA030010.JPGPA030011.JPGPA030012.JPG
まず入り口は左の写真の場所。手賀沼から大津川沿いにしばらく南下したところです。ここを入って、写真ではちょっと分かりにくいのですが、中央上部に見える木々を目指して下さい。

そうすると、真ん中の写真の道路がありますので、ここをひたすら道なりに進みます。この道路は、国道16号とほぼ並行しています。右の写真に某自動車会社の看板が見えていますが、そこが国道16号です。

道なりに走っていると、16号に合流しそうになりそうなところがありますが、16号手前で右折すれば大丈夫です。

PA030013.JPGそして、直ぐに左の写真のようなY字路に当たります。ここは左側の道路を進んで道なり進んで下さい。実は既にゴールは近いですので「16号方面に向かう」と覚えれば簡単です。道路はL字に左に曲がります。

ここまで本当に平坦です。わずかに上り坂なのですが、そんなことを感じることはまずありません。以前、ここに大津川に流れこむ小川があったのを埋め立てて道路にしたのだと聞いたことがあります。そう言われれば、平坦であるというのも頷けます。

PA030014.JPGPA030015.JPGで、道なりはここでおしまい。ちょっとだけカクカクと曲がります。実はこのカクカクが"ミソ"です。

L字に曲がると左の写真のT字路にぶつかります。道なりに進むのはここでおしまい。ここは左折。

20mも走ると十字路があります。目印は「徐行」と書かれた黄色い看板です。ここを右折します。
※ 柏市街から大津川に抜ける場合には、コンビニ裏手の道路からこの十字路を直進して坂を下れば上述の「道なり」ルートですので、右折して道なりに進めば大津川まで一直線です。

PA030016.JPGPA030019.JPGそうすると、国道16号の戸張入口交差点にあるコンビニの裏に出ます。正面に見える道路までブロック塀がありますので、見通しが悪いため注意が必要です。一時停止し安全を確認した上で左折すればコンビニの駐車場になります。

16号は不規則な形状の交差点です。柏市街地に向かうのに最短となる道路は交通量もあり路肩も狭いので、正面に見えるシマシマ模様のアパート前を通るように左折すれば交通量が少なく安全です。

-----

実は今日は、ってか、またかと思われるかも知れませんが、二日酔い(苦笑)。しかも、脚に筋肉痛があったため大津川方面を軽く散策するに留まりました。増尾と名戸ヶ谷の茅葺き民家巡りです(笑)。

筋肉痛もあれば、帰路にどうしても坂を登らなければならない手賀沼・大津川方面は普段なら避けるところですが、このルートを帰路に使ったところ全く何の問題も無し。本当に楽ちんでした(喜)。

筋肉痛の原因は、昨日野暮用で急いで200mほど久々に全力ダッシュしたことだと思います(自転車じゃなくて自脚で)。そんなことで筋肉痛になるなんて....と、それはそれでショックなのですが(涙)。


posted by IKAWA at 23:04| Comment(10) | TrackBack(0) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

「ハケの道」− 手賀沼北岸の斜面林の麓を走る道

僕は手賀沼を一周するとき、南岸はもちろん手賀沼CRを使います。北岸は我孫子市の遊歩道を使い手賀沼親水公園まで、歩行者を驚かすことのないようにゆっくりと進みます。ここから柏方面に向かうのには遊歩道から外れ、ふれあいラインも使わず、別のルートを使うことが多いです。なぜならとても魅力にあふれた道路だからです。

ではご紹介します。その道の名は、「ハケの道」です。



なんのことはない、このブログに何度となく登場している「船戸の森の麓を走る道」のことですが、「ハケの道」という名前は僕がつけた名前ではありません。確か我孫子市役所の広報か何かをネットで見たときにその名前を目にし「なんと趣のある名前じゃないか!」と感激した次第です。それで今般、ご紹介するにあたりその"ネタもと"を探したところ見つけることができました。「(仮称)手賀沼文化拠点整備計画(案)についてのパブリックコメント」の「W文化拠点をつなぐ」(PDF文書です)がそれです。この文書の6ページ目からハケの道の説明になっています。

ところで「ハケ」って何でしょう?その意味がこの文書に書かれています。
関東から東北にかけて台地斜面下の地下水がしみだすあたりを「捌(は)け」と呼ぶ。

こう言えば分かりやすいと思います。ハケとは「水はけがいい」とか「水はけが悪い」とか言葉の「捌け」のことです。実際、斜面林から水が染み出していたり湧水があったりします。

見逃せないのはこれに続く説明。
我孫子南側のハケの道は、古くは手賀沼の水際で、丘と沼、村と村を結ぶ生活道として機能していた。

そうなんです。「ハケの道」は干拓前の手賀沼沿いの道だったのです。これを知った瞬間、そんな昔から存在し続けているこの道がとても愛おしくなりました。更にこの道沿いには志賀直哉邸跡や旧村川別荘、旧武者小路実篤邸があるなど、文化の香りを楽しむこともできます。

簡単なので迷いようはありませんが、簡単にルートの説明をしておきます。ALPSrouteは親水公園から手賀沼CR西端方向に向かっていますので、それに従って説明します。

手賀沼親水公園の交差点を渡り、ほんの10mも行くとバイク屋さんがあります。この裏の狭い道が「ハケの道」の入り口です。いくつか交差点がありますが、この道をふれあいラインと着かず離れず走れば迷いません。そしてふれあいラインとぶつかります。その場所は手賀沼公園の目の前です。ここまでの道程、志賀直哉邸なんかも見所なのですが、僕的にイチオシなのはなんと言っても「大正煎餅」の佇まいです(笑)。
CIMG1748.JPGCIMG1749.JPGCIMG1751.JPG

手賀沼公園前の交差点を渡ってふれあいライン沿いにしばらく行くと(歩道を使った方がいいです)、Y字路がありますのでここでふれあいラインから離れます。後はほとんど道なりです。一カ所、船戸の森の東端のところの三叉路は思わず直進したくなりますが、ここは左折してその先を90度道なりに曲がって下さい。
CIMG1755.JPGCIMG1756.JPGCIMG1757.JPG

CIMG4020.JPG更にしばらく走ると、白壁の立派なお宅が見えてきます。ここで一度自転車を止めてその風景を楽しみましょう。ここは「我孫子の景観を育てる会」によって1999年(第三回)の景観賞に輝いた場所です。神戸さんというお宅だそうですが、実はこの白壁の反対側の斜面林に湧水があるのです(写真は「育てる会」のところに出ています)。この湧水は神戸さんが道行く人のためにと柄杓を置いたり掃除をしたりと整備をして下さっています。僕の友人が実はこの船戸の森のすぐ近くに住んでいて先日確認したのですが、なんとこの湧水は飲めるのだそうです。(ただし、消毒していないので、子供には不向きかも知れません。)実際、僕も何度か飲んだことがあります。口の中一杯に土の香りが広がります。こんな楽しさを与えてくれるという、この心遣いがとても嬉しいです。どうか皆さんにも大切にして頂きたいと思います。

CIMG1760.JPGCIMG1761.JPG白壁の家を過ぎるて武者小路実篤邸の下を過ぎてしばらく走ると、県道7号線とぶつかります。ここで「ハケの道」は終了です。でも、もう少し先に行きましょう。県道7号線を15mほどふれあいライン方向に進むと、右手に道がありますので、ここを入ります。この道は根戸城趾の高台の麓を走る道です。「ハケの道」のエクステンションと言ってもいいでしょう。すぐに北柏の住宅街になりますので、適当に走って(←オイ!)ふれあいラインからふれあい大橋を渡るもよし、あるいはけやき通りに接続して手賀沼CRや利根運河、あるいは大堀川にいくもよしです。

「ハケの道」沿いにお住まいの皆さん、本当にこの道を愛していらっしゃる。走るとそう感じます。代表は神戸さんのお宅の裏にある湧水ですが、「この道を楽しんでいってください」という雰囲気を、そこかしこで感じることができるます。なので、とても「ハケの道」の魅力は一度で書ききれるものではありません。いずれにせよ拙ブログに何度となく登場するはずですので、その際にお伝えできればなと思います。

「ハケの道」は、MTBや小径車、ママチャリなんかで、ゆっくりノンビリと走って頂きたいと思います。ロードで駆け抜ける、あるいはふれあいラインの抜け道に利用するというのは....本当にもったいないと思います。

では、「ハケの道」をお楽しみ下さい。(^o^)/


posted by IKAWA at 23:05| Comment(12) | TrackBack(2) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

手賀沼西端ー利根運河東端接続道「けやきルート」

利根川CRを使わないで、手賀沼CR西端にあたる北柏橋から利根運河東端に至るルートをご紹介します。北柏駅前から整備された住宅街を貫く「けやき通り」、これから整備されていく柏の葉キャンパス駅周辺から更に柏たなか駅周辺の田舎道を堪能し、利根運河サイクリングロード東端に向かいます。

名付けて「けやきルート」
# 単に「けやき通り」を使うからってだけなんですが(苦笑)。



北柏橋を出て最初の交差点を左折し、常磐線と国道6号のガード下をくぐるとそこが「けやき通り」です。実はこの先、基本的に「前へ、前へ」と進んで行けば利根運河東端に着くことができます。

覚えておくポイントは以下の三点のみです。

(1) 「けやき通り」の終点

CIMG3542.JPG

けやき通りの終点は柏市公設市場のT字路になっています。ここを右折。一番最初に左折出来るところ(100mもありません)を左折して下さい。すると柏市公設市場沿いの緩いカーブの続く道路があります。次の交差点も直進。TX柏の葉キャンパス駅周辺の開発が続くだだっ広い地域が左手に見えます。
※ この柏市公設市場のT字路は当たり前ですが16号に向かう自動車がほとんどです。そのためこの終点では左折車が非常に多く路肩の幅が狭くなってしまいます。危険を感じたら歩道に回避しましょう。
# ちなみに、柏市公設市場のT字路を右折(反対方向からだと左折)してまっすぐ行くと「らあめん美春」です。

(2) 田中中学校の交差点

CIMG3544.JPG

特にここは目標物らしいものはありません。写真のような田中中学校のテニスコートが目に入ったら、テニスコート沿いに右折し坂を上って下さい。(木立の奥にTXの高架が見えます。これ以上見えてしまったら行き過ぎています。)【ここが東葛人さんご紹介の「田んぼを見ないで田舎を走るルート」との合流点です。】坂を昇りきると正面の道に進んで濃い茶色の田中農協のY字路を左折です。(左折と行っても左側通行していれば道なりです。)
※ 反対方向からの場合、田中農協のY字路は分かりにくいです。正面に濃い茶色の建物が見えてきたら注意です。
※ 反対方向からの場合、田中中学校の交差点は見通しが悪いです。必ず一旦停止し、車の往来が無いことを確認して左折してください。

(3) 柏たなか駅への入り口

CIMG3546.JPG

田中農協を過ぎた道路はしばらく眺めのいい開けたところですが、しばらくいくと(蕎麦屋を通り過ぎてすぐ)正面に写真のようば木立に両側を挟まれるようになります。すぐにある写真のカーブミラーのところ(車が左折していますが)、ここを左折してください。ここからアップダウンが三回ほどありますのでお楽しみください。
※ 反対方向からの場合、T字路ですので右折してください。


柏たなか駅をすぎ、常磐道の下をくぐればあとは十字路があろうがなんだろうが「前へ、前へ」向かえば正面に柏市清掃工場の煙突が見えてきます。新潟運輸の前を通って7号を再び越え右折すれば利根運河到着です。【常磐道の下をくぐって最初の十字路を左折すれば「田んぼを見ないで田舎を走るルート」に続きます。】
※ 反対方向からの場合、間違って柏市清掃工場に入らないでください。行き止まりです。右折みたいなイメージを持っておいてください。

----------

今日の相棒はMTBです。

念願のルートも完成し「けやきルート」で再び手賀沼まで戻ってきました。なんだか夏休みの宿題を最終日に仕上げられた子供の気分です(笑)。僕の夏休み、怒濤の9連休も今日でおしまいです。

いまの気分って、こんな↓感じです(苦笑)。
CIMG3560.JPG

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:「けやきルート」の終着点]
8799.jpg

利根運河からはここがスタートです!

posted by IKAWA at 22:55| Comment(6) | TrackBack(1) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

やっとルート完成「柏市街→富士見橋」「南柏→逆井」。で、デビューしてみましたっ!(笑)

昨夜の自転車ルートのエントリー、アップしたのは23時51分になっています。この時刻、投稿時刻をかなりいじってます。(実は今日もいじってます。)実際にアップしたのは午前2時を回っていました(笑)。で、張震嶽の「OK」なんざきいていたものだから、寝たのは午前4時過ぎ。目が覚めたら午前11時半です。夏休みですっかり生活のリズムを崩しています(苦笑)。これはいけません。

そんなこんなですっかりポタる時間がなかったのですが、それでもなぜか見てしまうGoogle Map。すると、いままで未完成だったルートの解決方法が見えてきました。それで午後3時頃から確認のためポタに出発しました。

まず、今日のポタルートを見せちゃいます!


ALPSLAB route デビューしてしまいました。昨夜のルート紹介の面倒さに疲れてしまい、手をだしてみたら意外と簡単にできました(喜)。ただ"新人さん"にありがちなコース上を行ったり来たりするところがありますが、ご容赦ください。それと、写真とコメント、入ってません。どこまでも不親切です。というか入れ方が分かりません(苦笑)。

このポタルートには2種類のルートを表示しています。ひとつは「柏市街→富士見橋(6号の信号なし)」もうひとつは「南柏→逆井」です。最終的に手賀沼に行ったので、手賀沼からのルートにもなるかと思います。

■ 柏市街→富士見橋(6号の信号なし)

CIMG3442.JPGCIMG3444.JPGもうちょっとカッコいいルート名をつけてもいいような気がしますが(苦笑)。起点は柏市の郵便局通りにある長全寺の交差点にしています。そして麗沢大学の中を抜け、6号と常磐線の下をくぐり富士川沿いに北上し富士見橋に至ります、このルートの"売り"は、6号を信号なしで渡れること、この1点だけです(笑)。でも、麗沢大学周辺の木々の中を通り抜ける気持ちのいいコースだと思います。

その売りの部分、ALPSLABの地図では縮尺の関係で道路が表示されていませんでした(泣)。なのでGoogle Mapで説明します。(マニアックだと結局そうなるのね。)右下の方、川沿いに白い道がありますが、これがALPSLAB routeで、麗沢大学を越え、左折して道なりにきて旧水戸街道に突き当たる部分です。ALPSLABではここから常磐線をくぐるまでを直線でゴマ化しました。目標はGoogle Mapの左上の訪に見える常磐線をくぐる道です。そして、丁度地図のまん中あたりに6号をくぐる道があるのが分かりますか?この2点を結ぶ道は一直線で分かりやすいですね。でも旧水戸街道から6号をくぐるのに、迷路のような道になっています。ところが、ある法則に従えば簡単に6号まで行けるのです。その法則とは正面のY字の左斜めになっている道に入ったら「左に曲がれるところを見つけたら曲がる」ことです。で、突き当たったら右折すればいいです。逆方向からくるときも、6号を抜けたらすぐ右に曲がって、あとは全く同じ「左に曲がれるところを見つけたら曲がる」法則です。

このルートはずいぶん前から使っているのですが、一ヶ所、わずか200mだけどうしても気に入らない場所がありました。それで試行錯誤していたのですが、今日もっと視野を広げて地図をみると新しいルートが見えてきました。視野を広げるのは大切です(笑)。

■ 南柏→逆井

CIMG3450.JPGCIMG3453.JPGこれももうちょっとカッコいいルート名をつけてもいいような気がしますが(苦笑)。今回は富士見橋から流山東高校、そして6号の名都借の交差点を越え、上記のルートに柏光が丘小学校(と言っても流山市にあるんですね)のところで合流し、東武野田線新柏駅の北側で来た道を右折しました。一応、ここを起点としてください。このルートの売りは、新柏から増尾に至る広い通りを軽いアップダウンを楽しみながら走れることと、逆井駅南方の"かたくり山"の裏手ににあたる田舎道を走れることです。途中車止めがあるところを通りますが、そこを左折、更に「急勾配」と書いている標識を右折するところ(たいした急勾配ではありません)がポイントです。らーめん千代田を目指すもよし、適当にお楽しみください(笑)。

このルートは、"かたくり山"のカタクリを見に行こうとしたとき、農免道路を引き返すのがシャクだったので見つけました(笑)。当初は「広い道」へのアプローチに別の道を使っていたのですが、車の通りの少ないところを探していたら短い距離ですが、車一台通るのがやっとみたいなクネクネした田舎道があったので気に入りました。

さて、ルート確認が済んだところで大津川沿いの農道を北上して手賀沼に向かいました。田圃の稲はすっかり頭を下げて秋の様相をみせています。それと、農道沿いにある増尾城址公園の横の公園に立ち寄りました。雰囲気がいいわ、湧水はあるわでいい公園なんですが、未だに名前を知りません(笑)。どなかたご存知でしょうか?(増尾城址公園の一部なのかな?)そして手賀沼にも秋を知らせる変化がありました。水位が下がり、ひどり橋のところや染井入落の浅瀬が姿を現しました。実際今日は8月とは思えないぐらい涼しい一日でしたが、秋は確実に近づいています。(って書いた所でどうせ残暑がぶりかえすのでしょうが(笑)。)
CIMG3457.JPGCIMG3460.JPGCIMG3479.JPG

いままで写真2枚を並べていたのですが、このブログのデザインの仕様だと横に3枚並べられることが分かりました。で、並べてみました(笑)。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:増尾城址公園の横の、いまだに名前が分からない公園]
8573.jpg

posted by IKAWA at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

IKAWA流「名都借ルート」を更に延伸。大堀川と手賀沼に向かうルートを探してみました。

今日は天気が悪そうです。というか、今週の残り、イコール夏休みの後半、天気が悪そうです(涙)。

さてどうしようかと考えていたら、東葛人さんからブログのコメントでお題を頂戴しました。以前紹介した「名都借ルート」の代替えルートは「いかがですか?」とのこと。が、篠籠田緑地公園から「名都借ルート」の接続がさっぱりわかりません(爆)。

ということで、
ポイント1:東武野田線の踏切を渡ること。
ポイント2:県道278号線を安全に渡れること。
この2点をキーワードとして地図を見ていると、このルートを使えば繋がるかな?と見当がつきました。更に、もうひとつ大堀川まで繋がるルートも見えてきました。

雨が降ったらさっさと帰ってこられる距離です。お題の答えを探しにMTBで行ってきました。

------------------------
1. ルート代替え ー 6号を渡らない(その1)
東葛高校の裏を通り、篠籠田緑地公園から大堀川に向かうルートです。
# 東葛人さんの「代替えルート」ってこれですか?

1.0 起点はここです。

1.1 エバーグリーン柏で右折せず、そのまま直進し、東武野田線の踏切を渡ります。渡ってすぐのY字路を左折します。
1-1.JPG

1.2 左手に駐車場があるので、駐車場に沿って左折します。
1-2.JPG

1.3 正面に茶色いマンションが見え、その手前に小さな飲み屋さんの裏口がいくつも続く2階建てのアパート(?)がありますので、ここを裏口に沿って右折します。(飲み屋さんの正面に道は交通量多し!)
1-3.JPG

1.4 交通量が非常に多い県道278号線にぶつかります。ここの正面に見えるガソリンスタンドの横、写真でいうと緑色の車が見える道に進みます。この交差点は正確な十字路ではなくて、ちょっとズレた十字路です。そのため横断が非常に面倒ですので、横断歩道と信号に従って渡ることをお勧めします。
※ 反対方向から来る場合は横断歩道はシンプルです。
1-4.JPG

ここまで、地図で復習してみましょう。(Y字路からはZを線対称にして90度左回転したようなルートです。)

1.5 その道は東葛高校の西側に沿って走り、軽く下り坂、そして上り坂になります。坂を上りきったところに柏中学があります。そして、柏中学前の交差点に当たります。ここを更に直進します。
1-5.JPG

1.6 直進するとすぐに左手に柏西口第一公園があります。ここに蒸気機関車があるので、自転車を停めて見てみるのもいいでしょう(笑)。道は軽く左にカーブします。すると正面に信号が見えてきます。
※ この信号のあるところははおかしいです。この向きに信号があるのに、反対方向から来ると信号がありません。(一方通行で右折禁止の道から車を合流させるからでしょう。)なのに、歩行者用の信号が青だったりすます。つまり、反対方向から来ると信号がないのでとまらずに行けると思うのが普通ですが、歩行者用信号が青の場合は歩行者が横断している可能性があります。反対方向から来る場合はご注意ください。(昔この近所に住んでいて、この交差点で信号が青だからと横断歩道を渡ろうとしたら自動車が向かってきて怖い思いをしたことがあります(苦笑)。)
1-6.JPG

1.7 道なりに右にカーブすると正面に篠籠田緑地公園の木々が見えます。交差点を直進。
1-7.JPG

1.8 T字路に突き当たったら右折。(1.5項からこのT字路まで道なりです。)次の信号を左折で大堀川に着きます。
※ ちなみに、このT字路を左折すると「豊四季ルート」に接続することができます。
1-8.JPG

ここまで地図で復習してみましょう。一番下に柏中学の交差点があります。大堀川は見えないので、すこし地図をスクロールして下さい。

IKAWA所感:実は篠籠田緑地公園から大堀川への道のりは、16号の抜け道の更に抜け道になっており、夕方になると車の通りが多いことがあります。そこが難点といえば難点かな?(昔近くに住んでいたので知っている。)


------------------------
2. ルート代替え ー 6号を渡らない(その2)
気象大学校の脇から大堀川の高田橋に向かうルートです。起点さえ押さえればずっと道なりです。

2.0 起点はここです。

2.1 写真のように床屋さんとその先にある進入禁止の標識が目印になります。標識が立っているところのすぐ横にヘッドライトだけが見えている車がいるところ。ここが入り口ですので、そこを左折します。(一方通行なので、正面から車が来る可能性あり。)
2-1.JPG

2.2 気象大学校の東側にある交差点があります。ここを直進して、東武野田線の踏切を渡って下さい。ちなみに、押しボタン式の信号です。車の流れが切れないようであれば、遠慮なく押しましょう。
2-2.JPG

2.3 問題の県道278号線にぶつかります。ここには信号がありますので、それに従って渡って直進します。
※ 反対方向から来る時ですが、左斜め前を見ると狭い道があります。ここ入って右に曲がれば、気象大学校の東側の道にぶつかります。(写真は「狭い道」から交差点を見ています。)
2-3.JPG

ここまで、地図で復習してみましょう。

2.4 向原の団地をの中を抜ける道が地図上ではY字に分かれています。実際に走ってみると左手の道は団地の中に向かう道(やや上り坂?)ですので、入る気にはなりません、ほとんど道なりと思っていいです。軽い下り坂を下りきって下さい。すると写真のような道になりますので、そのまま進みます。
2-4.JPG

2.5 正面に車の多い通りが見えてきました。この道は(その1)の1.5項で「柏中学の交差点」として突き当たった道です。ここを直進したいのですが、信号がありません。でも左側を見ると信号があります。これに従って渡ると安全です。そして豊四季台近隣センターに沿って左折。坂を下って直進です。
2-5-1.JPG2-5-2.JPG2-5-3.JPG

2.6 この道をしばらく道なりに走ります。だた、写真の道はまだ広めですが、この先もう少し狭くなります。車にはご注意ください。
# 実は、1.7項、篠籠田緑地公園の交差点を左折してウニャウニャ行くと、この道に合流できます。
2-6.JPG

2.7 道なりに走っていると2車線の道に当たります。この道は(その1)の1.8項で「T字路」のあった道です。ここを直進します。道は左にカーブ。更に右に曲がると朝日新聞販売所(ASA)のある高田橋に到着です。
2-7.JPG

ここまで、地図で復習してみましょう。2.5項の通りが下方に太めに表示されている道。分かりにくいかも知れませんが、西町市民植樹の森のすぐ東側の(「森」と言う文字がかぶっている)道を2.6項で紹介しています。下にスクロールすると大堀川が見えます。

IKAWA所感:初めて走りましたが、狭い道が多いかも??それに手賀沼から離れちゃってるし。でも、大堀川ルートを途中で切り上げてウチに帰ってくるには便利です!(←自己チュウ)

------------------------
3. エクステンション ー もっとダイレクトに手賀沼CRを目指すルート
実は、いつも使っている道との組み合わせです(爆)。

3.0 起点はここです。

3.1 6号を旭町5丁目の交差点で渡り、常磐線の下をくぐります。
3-1.JPG

3.2 ケーヨーD2の交差点を渡り、旧6号に沿って左折し、歩道を走ります。(安全のため仕方ありません。歩行者の皆さん、ゴメンなさーい!と心の中で謝りましょう。)
3-2.JPG

3.3 ケーヨーD2の駐車場入り口付近に来たら正面をよく見て下さい。(初めての場合は自転車を停めましょう。)黄色い「Kodak」の看板(文字は赤色)があります。ここに写真屋さんがありますので、この角を右折。(一番最初に右折出来る道、と覚えるのも可。)
※ 写真だとよく写っていないのですが、歩道の上にお子さんが見えます。この頭の上あたりに縦長の黄色い看板の下半分が写っています。これが「Kodak」の看板です。
3-3.JPG

3.4 100mもいかないうちに写真のような十字路があります。ここを左折。右側は(なぜか塀の上に瓦がある)駐車場で左側は....あれ?この前まで赤い壁のカレー屋さんだったのに、どうしたんだろう?ってことで十字路の雰囲気が変わるかもしれないです。
3-4.JPG

3.5 直進して、団地の中を抜けると、T字路に当たります。ここを右折します。
※ この道で注意が必要なのは、左の写真の奥にカーブミラーが見えます。団地の手前になりますが、ここ、狭いですが十字路です。この方向から向かうと見通しが悪いので、カーブミラーや目視で安全を確認してください。
3-5-1.JPG3-5-2.JPG

3.6 すぐに信号が見えますので、ここを左折。郵便局通りです。
※ 郵便局通りで一番混み合うのが右の写真の場所です。"幻の野馬土手"通り(レイソルサッカー場に続く道)を過ぎたところです。業者さん(?)の路上駐車が多いです。でも、信号が手前にあり、自動車もスピードを出していないので危険はないと思います。
3-6-1.JPG3-6-2.JPG

ここまで、地図で復習してみましょう。ポイントは、ケーヨーD2を右に見ながら、一番最初に右折できるところで右折することです。

3.7 あとは道なりに直進。写真は長全寺の交差点です。ここを直進します。
※ ここを右折し、坂を下り、上りきると広い通りにぶつかります。東台本町の交差点ですので、左折し直進して16号を渡ると柏ふるさと大橋から手賀沼CRに入ることができます。
※ 郵便局通りを逆方向からくるときは、16号を渡ってすぐのここの交差点に気をつけてください。建物の影から急に車が顔をだすことがありますし、郵便局通りから右折して入ろうとする車もいます。狭いくせに一方通行じゃないので、16号の信号(BOOK-OFFのことろ)が赤のときに双方向で抜け道に使われているようです。それと、すぐその先のローソンのところも小さいですが、十字路になっています。信号を守ってください。
3-7.JPG

3.8 16号にぶつかってしまいました。正面に道がありません。でも、Shimachuの非常階段にかかっている看板の下に車がとまっているでしょう?ここに道があるんです。信号を渡って、BOOK-OFFの駐車場を斜めに渡ればこの道に簡単に入ることができます。
# ちなみに、この道にパンク大魔王に降臨された、道路を横切る溝(のフタ)があります。お気をつけ下さい(爆)。
3-8.JPG

3.9 この道は柏公園入り口に繋がります(写真左)。この交差点を右方向の道を行き坂を下ると柏市民文化会館(写真右)の交差点になります。ここを直進するとふるさと公園から手賀沼CRに入ることができます。
3-9-1.JPG3-9-2.JPG

ここまで、地図で復習してみましょう。

でも、どうせだったら手賀沼CRの西端を目指したいじゃないですか。じゃ、行ってみましょう!
# 実は僕は、柏公園入り口のところを渡って直進します。が、余りにも地元民の道過ぎで一般的ではありません(笑)。なので、分かりやすい手賀沼CRに続く道をいくつかご紹介します。

3.A 柏市民文化会館を左折して、約90度左にカーブします。
※ カーブの途中、柏市民文化会館の敷地が終わるところに駐車場に挟まれた道があります(写真参照)。ここを曲がっても手賀沼CRに入ることはできます。しかし、カーブで見通しが悪いので絶対避けた方がいいです。代替えルートは3.B項でご紹介します。
3-A.JPG

3.B 慈恵医大病院の交差点を右折します。すぐにローソンがありますので、この駐車場を突っ切って(つまり右折ってことですので、無理に突っ切ることはありませんが)、バス停を先にある横断歩道を渡ると手賀沼CRです。
※ このバス停脇になぜか無意味に広いです。ここに手賀沼に関する昔話を書いたプレートがありますので、時間があったらお読みになっては如何でしょう。
3-B-1.JPG3-B-2.JPG

3.C 3.B項でローソンの駐車場を突っ切らなくても、正面を見ると「通り抜けできません」って看板が立っています。こういうときって、車は通り抜けできなくても自転車は通り抜けできるものなんですよね(笑)。行きつく先は、手賀沼CR西端の10mほど西です。
3-C-1.JPG3-C-2.JPG

3.D さてさて、慈恵医大病院の交差点を曲がらず、更に直進します。実はこれが僕の定番ルートに繋がります。道なりに行って、写真のように正面に右曲がる道が見えても木々に向かって突っ込むと、(ちょっと道は悪いかも知れませんが)常磐線に沿った道になります。
# パンク大魔王に降臨されたときに、ここで気づきました(爆)。
3-D-1.JPG

で、常磐線の下をくぐる道を左手に見ながら直進、大堀川横の公園に沿って走ると、手賀沼CRの西端です。
3-D-2.JPG

では、AからDまで地図で復習してみましょう。

IKAWA所感:やっぱり、3.2項の"掟破り"の「右側走行」「歩道走行」が痛い!痛すぎるほど痛い!!良い子は真似できないですよ(苦笑)。


------------------------

うーん、ALPUS routeを使った方が分かりやすかったかなぁ?

見たことはあっても作ったことないし.....ま、いっか(苦笑)。


posted by IKAWA at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

IKAWA流「名都借ルート」[柏市街→流山市富士見橋]

僕の住んでいるところは柏駅東口方面です。江戸川CRデビューするのにどのルートを使って行けばいいのか、地図を眺めていました。すると東葛高校から平和台に延びる道があるではありませんか。これなら家からのアクセスもよく、最短距離で江戸川CRにたどり着けそうです。で、江戸川CRデビューするときに実際に走ってみました。ところが、東葛高校から流山東高校の裏にある富士見橋までの道にがっかりしました。交通量の多い割に道幅は狭く、怖くなって歩道に避けたら歩道が急になくなったり....。富士見橋から先は「まったり」走れる道で、しかも教科書に載せてもいいぐらいの道なりで江戸川CRに乗れるので気に入りました。富士見橋に至るいい道はないものか。地図を拡大して見ていたら....ありました!

名付けて、IKAWA流「名都借ルート」[柏市街←→流山市富士見橋)]です。

富士見橋を起点に柏市街方面に向かうケースでご紹介させて頂きます。Googleマップをズリズリ動かしてご確認下さい。
# なお、僕が所有しているクロスバイクとMTBが基準ですので、ロードバイクにとってのいい道かどうかは分かりません。また、もっといい道をご紹介頂けると嬉しいです。

---------

富士見橋を渡ったら右折です。
CIMG1243.JPG

ファミリーマートの駐車場に沿って左折して下さい。
# 常南通運中央配送センターの間の道です。
CIMG1244.JPG

突き当たったら右折。すぐにまた右折する道があります。ので、ここを曲がります
# 飛行機と新幹線のある小さな公園が目印です。
CIMG1245.JPG

すぐに十字路(自動車的にはT字路)になりますので左折です。しだれ桜で有名な「清流院」の案内板が目印です。この先に見える坂を上って下さい。そして、ゆるい左カーブを曲がりきって東に向かって道なりに進んで下さい。しばらく平坦な道が続きます。細かい道案内はここまでです。あとはほとんど道なりになります。さぁ、ズリズリしてください!
# この案内板の上に乗っているのは、もしかしてしだれ桜?(笑)
CIMG1246.JPG

ゆるい坂を下りきるとT路路に当たりますので、ここを左折です。
# 反対方向から来る場合は、坂道を下がりきって、雑木林をやりすごしたところで右折します。
CIMG1249.JPG

右手に雑木林がありますので、これに沿うように坂道を上って下さい。坂を上りきる、ちょっと手前に雑木林を横切る道がありますので、そこに向かって右折です。分かりますか?写真でいうと、ゴミ置き場とアパートの間です。
# 余談ですが、この雑木林はいい雰囲気です。いつか中を散策したいと思っています。
CIMG1251.JPG

雑木林を抜けて進んで行くとY路路がありますが、広い方の道を行きましょう。するとすぐT字路に当たりますので、左折です。Y字路を狭い方に行ってもいいのですが、民家の庭を走っているようで気が引けるから避けました(笑)。
# ここを右に曲がると南柏駅になります。僕が自転車を購入したショップに行く時に使う道です。
CIMG1256.JPG

すぐにこういう交差点があります。地図を見て頂けるとわかりますが、ここは卍を線対称にしたような変則交差点です。で、ここには用水路が、写真でいうと左右に流れています。用水路を越えて、すぐ用水路沿いに右折です。
CIMG1257.JPG

旧日光街道に突き当たると、斜め左を見て下さい。どこかの家の庭に入るんじゃないの?と思うかもしれませんが、写真でいうと自転車に乗った方がいるところに道がありますので、この道を入って下さい
# 旧日光街道は交通量がありますので、安全のためその先にある信号を渡って直進、突き当たったら右折するのがお勧めです。
CIMG1258.JPG

すぐにこのような十字路になりますので、写真の右手にある道を直進して下さい。しばらく、ずっと道なりです。イオン前から続く道に当たっても、正面に続く道がありますので、そこに入って下さい。ただし、住宅地を通りますし、車が来ると狭くなりますので、ご注意下さい。
# この写真の左側にアパートがあるのですが、反対方向から来る場合、旧日光街道に向かう道がそのアパートの駐車場に見えますが、道がありますのでそこに入って下さい。
CIMG1260.JPG

「セレモ」の看板が正面に見えたら(写真では電柱の影ですが)、スピードを落として下さい。このピンクの日差しが目印です。そこにあるエバーグリーン柏というマンション沿い(写真に映っているのは低層部分で、さらに右を見ると高層部分が見えます)に、右折です。
CIMG1261.JPG

国道6号の旭町5丁目の交差点です。ここを渡って常磐線をくぐるとケーヨーD2のある交差点(旧水戸街道)になります。
CIMG1262.JPG

ケーヨーD2を左に見ながら直進する道は個人的には好きではありません。かといって、旧水戸街道を柏駅方面に進むと道は狭いし人は多いしで自転車向きではありません。愛用している旧水戸街道から(柏)郵便局通りへの抜け道もあるのですが、あまりにもショボイので割愛です。

---------

いかがでしょうか、ほぼ道なりで分かりやすいと思うのですが....。こんな道なんて誰でも知ってるよ、or、こんな道なんて全然ダメだよ、or、その道は素人が一番最初に喜んで使いたがる道で玄人は使わないんだよ、ってな声が聞こえてきそうです....。
# 被害妄想です(苦笑)

自転車に乗りはじめて半年強のIKAWA、初めてのルート紹介。んも〜ドキドキです(汗)

## このエントリーは、説明不足だと思ったら適時更新していきます。
posted by IKAWA at 02:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。