2009年07月25日

今週の症状 その5、そして追体験(笑)

さて、今週の症状の記録、ついに5回目を迎えました(笑)。

先ずは頚椎症性神経根症から。痛みは全くと言っても良いほどになくなりました。が、親指と人差し指に痺れの症状がでてきました。とは言っても、そういえば指に痺れがあったよな、と思い出すと気づく程度のもので、普段の生活に支障はありません。昨年経験した際の最後の頃に似ています。

お医者さん(整形外科ね)によると、近いうちにもう一度レントゲンを撮るとのことなので、その辺りで通院を終了となるか、痺れが残っているようであれば続けるか、ってところでしょう。

そして"新たな病魔"の結膜炎(笑)。水曜日辺りから目やにも出なくなり、症状が軽くなりました

お医者さん(眼科ね)によると、早くに軽くなったので雑菌によるものだった可能性が高いが、症状の期間が短いウイルス性の可能性も捨てきれないので、もうしばらく点眼を続けてみて下さい、とのこと。

いずれにせよ、随分と良くなったのが嬉しいです。ってことで、病院巡りに続いてリハビリポタでもやっちゃおぉかな〜、と気合いを入れかけたのですが、結構風が強く吹いています。これじゃぁ、リハビリじゃなくて、拷問ポタになっちゃうな、とすっかり意気消沈。まぁ、もう少しゆっくりしろってことでしょう、と自宅で過ごすことにしました。


そんなわけで、ヒマヒマ(苦笑)。まだ先々週・先週の Simon & Garfunkel のコンサートに行った余韻が残っていることもあり、ネットでS&Gの動画を見まくっていました。

そうしたら、やっぱりありやがった。今回のツアーで訪れたオーストラリアはメルボルンでのライブの模様です。

日本ではコンサートの撮影は禁止されていますが、僕の経験した限りでは台湾では全然OKでした。実際、阿嶽のライブに行ったときも写真をガンガン撮りまくりました(爆)。オーストラリアではどうだか知りませんが、きっと大丈夫なんでしょうね(ということにしておこう)。

これを撮影された方、せっかく目の前に本人がいるのに、なぜかスクリーンに映し出された映像を追いかけています。より大きく写したい!という気持ちは分からないでもないですけどね(笑)。なんどか引いた画面が出てくるのですが、二回目のときの僕の席が丁度これぐらいのアングルでした。

まさに追体験!

♪ Mrs. Robinson - Not Fade Away live at Melbourne, June 26, 2009



涙ちょちょ切れるぐらい、カッコイイ!!っつーか、シブイ!!

そういえば、シドニーで行われたコンサートのほとんどフルセットに近い動画がアップされていました。そのうち、セットリスト順に並べてアップしてみよう〜っと(笑)。(←いつまで余韻に浸っているんだ!!)


ところで、頚椎症と結膜炎が治ったら、”病院巡りついで"にずっと放置していた気になるところもこの機会に診てもらおうと思ってます。ちなみに皮膚科(半年放置)と耳鼻科(10年放置)です。全然たいしたことないんですが、基本的になんかおかしいなぁと感じていても病院に行かないで自力で治しちゃいます(ってか自然治癒頼みです)んで、”病院巡りついで"という名目がないといつまで経ってもいかないと思います。実際、昨年頚椎症の症状がでたときに、10さんにそういうときは整形外科と教えて頂くまで何科に行けばよいのか分からなかったぐらいです。整形外科は骨折した人だけが行くところだと思ってました(爆)。

そろそろ行きつけの病院ぐらいつくっとかないと、さらに歳をとったら困ったことになりそうですから、まぁ、ある意味絶好のチャンスですね(苦笑)。


posted by IKAWA at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

今週の症状 その4 − 新たな病魔(笑)ー

週末恒例、頚椎症の記録です(笑)。

一ヶ月前とは雲泥の差と言っても良いぐらいに快調です。多少の違和感は残っているものの、痺れも出てこないし(あれっ?)、この調子だとこの三連休はリハビリポタぐらいはできるでしょう、と思って.....いました。

しかし、新たなる病魔が僕を襲ってきたのです。

その病魔とは、

....結膜炎(爆)。

木曜日の朝、歯を磨こうと洗面台の鏡を見て驚きました。目が真っ赤なんです。しかも、両目とも、です。寝起きのときって目が充血しているものなので、いつものそれかと思ったのですが、普段より赤いです。前日の水曜日の夜、遅れながらも(この悔しさ、一生忘れねぇ(泣))S&Gのコンサートに行ったので、興奮して眠りが浅かったのかと余り気にしませんでした。

ところが、職場に行っても状態変わらず。目やにも出てくるし、なんだか目もショボショボしてきて涙目に。これはいかんなぁーということで、職場近くの薬屋に行って目薬を買ってきて目薬を差したり、顔洗いついでに目を洗ったりしました。が、金曜日になっても一向に良くなりません。むしろ悪化。

そんなわけで、今日は午前は整形外科、午後は眼科と、病院のハシゴです(苦笑)。

感染力のあるウイルス性結膜炎、いわゆる「はやり目」の疑いもあるとのことで、待合室では一般の患者と席を遠ざけられるは、トイレに行こうとすると「もうしばらく待ってして下さい」と言われるはと、軽い隔離状態。

病院に行くほどの結膜炎って、小学生のときにあったかな?程度の経験しかないので、ほとんど知識がありません。それでお医者さんから「ただの結膜炎かもしれませんが、ウイルス性の疑いも捨てられないので、パンフレットを渡しておくので読んでおいて下さい」と渡されたパンフレットを読んでみようかと取り出してみると、

CIMG8102.JPG

夢にでてきそうです(笑)。

これを書いているいまも目は涙目です(涙)。目やにが出てます(泣)。見えにくいです(大泣)。

頚椎症に続いて、結膜炎っすか。そういえば、今年は後厄でした。

厄除けの御札に、手を合わせてから寝ようっと。


posted by IKAWA at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

今週の症状 その3

日曜日ですので、正確には「先週の症状」になりますが、症状はこんな感じというのを記録しておきます。

発症から一ヶ月が過ぎました。

この前の土曜日は、このまま一週間もすれば全快じゃねぇ?ってぐらいに調子がよかったのですが、日曜日から首の裏側にダルイ感がでてきました。昨年、同じようなダルイ感を感じた一ヶ月後ぐらいから神経根症の症状が出始めたと記憶しています。

と、いうことは?......また来るのかもとビクビクしています(苦笑)。

今のところ、首の裏側のダルイ感はなくなりましたが、肩や腕の痛みがほんの少し強くなったような気がします。とはいえ、日常生活に支障がでる程ではありませんので、端から見られる分には、全く普通に見えると思います。

まぁ、症状の改善は、直線的に良くなるものではなく、一進一退しながら良くなっていくものだと思うので、こんなものなのでしょうね。

そういえば、土曜日と今日の日曜日は肩関節がムズムズと痛かったです。S&Gのコンサートでのスタンディング・オベーションが響いているものと思われます(爆)。


posted by IKAWA at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

今週の症状 その2

代わり映えのしないタイトルで申し訳ございません(苦笑)。

ところが症状的には大きく代わり映えしておりまして(この日本語、正しいか?)、右肘の辺りに痛いと言うよりも違和感はありますが、日常生活への影響はほとんど無いと言っても良いぐらいに改善しています(狂喜乱舞)。

しかし、油断して頭を後ろに倒すような格好をしばらく続けていると、肩の辺りがジワジワと痛くなるという症状が残っています。頚椎の背中側から神経が出ているので、それを圧迫するような体勢だからでしょう。これの症状が和らぐまでは、様子をみたいと考えています。何せ、自転車に乗ると頭を後ろに倒しますものね。

そういえば肩から指先に電気が走るような痺れが出てくる様子が今回は全くありません。このまま収束するのでしょうか。今日来るか、明日来るかと身構えていただけに、ちょっと拍子抜けです(笑)。



posted by IKAWA at 22:21| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

今週の症状

月曜日:
肩と腕の痛みで、午前4時半に目が覚める(泣)。ベッドで寝られるようになってからも、痛みで目覚める状況が続いている。もちろん、しばらく右腕を動かすことはできない、ってか、動かす気にもならない。ソファーに座ってボケーっとしている。

火曜日:
なんと!目覚まし時計で目が覚めた。何週間ぶりだろう(喜)。目覚まし時計の音がとても爽やか(笑)。でも、どうせ今日だけさ。やはり起き抜けは痛みが強い。

水曜日;
今日も目覚まし時計で目が覚めた。こりゃ、もしかしてホンモノか?(喜) でも外は雨。傘を差してカバンを持って歩くと痛みが増すんだよぉ〜。会社、行きたくないよぉ〜!それでも職場に向かう。僕は"社畜"か?(苦笑)

木曜日:
どうやらホンモノらしい。目覚まし時計で目が覚めた。相変わらず目覚め直後は右肩から腕にかけて痛みが酷く、動かすのが一苦労。午後、肩は楽になってきたのだが右肘に痛みを感じてきた。右肘を水で濡らしたタオルハンカチをまいてみた。とても気持ちがいい!

金曜日:
これまで散々悩まされてきた肩胛骨の背骨に近いところの痛みが、"違和感"に変わってきていることに気づいた。これで猫背で歩かなくてもいいぞ!その代わり、手首が痛くなってきた(泣)。初めて手首に湿布を貼る。

土曜日:
朝、痛いところチェック。肩関節、肘、手首、人差し指と中指の関節。節目が全て痛い(泣)。日によって微妙に痛み所が変わります。ところが歩いていると痛みを忘れることに気づいた。そんなわけで、駅周辺をぶらぶらした。

こんなでも2週間前と比べるとパラダイス(爆)。


posted by IKAWA at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

お見舞いのコメントありがとうございます。

先週日曜日のエントリーへの多くのお見舞いのコメントありがとうございました。

お礼を兼ねて皆様のブログにコメントせねばと考えてはいたのですが、なにせ痛みがあったもので身体への負担を少なくするため、こちらでコメントにレスをさせて頂くのを中心にさせて頂きました。
# 思うに、先週調子に乗って一杯書いちゃったのが負担になったのかもしれないな、と(苦笑)。

失礼おば、お許し下さい。
m(_"_)m

実は先週の土曜日にベッドで寝られたものの、日曜日・月曜日と眠れない日が続きました。しかし、お陰様でこの火曜日から、鎮痛剤の湿布を貼ることでようやくベッドで眠れるようになりました(喜)。とはいえ、鎮痛剤の効き目が切れると腕が痛くて目が覚めてしまうので(泣)、まだまだ本調子に戻るまでには時間か必要かと思います。

今日は比較的調子が良く、鎮痛剤の湿布を貼ることなく過ごすことができています。

このまま良くなれば良いのですが、昨年の経験からして次に来るのは痺れです(泣)。でも、痛みと痺れ、どっちが良い?と聞かれれば迷わず痺れです(笑)。

ということで、早く痺れになってくれぇ!(←開き直っている。)


posted by IKAWA at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

最"痛"の一週間(泣)

先週から痛み始めた肩と腕。頚椎が変形しているため、神経を圧迫している為に起こる症状だそうです。

この月曜日、どうも肘と肩関節の辺りに針で刺されるようなチクチクとした痛みがありました。職場に電話をして急遽休暇を頂いて終日家で安静に過ごしました。なにぶん、痛みの原因が原因であるだけに、一日や二日安静にして痛みがとれるものではないのですが、ちょっとはましになるかもと淡い期待を抱いていました。

火曜日。やっぱり同じような痛みがあります。二日続けて休んでも良くなるというわけでもないので、職場に向かいました。

ところが、これがマズかった。腕や肩が痛ければ、自宅に居れば体勢を変えることによって楽になることがあります。ところが通勤ラッシュに揉まれていてはそうもいきません。襲い来る腕の骨を鷲掴みにされるかのような激痛に、許されることなら車内で

う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜っ゛!!

と叫びたいところを歯を食いしばり耐え、脂汗ダラダラです(苦笑)。

職場でも痛くて全く仕事に集中できません。10分も同じ体勢でPCに向かっていると痛くて痛くて堪りません。そんなわけで仕事も進まず、帰社時刻になると早々に家路につきました。

その夜、肩胛骨の背骨に一番近い辺りが痛いとは感じていたのですが、とりあえず眠ろうとベッドに横になりました。ところが、

寝れないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

肩胛骨を直接ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛です。体勢をどう変えても痛みは和らぎません。

う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜っ゛!!

と叫ぶ代わりに枕を噛みしめるる僕(笑)。唯一楽になるのは立ち上がって顎を前に倒した状態です。でも、

立って寝れるわけないじゃんよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

フラミンゴじゃないんだから(笑)。結局その夜はソファーに座り、ウツラウツラするだけで夜を明かしました。

水曜日。職場に「痛みに耐えられません!今日は休みます!病院に行きます!」と連絡して、午前中に病院に向かいました。ところが、

休診日じゃんかよぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!!

すごすごと自宅に戻り、痛みと一人戦っておりました。これまで土曜日しか病院に行っていないので、平日の休みを確認していませんでした。いまにして思えば、別の病院を探しても良さそうなものですが、その時は痛みの余りもう探そうとする気力すら起きませんでした。

結局その夜も、「肩胛骨を直接ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛」のためベッドで寝ることはできず、前夜と同じく

寝れないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

ソファーでウツラウツラとすることで睡眠をわずかながら確保しました。

木曜日。捲土重来。病院でいつもの注射をしてもらい自宅へ。明日は別の検査もしてみるからと言われたので、職場に「明日も休みます....今週、全滅です....」と連絡を入れました。

二時間もするとウソのように肩胛骨部分の痛みは無くなりました。医学って凄い(笑)。コイツは楽だ、と喜びました。が、夜になってさぁ寝ようという段になり、薬の効き目が切れてきたのか、「肩胛骨を直接ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛」が襲ってきて、ベッドじゃ

寝れないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

ソファーに移動して、手際よくクッションを積み上げて休息スペース(笑)を作り上げました。三日目になれば身体が慣れてきたのか、気持ちに余裕すら生まれます(爆)。ただ、ウツラウツラと眠ったのにはかわりありません。

金曜日。病院に行って検査をして、これまでとは違う肩胛骨の下の方に注射をしました。(そこも痛かったのです。)肩胛骨上方の痛みはピークを過ぎたのか、その夜は痛むことはありませんでした。恐るおそるベッドに横になり眠りにつきます。

そして今日の土曜日。ベッドで目が覚めました(喜)。ベッドで眠りにつき、ベッドで目が覚める。当たり前のこんなことがなぜ嬉しいのでしょう(笑)。

でも、やはりまだ痛みはあります。単にひとつのヤマを越えたに過ぎないのかも知れません(泣)。


そんなこんなの、最悪の一週間でしたとさ(苦笑)。

# うーん、文字だらけだ。

posted by IKAWA at 19:50| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

手賀沼まで歩いてみました。

CIMG8054.JPG

このところ週末になると天気が崩れていましたが、それを全て帳消しにするかのような晴れ渡った一日でした。

しかし、僕はといえば頸椎症からくる肩から腕への痛みで、マンション自室から自転車を担いで降りることも出来ない状態(泣)。自室に引きこもるのも勿体ないので、手賀沼まで歩いて出かけました。とは行ってもふるさと公園で引き返してきましたが、多くの方が思い思いの休日を過ごされていました。

まぁ、しばらくこの痛みと付き合うしかないですねぇ〜(悟的境地)。

posted by IKAWA at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

今年も"あいつ"がやってきやがった。

今週の月曜日、目が覚めたら肩胛骨の辺りに痛みがありました。軽い寝違えかな、と大して気にもしていなかったのですが、水曜日にかなりの痛さになり腕にまで痛みが広がってきました。腕の痛みたるや、骨を鷲掴みされているような激痛です。

この痛み、覚えがあります。昨年も同じような痛みがありました。

持病の頸椎症性神経根症の症状です(涙)。首の骨である頸椎が神経を圧迫しているんですね。骨の形に原因があるので、ふとしたはずみで症状が出てくるのでしょう。

ってことで、今朝病院に行き、前回と同じく首に注射を打ってきました(泣)。

昨年の場合、痛みだしてからかなり経ってから整形外科にかかったのですが、今回は比較的早くにかかることができました。その分、早く痛みがひけば良いのですが。

CIMG8049.JPG

posted by IKAWA at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

今年の手賀沼花火大会は中止だそうです。

新聞記事 (毎日新聞)

大泣 もうやだ〜(悲しい顔)

所謂「100年に一度の大不況」。水戸黄門の印籠よろしくこの言葉を言われたら、へへーと何事も受け入れざるを得ない雰囲気が漂っているのですが、本当に「100年に一度」のレベルなのでしょうか。「100年に一度」の大事件であれば、1929年に起きた世界恐慌と同じように将来近代史で学ぶことになるはずです。100年後の教科書には、どう記述されるのでしょうか。その時代を生きてた人間として興味があります。

経済学にはとんと疎い僕ですが、なんだろう、この"言葉に踊らされている感"は。

単に僕が天邪鬼だからか?(苦笑)


posted by IKAWA at 22:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

生活家電を買い換えようかなぁ。

天気予報だと今日は曇りだったのですが、東京電力の「雨量・雷観測情報」を見てみると、千葉県内や埼玉方面でチラホラと雨が観測されている模様。これは雨が降るかも知れないと自宅待機。結局雨が降ることはありませんでした(苦笑)。明日は確実に雨のようですね。

で、今日は時間つぶしに、電化製品をネットで調べておりました。僕の自宅にある電化製品の幾つかは既に15年を経過しているものが多く、そろそろ買い換え時かと考えています。

冷蔵庫:約15年経過
電子レンジ:約15年経過
ステレオ:約20年経過(←あの山水電気製のシステムコンポ!)

やっぱ、そろそろ買い換え時だよねぇ〜。冷蔵庫を買い換えればエコポイント(なんか胡散臭い)ゲットだ!!

と言いながら、まだ動くからと買い換えずにいるであろう"Mottainai"精神の塊でございます(爆)。
(↑単に優柔不断なだけ。)



posted by IKAWA at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

2009年05月08日

「生誕80周年記念企画 手塚治虫展」に行ってきました。

この木曜日、金曜日と休暇を頂いていますので、怒涛の10連休を過ごしております。が、この数日天気に恵まれず、思うように外出できていません。

CIMG7910.JPG

今日も雨模様ですが、両国の江戸東京博物館で開催されている生誕80周年記念企画 手塚治虫展に行って参りました。開催される予定は把握していたのですが、すっかり忘れていた(苦笑)ところ、先日友達から「手塚治虫展をやっているよ」と言われてハタと思い出しました。
[注意] 館内は撮影禁止ですので、展示物の写真はありません。

CIMG7912.JPGCIMG7913.JPGこれまで何度か手塚先生の展示会に足を運んでいるのですが、原画の美しさは何度見ても芸術品です。アトムやブラック・ジャック、火の鳥はもちろんのこと、あのマンガやこのマンガ、全てが素晴らしい。先生が着用されていたジャケットやベレー帽、仕事机なんかまで展示されていて、ファンにとっては涙ものです。

それとマンガではないのですが、手塚先生が中学生の頃に描いたという昆虫図鑑、絶品です!こちらのサイト(日経BPnet)を下にスクロールして丁度真ん中あたりにあるのがそうですが、この昆虫、絵なんです。写真かプロの絵描きが描いたのではないかと見紛うかのようですが、紛れもなく中学時代の手塚治虫先生の直筆なのです。(別の昆虫の絵では、思うような赤色がなかったので、自分の血を使って赤色を出した、だなんて逸話も残っています。)

自分は絵を勉強したことがないのでデッサン力がない、とコンプレックスを持っていたとも聞いたことがありますが、これを見れば子供の頃から並々ならぬ観察眼と描写力を持ち合わせていたことがよく分かります。天才は生まれながらにして天才なんですねぇ〜(感嘆)。

そういえば平日というのに、原画に近寄って見ることが難しいぐらいたくさんの方が展示会にいらしていました。年齢層も幅広く、僕より全然年上の方が「このマンガは○○なんだよね〜」と懐かしそうに話されていました。それに社会見学とおぼしき小学生が「アトムだ!」「レオだ!」と生まれるよりずっと前に世に出たキャラクターのことを知っていました。きっとお父さんやお母さんがファンで教えてあげたりしているんでしょうね。なんだか嬉しくなってしまいました。

CIMG7916.JPG

ところで、展示会場で「陽だまりの樹」の文庫本を全巻購入しました。恥ずかしながら、この作品を僕は連載中に飛ばし飛ばしにしか読んだことがなかったのです。単行本を本屋で見かけて買おうとしても、一巻だけ抜けていたりして購入しないでいたのです。さすがこういった展示会では全巻揃って売っていましたので、即"大人買い"です(笑)。

ただ、僕は一度読み始めると読み切るまで止まらないので、まだ封は切らずにいます。いつ読もうかな?今度雨に降られた週末だろうか。

ワクワク p(^o^)q
↑手塚先生のマンガを手にする度、この感覚は30年間変わらずです。

「手塚治虫展」は6月21日まで開催されています。時間があるようでしたら、お子様連れで足を運んでみてください。



posted by IKAWA at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

風邪が長引いています。

ってか、ぶり返しました(泣)。

先週の初めは風邪のせいで、喉が痛いは、咳き込むは、熱っぽいはでどーにも調子が悪かったので、一日だけ仕事の方は休暇を頂きました。お陰で鼻が詰まっている以外は調子が戻ってきていたのです。

が、金曜日に突然気温が下がり「これはマズイなぁ」と思っていたら、案の定昨日の土曜日は発熱(微熱)で寝込んでしまいました(涙)。冷たい雨が終日降り続いていいて、どこにも行けないので、まぁ、いいか、と。そういえば、余りにも寒いと感じたもので、4月も後半というのにエアコンで暖房しておりました(苦笑)。

それで、今日の日曜日は天気が持ち直してきたのですが、どうもまだ体調がイマイチなので昨日に続いて休養日と致しました。GWに焦点を合わせて、体調を整えたいと思います。

それにしても、昔からなのですが、気温の乱高下には本当に弱い。すぐに風邪をひいてしまいます。天気予報なんかである程度対応をしているのですが、まったく効果無しですね。

それにしても、

僕って、繊細、かつ、か弱いです。

あ、怒らないで下さいちっ(怒った顔)
ものを投げないで下さい爆弾どんっ(衝撃)
殴らないで下さいむかっ(怒り)パンチ

病人にはもっと優しく
あせあせ(飛び散る汗)


posted by IKAWA at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

季節はずれの風邪をひいたみたいです。

喉がいたいやらと調子が悪かったので、汗をかかない程度に近場をMTBで走り、暖かい春の日差しのなか、こんなところや、あんなところでボケっとしていました(苦笑)。

CIMG7814.JPGCIMG7826.JPG

と、いうことで、今夜は寝ますです ... zzz。



posted by IKAWA at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

昨夜は職場の歓送迎会。飲んでのんで、案の定(苦笑)。

職場で歓送迎会がありました。場所は都内の職場近く。一次会はつつがなく終わり、二次会へ。

終わった記憶がありません(爆)。

山手線に乗った記憶がありません(爆爆)。

常磐線に乗った記憶がありません(爆爆爆)。

記憶があるのは、柏駅から自宅に向かってフラフラと歩いているところです。腕時計を見たのですが、午前二時を回ってました。「終電がとっくに終わっているこの時間に、なぜ自宅に向かって歩いているのか??」と訳が分かりませんでした(苦笑)。

もちろん、今日は二日酔いで、昼まで爆睡。調子が戻ってきたのは15時を回った頃でした。
orz


そんなわけで、自宅近くの柏公園に桜の開花状況の確認に、"徒歩"で向かいました。

CIMG7635.JPG

いま一歩ですね。この調子だと満開になるのは、来週中頃というところでしょうか。

来週、はらはらと舞い散る桜に期待、ですかね?



posted by IKAWA at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

今夜は飲み会です(苦笑)。

と、いうことで。

CIMG7504.JPG

飲む前に飲む!

飲んだ後も飲む!!

完璧ぃーーー (^o^)v なのか(汗)



posted by IKAWA at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

今日は本当にネタがありません(苦笑)。

目が覚めると[注:10:00AM]小雨がパラパラ。ずっと東京電力の「雨量・雷観測情報」や東京都下水道局の「東京アメッシュ」で様子を見続けて、「もう大丈夫だろう」とウチを出たのが3時半頃。ところが、手賀沼に出たら顔に雨粒がポツリ。こりゃヤバイと引き返しました。もちろん、一枚の写真も無し。

いまも路面は濡れているようですが、たいしたことないさと走り続けていたら、涙目だったでしょうね。

それにしても、木曜日か金曜日の天気予報では「日曜日はお出かけ日和でしょう」だなんて聴いた覚えがあるのですが、いったいこれはどういうこと?

最近の天気予報って、一日の天気の移り変わりは当たる確率が高いように思うのですが、週間天気予報が外れることが多いように思います。

そういえば、気象大学校が柏にあったのでした。頑張れ、気象庁日本気象協会ウェザーニュース


posted by IKAWA at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

あれから二十年。

あの日は、いまでも覚えています。

僕は学生で、完全に昼夜が逆転した堕落した生活を送っていました。昼が過ぎてからもたもたと起き、テレビをつけたら、番組の合間の5分ぐらいのフラッシュニュースが始まりました。

アナウンサーが、

「マンガ家の.....」

そのひと言を聞いた瞬間、全てを悟り、頭の中がまっしろになりました。だけど、「いや!そんなことはありえない!絶対にあり得ない!」と否定しようとする僕がいました。

僕は、連載されていた作品から異変を感じていたのです。愛読していた朝日ジャーナルで連載されていた「ネオ・ファウスト」が二度目の休載。休載直前の作品では、人物の線に微妙な震えがあったのです。「いったい、何があったのだろう」僕は一抹の不安を感じていました。

アナウンサーは、続けます。

「....手塚治虫さんが、亡くなりました。」

身体の力が抜けました。体温があがるのがわかりました。

そして、涙が溢れてきました。

それから三日間、ショックの余り寝込み、涙が止めどなく流れました。

手塚治虫先生。1989年2月9日没。


あれから20年。希有の天才である先生の作品、そのなかで表現される世界観を、リアルタイムで体験できたことを「幸せだ」と言い切れます。

果てしなく、どこまでも果てしない巨大な存在で、いまでもあり続けています。





posted by IKAWA at 10:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

昨日は休暇を頂いて厄除けに行ってきました。

今日は体調がすぐれず、走ることができませんでしたので、休養日として日がな一日ボケッとしておりました。おかげで大分持ち直しました。

で、昨日の話です。昨日は休暇を頂き、佐野厄除け大師様に後厄の厄除けに行ってきました。電車でね(爆)。

CIMG7270.JPG

この辺りで厄除けといえば西新井大師の方が近いのですが、昨年本厄であることに気づき、思いついたのが佐野厄除け大師でした。そう、西新井大師の存在を知らなかったのですね(苦笑)。正確に言えば、名前は聞いたことがあったのですが、東京都の西部だと勝手に思いこんでいたのです。

そんなわけで昨年厄除けの御札を頂いて参りましたので、今年も仕方なく....いやいや、そんなことはございませんが(汗)、佐野厄除け大師までわざわざ....いやいや、そんなこと言っちゃバチが当たります(汗)、いそいそと出かけた次第です(大汗)。

そんな佐野厄除け大師で見つけた、このお言葉。

CIMG7269.JPG

うーん、世知がない今の世の中に必要なことですね。とてもありがたいお言葉です。

厄除けの後しばらく佐野市を散策しました。ところが、空っ風が強く、寒いさむい。それが今日の体調がすぐれなかった原因かも知れません。

それじゃぁ厄除けの意味が無いような気がしますが、ものは考えよう。本当は熱を出してウンウン唸るような状態になるところが、ちょっと体調が悪いかな?程度で済んだに違いありません。

御大師様、ありがたや、ありがたや。
(ー人ー)

posted by IKAWA at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。