2007年10月27日

「ハケの道」− 手賀沼北岸の斜面林の麓を走る道

僕は手賀沼を一周するとき、南岸はもちろん手賀沼CRを使います。北岸は我孫子市の遊歩道を使い手賀沼親水公園まで、歩行者を驚かすことのないようにゆっくりと進みます。ここから柏方面に向かうのには遊歩道から外れ、ふれあいラインも使わず、別のルートを使うことが多いです。なぜならとても魅力にあふれた道路だからです。

ではご紹介します。その道の名は、「ハケの道」です。



なんのことはない、このブログに何度となく登場している「船戸の森の麓を走る道」のことですが、「ハケの道」という名前は僕がつけた名前ではありません。確か我孫子市役所の広報か何かをネットで見たときにその名前を目にし「なんと趣のある名前じゃないか!」と感激した次第です。それで今般、ご紹介するにあたりその"ネタもと"を探したところ見つけることができました。「(仮称)手賀沼文化拠点整備計画(案)についてのパブリックコメント」の「W文化拠点をつなぐ」(PDF文書です)がそれです。この文書の6ページ目からハケの道の説明になっています。

ところで「ハケ」って何でしょう?その意味がこの文書に書かれています。
関東から東北にかけて台地斜面下の地下水がしみだすあたりを「捌(は)け」と呼ぶ。

こう言えば分かりやすいと思います。ハケとは「水はけがいい」とか「水はけが悪い」とか言葉の「捌け」のことです。実際、斜面林から水が染み出していたり湧水があったりします。

見逃せないのはこれに続く説明。
我孫子南側のハケの道は、古くは手賀沼の水際で、丘と沼、村と村を結ぶ生活道として機能していた。

そうなんです。「ハケの道」は干拓前の手賀沼沿いの道だったのです。これを知った瞬間、そんな昔から存在し続けているこの道がとても愛おしくなりました。更にこの道沿いには志賀直哉邸跡や旧村川別荘、旧武者小路実篤邸があるなど、文化の香りを楽しむこともできます。

簡単なので迷いようはありませんが、簡単にルートの説明をしておきます。ALPSrouteは親水公園から手賀沼CR西端方向に向かっていますので、それに従って説明します。

手賀沼親水公園の交差点を渡り、ほんの10mも行くとバイク屋さんがあります。この裏の狭い道が「ハケの道」の入り口です。いくつか交差点がありますが、この道をふれあいラインと着かず離れず走れば迷いません。そしてふれあいラインとぶつかります。その場所は手賀沼公園の目の前です。ここまでの道程、志賀直哉邸なんかも見所なのですが、僕的にイチオシなのはなんと言っても「大正煎餅」の佇まいです(笑)。
CIMG1748.JPGCIMG1749.JPGCIMG1751.JPG

手賀沼公園前の交差点を渡ってふれあいライン沿いにしばらく行くと(歩道を使った方がいいです)、Y字路がありますのでここでふれあいラインから離れます。後はほとんど道なりです。一カ所、船戸の森の東端のところの三叉路は思わず直進したくなりますが、ここは左折してその先を90度道なりに曲がって下さい。
CIMG1755.JPGCIMG1756.JPGCIMG1757.JPG

CIMG4020.JPG更にしばらく走ると、白壁の立派なお宅が見えてきます。ここで一度自転車を止めてその風景を楽しみましょう。ここは「我孫子の景観を育てる会」によって1999年(第三回)の景観賞に輝いた場所です。神戸さんというお宅だそうですが、実はこの白壁の反対側の斜面林に湧水があるのです(写真は「育てる会」のところに出ています)。この湧水は神戸さんが道行く人のためにと柄杓を置いたり掃除をしたりと整備をして下さっています。僕の友人が実はこの船戸の森のすぐ近くに住んでいて先日確認したのですが、なんとこの湧水は飲めるのだそうです。(ただし、消毒していないので、子供には不向きかも知れません。)実際、僕も何度か飲んだことがあります。口の中一杯に土の香りが広がります。こんな楽しさを与えてくれるという、この心遣いがとても嬉しいです。どうか皆さんにも大切にして頂きたいと思います。

CIMG1760.JPGCIMG1761.JPG白壁の家を過ぎるて武者小路実篤邸の下を過ぎてしばらく走ると、県道7号線とぶつかります。ここで「ハケの道」は終了です。でも、もう少し先に行きましょう。県道7号線を15mほどふれあいライン方向に進むと、右手に道がありますので、ここを入ります。この道は根戸城趾の高台の麓を走る道です。「ハケの道」のエクステンションと言ってもいいでしょう。すぐに北柏の住宅街になりますので、適当に走って(←オイ!)ふれあいラインからふれあい大橋を渡るもよし、あるいはけやき通りに接続して手賀沼CRや利根運河、あるいは大堀川にいくもよしです。

「ハケの道」沿いにお住まいの皆さん、本当にこの道を愛していらっしゃる。走るとそう感じます。代表は神戸さんのお宅の裏にある湧水ですが、「この道を楽しんでいってください」という雰囲気を、そこかしこで感じることができるます。なので、とても「ハケの道」の魅力は一度で書ききれるものではありません。いずれにせよ拙ブログに何度となく登場するはずですので、その際にお伝えできればなと思います。

「ハケの道」は、MTBや小径車、ママチャリなんかで、ゆっくりノンビリと走って頂きたいと思います。ロードで駆け抜ける、あるいはふれあいラインの抜け道に利用するというのは....本当にもったいないと思います。

では、「ハケの道」をお楽しみ下さい。(^o^)/


posted by IKAWA at 23:05| Comment(12) | TrackBack(2) | 自転車ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IKAWAさん、こんばんは。
何と「ハケの道」はこの道でしたか!
それなら何度も走ったことがあります。でもそんな
趣のある名前がついているとは知りませんでした。
それに煎餅店、見落としてました。
映画のロケができそうな建物ですね。

ここの湧水は飲めるんですね!我孫子市は井戸水
の利用率が高いと聞いたことがありますが、自然度の高さの証とも言えますね。
Posted by kashiwan at 2007年10月28日 17:31
IKAWAさんこんばんは。
ハケの道はそういう意味だったのですね。
土地を探しているときに車で迷い込んで、狭くて運転が怖かったところです。

自転車でのんびり走るのには良い雰囲気のところですね。
1度自転車で走ったと思うのですが、わき水には気付きませんでした。
それに手賀沼公園の東側に繋がっていて、煎餅屋さんがあるなんて道の存在も含め全く知りませんでした。


我孫子市役所の東側はどこが干拓前の道だったのでしょうね?興味があります。
岡発戸の森から五本松公園の下に抜ける細い道はきっとそうでしょうね。ハケの道と同じ雰囲気を感じます。
Posted by spirit at 2007年10月28日 18:20
kashiwanさん、こんばんは。

やはりご存じでしたね。きっと皆知っているんだろうなぁと、これまで何もわざわざ紹介することないなと思っていたのですが、東葛人さんやそっくりもぐらさんからの評判が意外とよかったので記事としてアップしました。(雨だったし。)

大正煎餅のお店はALPSrouteの方向に走るとすぐ目に飛び込んできますが、逆方向からだと見落としがちです。この前も「ここで振り返って下さい!」と言ってご紹介しました(笑)。
Posted by IKAWA at 2007年10月28日 22:41
spiritさん、こんばんは。

狭い道というと、上から二段目の真ん中の写真の辺りでしょうか。あそこは車がくると一度自転車を止めて車に先に行ってもらうようにしています。

我孫子市役所の東側の「ハケの道」ですが、以前探しに行ったことがあります。実は寸断されています。
上のエントリーでご紹介した入り口の、船取線を挟んだ反対側
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E140.1.49.7N35.51.38.7&ZM=12
と、日立経営研究所の麓
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.2.24.4N35.51.32.3&ZM=12
が名残だと思います。「岡発戸の森から五本松公園の下に抜ける細い道」もその名残ではないかと考えていますが、天王台駅に向かう道路を開発したときか、ふれあいラインを整備したときに切り崩されたのではないかと想像しています。かつてはこのあたり
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E140.2.55.8N35.51.31.2&ZM=12
で沼方向に向かって曲がっていたのではないかと。なぜならこの先(西方向)は上り坂だからです。
Posted by IKAWA at 2007年10月28日 22:52
IKAWAさん おはようございます。
昨日、子供連れポタで「ハケの道」を走ってきました(^^)
途中から北柏の公園に抜けてしまってので全ルートではありませんが。

湧水も飲んできました♪
子供達も目を輝かせて飲んでましたよ
私は2回も(^^;貴重な情報ありがとうございます。

次は煎餅屋が気になるところです。
再び「ハケの道」を堪能しようと思います。
PS 船戸の森にも寄り道をしました
夏場、木陰で小休止するには良い感じです。
蚊がいなければ。。。ですが(汗)
Posted by さふらん at 2007年10月29日 07:43
IKAWAさん、こんばんは

特に手賀川からの遊歩道はヘルメット被った自転車野郎は大変気が引けます。
ぜひ一度チャレンジしてみたいと思います。

我孫子公園から北柏方面の道は、実はメイン道路がどうしようもなく込んだ時にカーナビ駆使して何度か迂回路に使わせて貰いました。車対抗できませんが・・・・

Posted by はんぞう at 2007年10月29日 20:49
さふらんさん、こんばんは。

おぉ!さっそく「ハケの道」に行かれましたか!昨夜「橋巡り」と「台風一過(一家?)」がアップされて、午後はどこに行ったのか楽しみにしていました。

湧水はお子様が目を輝かせて飲まれていたのですね。紹介した方としても嬉しいですが、管理をされている白壁のお宅の方にもお伝えしたいですね。全然存じ上げないのですが(笑)。
Posted by IKAWA at 2007年10月29日 21:33
はんぞうさん、こんばんは。

確かに手賀沼北岸の遊歩道はロードじゃキツイでしょうから、あまり見かけませんね。親水公園から是非走ってみて下さい。ただし、ゆっくり、のんびりとお願いします。

そういえば手賀沼公園から先のハケの道は一方通行じゃないですね。あんなに狭いのに(笑)。
Posted by IKAWA at 2007年10月29日 21:37
IKAWAさん、こんばんわ
先日ご案内いただいた、このハケの道、本当に素晴しかったです。
ハケの道の意味からすると、斜面林沿いの道はすべてハケの道ということになりますが、この道はまさに「ザ・ハケの道」ですね(笑)
おっしゃる通り、江戸、明治を偲べる道ですので、私もファンになりました。
Posted by 東葛人 at 2007年10月30日 23:33
東葛人さん、こんばんは。

まったくその通りで、東葛人さんのご自宅の近くの名都借の斜面林の麓の道(流山東高校に向かう道)なんかも水が染み出してますよね。あれもハケの道と呼んでいいのでしょうね。

我孫子のハケの道は江戸、明治を偲べる道であり、更に「大正」煎餅も楽しめます(笑)。
Posted by IKAWA at 2007年10月30日 23:54
IKAWAさん、まいどです。ひさびさにTBさせて頂きました。
...で。同じくこの「ハケの道」のエントリーでTBされていたspiritさんのブログを見てビックリ!キーワードは新松戸の高校です(笑)
あとでspiritさんのブログにもコメントしておきますが、ハケの道&まったりチャリンカーのご縁のおかげです^^
Posted by たすけ at 2007年11月19日 15:42
たすけさん、こんばんは。

TBありがとうございます。spiritさんのところのコメントを拝見しました。もしかして、先輩・後輩の関係でしょうか。まさか同級生だなんてことは!こうして人と人は繋がっていくのですね(笑)。

それにしても「ハケの道」、予想外の反響に驚いています。
Posted by IKAWA at 2007年11月20日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハケの道検証
Excerpt: 今日は人間ドックで休暇。 昨年は我孫子駅まで歩き、電車で柏まで行って、柏から歩いて厚生病院まで行っていた。 しかし、「自転車でいけるだろっ!?」。 去年の自分とは違う自分が居た。 PURE DROP..
Weblog: 自転車うろうろ日記
Tracked: 2007-10-30 18:09

手賀沼文学と紅葉と新蕎麦
Excerpt: 蕎麦を食した後は、沼沿いの道から離れ「ハケの道」を少し走りました。ハケの道とは『手賀沼北岸の斜面林の麓を走る道』で、本来ならこの道こそ手賀沼文学の道として相応しい道で、歴史オタク&文学オタク&ルートオ..
Weblog: こちらホワイトロック
Tracked: 2007-11-19 15:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。