2011年04月03日

柏駅周辺の被害状況

今日は映りが悪くなったCATVの調査&工事の第二弾があったため、走りに行けませんでした。その予定があったもので土曜日に走ろうかと考えていたのですが、いつものようにクリーニングを出しに行って、そのまま買い物をしていたら、品揃えがやっと揃ってきたこともあってついつい長居。帰宅したら午後4時になってしまいました(汗)。

CATVの方は無事工事も完了し、映りが元に戻りました。いや〜、良かった(安心)。

P4030002.JPGP4030001.JPG話は替わりますが、最近になってようやく浦安市や我孫子市布佐の地震による液状化の被害がTV等で報道されるようになりました。柏市では液状化による被害はありませんでしたが、先日写真を掲載した柏神社の鳥居が崩落するなどの被害が起きています。

など....たとえば、柏市役所近くの諏訪神社。左の写真を見ると一見なんの被害もないように見えるかも知れませんが、何か足りないと思いませんか?実は、ここも鳥居が崩落したのだそうです。既に鳥居は撤去されており、地面には鳥居を撤去した後らしい地面を掘り返し埋め直した跡が残っていました。

写真を見て気づいたのですが、敷石が割れていますね。鳥居が落下したときに割れたのかも知れません。

P4030004.JPGP4030005.JPGそして、柏駅近くの長全寺。ブロック塀が壊れて、中にあった鉄の棒が剥き出しになっています。門柱には「崩壊の恐れあり。近づかないで下さい。」との張り紙もあります。

そして、長全寺の本堂の屋根も瓦が落ちたのでしょう、ブルーシートが掛けられています。長全寺の周辺では、瓦屋根にブルーシートが掛けられた一般のお宅をよく見かけます。

震度5でこの状態なのですから、震度7だとどうなってしまうのか...。想像するに恐ろしい。


posted by IKAWA at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。