2011年03月21日

"乾電池難民"脱出?(喜)

「乾電池が手に入らない〜!」と柏市内に住む友人にメールでぼやいたところ、
「何が要るの?」
「単三電池」
「だったら使い古しだけど、まだ使えるのがあるからあげようか?」
「くれぇ〜!」
と話が進み、電池を手に入れることが出来ました(喜)。

持つべきものは友達ですね(安堵)。

それにしても、我孫子市布佐の被災状況には唖然とします。東北地方の被害ばかりクローズアップされていますが(仕方ないことですが)、すぐ近くにもこんな状態のところがあるとは...言葉がありません。都の交差点の辺りということですので、見慣れた場所がこんなになっているだなんて、悲しいという言葉だけでは表現できません。

地震の影響は、どこまで残るのでしょうか...。

おっと、また余震とみられる揺れが(怖)。



posted by IKAWA at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家内の友人(滋賀県)から救援物資が我が家に届きました。
複数の方から送付して貰ったので、今やにわかのラーメン・カレー・米・水・乾電池等々長者になってしまいました。
Posted by はんぞう at 2011年03月22日 12:41
はんぞうさん、こんばんは。

僕が子供の頃にオイルショックがあって、店頭からトイレットペーパーが一斉に無くなったとかいうニュースを「なんのこっちゃ?」と不思議に思いながら見ていたことを思い出しました。田舎だったもので、そういったパニックが波及してこなかったのですよ(笑)。

今回の買い占め・品薄騒動は、都会の群集心理が一因にあるのかなと分析しています。はんぞうさんが今回入手されたものは、いずれも日持ちするものですので、どうぞ大事にお使い下さい。
Posted by IKAWA at 2011年03月22日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。