2010年12月12日

流山市野々下の野馬土手が真っ平らに(涙)。そして、「疑惑の」土塁の確認ですっ!

CATVを観ていたら流山市野々下のとあるお店が紹介されていました。ちょっと気になったので、今日の行き先は野々下に決定。とりあえず場所の確認だけを考えていたので、中に入ることもなく、写真もありません。外から見るとなかなか良い雰囲気の店のようです。いつか食べに来てみよーっと。(値段がはるので難しいか(苦笑)。)

今日の相棒は、MTBです。

PC120001.JPGPC120002.JPGそんなわけで安直に決定した野々下行きです(笑)。目的のお店の場所だけ確認して周囲を散策してみました。「野々下の辺りは散策したことが無いな。ってか、以前野々下にある野馬土手を探しに走ったぐらいだ。」と思いながら走っていたら、見覚えのある道路に。随分前に適当に走っていたら出くわした道路です。そうか、あのとき走ったは野々下だったのか。どうも地名と経験が一致しません(苦笑)。

で、更に走っていると「この坂道、見覚えあり!」という場所に。野々下の野馬土手を見に行ったとき、帰りに下った坂道です。ということは、野々下の野馬土手は坂道の上。宅地造成が進んでいたけど、どうなったのかと確認に向かいました。

PC120004.JPGPC120005.JPG坂道を登り切ると真新しい住宅地。かつてはここは森があったようですが、すっかり住宅地に変わっていました。住宅地を抜けて豊四季駅方面に向かう道路の両端に野馬土手の姿が見て取れます(左の写真)。この右側の土手に続いてかなりの長さで野馬土手が続いていたのです。もっとも、僕が見に行ったときは宅地造成のまっただ中で野馬土手のあちこちで寸断されていました。ただ、その形を留めていたことから、もしかしたら寸断された状態である程度は残るのではないかと期待したのです。

が、ダメでした。右の写真のようにそのすっかり姿を消してしまいました(涙)。その様子からして、どうやら区画分けされて分譲住宅として販売されるようです。

そうえば、野馬土手って、跡地利用を予想していたかのように家を一軒建てるのに丁度良い奥行きなんですよね(爆)。だから、ここや、ここのように野馬土手の跡地に家が建っているですよね。

PC120008.JPG残念な気持ちでうろうろしていたら、柏市の旭町消防署の近くを通ったので、先日メタ男さんからコメントを頂いた野馬土手疑惑(?)の「細長い草地」を確認してみることに。

けど、野馬土手だか、ただの土塁だか分かりません(苦笑)。

ただ、この一角だけ細長い形で草地が残っているというのは不自然ですし、この場所から後ろに降り向くと「柏市文化財マップ」に野馬土手が現存するとされている場所(私有地ゆえ確認できず)に数十メートルでドンピシャ接続することができるのです。もしかしてもしかするのかも知れませんが、やっぱり分かりません(苦笑)。

あれ?別の地図でみるとこの草地は住所としては豊四季の飛び地なんですね!これもなんだか不自然です。

謎は深まるばかりなり。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:適当に走ってみた]
24007.jpg


追伸:

昨年「音楽」のカテゴリーでインドネシア音楽のクロンチョンの代表曲としてグサン・マルトハルトノ(Gesang Martohartono)氏作詞・作曲のブンガワン・ソロ(Bengawan Solo)をご紹介させて頂きました。グサン・マルトハルトノ氏は、残念ながら今年の5月20日にお亡くなりになっていました。享年92歳。遺された素晴らしい曲の数々はインドシアのみならず、世界で歌い継がれていくことでしょう。

心よりご冥福を申し上げます。


posted by IKAWA at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IKAWAさん、お早うございます。
長崎と野々下の間の土手も消えてしまったんですか…。土手を残すと税金減免とかあると良いんですが。高級感が出るとか。
「疑惑の土塁」、ネーミングセンスが光りますね。踏切の道用地とも土管の埋設地とも思えます。
Posted by メタ男 at 2010年12月18日 09:28
メタ男さん、こんばんは。

長崎の土手は今回未確認ですが、恐らく安泰だとうと思います。野々下の土手はわずかを残して姿を消していました。野馬土手を塀の代わりにするとかして残すとかだと(野馬土手つき一戸建て(笑))とても素敵だと思うのですが。僕の理想は上新宿の野馬土手なんですけど(笑)。

旭消防署横の「疑惑の土塁」情報ありがとうございました。見極めることはできませんが、やっぱりクサイですねぇ〜。
Posted by IKAWA at 2010年12月18日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。