2010年09月20日

大津川への楽々ルート(笑)を経由して沼南地区へ。谷津の舗装された農道を楽しみましたっ!

P9200009.JPGP9200011.JPG昨日、手賀沼・大津川から柏市街地へのの楽々帰還ルートを見つけてすっかりご機嫌です(笑)。そんなわけで、今日もそのルートを使って大津川に、そして大津川を越えて沼南地区を散策してきました。

ところで楽々帰還ルートですが、さほど需要があるとは思えないものの(苦笑)、ルートラボにでもアップしてご紹介したいのですが、アップできません。なぜなら、ルートラボでルートを表示するのに、マイクロソフトのSilverlightが必要なのですが、僕が使用しているPowerPC搭載Macには対応していないんですね(泣)。

今日の相棒は、MTBです。

P9200012.JPGP9200014.JPGで、沼南地区では近場でお気に入りの二松学舎大学の近辺をうろうろしてみました。宅地化が進みつつある沼南地区ですが、この辺りにはまだ台地上に相当の畑が残されています。新興住宅地と里山がせめぎ合って存在しているのが興味深いです。

二松学舎大学周辺で僕が一番気に入っているのが右の写真のポイントです。二松学舎大学の東側に谷津があるのですが、ほとんど手つかずの状態です。どこのド田舎なんだと錯覚しそうですが、後ろを振り向けば住宅地です。この落差が堪らない(笑)。

手賀沼周辺の谷津というからには手賀沼側に入り口があるはずと地図を眺めてみました。どうやら柏リハビリテーション病院のあるところが谷津の入り口のようですが、がっちり塞いでいるため散策は難しそうです。

さて、この辺りは以前にも何度も走っていて慣れた道です。ただ、交通量の激しい船取線を越えるのが億劫なもので、これまで船取線に当たると引き返してばかりでした。今日も以前引き返した場所に行き着いてしまったのですが、そこにある信号が押しボタン式であることに気づき、車の流れを想うがままにぶった切って(笑)船取線を越えました。

P9200028.JPGP9200018.JPG船取線を越え、直ぐに坂を下ると....げぇ!と驚く程広い低地が広がっていました。かなり手が加えられていますが、これも谷津ですね。しかも、そこには農道があるのですが舗装道が敷かれているものの、車が一台も走っていません。

位置的には、手賀沼の蓮の群生地の南方に広がる手賀の杜の住宅地の西側です。そういえば、航空写真を見たときに畑があるのは認識していましたが、随分前に撮ったものだろうから今は手賀の杜の一部なんだろうといままで大して気にしていなかったことに気づきました。それがそのまま今でも残っていたんですね。

それにしても、超走りやすいし、超快適です!船取線をひっきりなしに走る車の音は微かに聞こえますが、ここには人っ子一人いやしないまるで別世界です。しばらく快適な走りを堪能いたしました(喜)。

で、この谷津も手賀沼からの入り口があるはずです。地図で見ると、手賀沼病院の東側、道の駅しょうなんの西側です。実は、この谷津の入り口のところも、ここと同じく走りやすい舗装された人気のない農道がありまして、自転車に乗りはじめた頃の遊び場でした(笑)。そのときは船取線に(パチンコ屋のところで)当たって引き返していたのですが、まさかその奥に同じようなところがあったとは(驚)。

残念なのが、手賀沼からのアクセスがちょっと不便。船取線を越える良いところがないんですね。んーとぉ、パチンコ屋の駐車場をこっそり突っ切れば良いかもしれないけど。

それにしても、沼南地区は驚かせるのが得意ですね(爆)。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:今日見つけた谷津]
23603.jpg

え?今日の帰りのルートですか?

もちろん、楽々帰還ルートに決まっているじゃないですか(笑)。



posted by IKAWA at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163263044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。