2009年07月19日

Keroncong - 赤道直下インドネシアの清涼感

関東地方は梅雨も明け、蒸し暑い夏がやってきました。そんな夏には少しでも涼しげな音楽を聴いてみたくなります。

そこで、耳から涼しさを感じる音楽をご紹介します。インドネシアのクロンチョン(Keroncong)です。かつてインドネシアはオランダの植民地で、オランダの音楽とインドネシアの音楽が混ざり合って(campur:チャンプルー)生まれたそうです。音楽を聞いていただければ"チュクチャク、チュクチャク"という切れの良いマンドリンのような弦楽器のリズムが特徴的に聞こえてきます。これがクロンチョン・ギターの音色です。

インドネシアの音楽といえば、民族音楽のガムラン(Gamerang)やバリ島の、実は民族音楽でもなんでもない観光向けに作られた、ケチャッ(Kecak)を真っ先に思い出される方にも新鮮に響くのではないかと思います。

クロンチョンといえば、日本でも非常に有名な曲があります。

♪ Bengawan Solo(ブンガワン・ソロ)



ブンガワン・ソロは長い間インドネシア民謡、あるいは作詞作曲不詳として扱われてきました。第二次世界大戦中にインドネシアに出兵した日本兵の間で歌われ、戦後に松田トシが日本語詞をつけて歌ったことで、日本に広まりました。原曲の大意は「世の中は変わっていくけれど、ソロ川(Bengawang Solo)の流れはいつまでも変わらない」というもので、歌っていると雄大な気持ちになってきます。(歌詞カードを見ずとも歌えるぐらい覚えちゃってます(笑)。)

ところで、この動画を見つけたとき非常に驚きました。なぜなら、歌っているのは作詞・作曲をされたGesang Marutohartono(グサン・マルトハルトノ)さんご本人で、しかも出演までされています。ブンガワン・ソロは民謡ではなくて、この方が作られた歌なのです。

調べてみると、1917年のお生まれだそうですが、嬉しいことにご健在だそうです。

さて、クロンチョンは大衆音楽(ポピュラー・ミュージック)に分類されるのですが、どことなく民謡っぽい感じがすることは否めません。ところが、インドネシアの大衆音楽というのは面白いモノで「ポップXX」というジャンルをつくることで、現代風の大衆音楽になっちゃうんですね。もちろん、ポップ・クロンチョンというのもあるのです。

そんな、Pop Keroncong のなかでも僕が好きなのはこの曲です。全世界で共感されるラブソングだと思います。ヘティ・クス・エンダンは、インドネシアの歌姫です。どんな歌でも歌いこなしてしまう、日本で言えば美空ひばり級の歌唱力を持ったシンガーです。

♪ Kasih (Hetty Kues Endang)



クロンチョン、いいねぇ〜。世知辛い世の中ですが、明日も休日という夜には、インドネシアのゆったりした涼しげな音楽を聴いて癒されるのもいいんじゃないかなぁ〜。

ということで、次回は「蒸し暑い夜をもっと蒸し暑くするインドネシアの大衆音楽」をご紹介できればと思います(爆)。

# うーん、相変わらず目がショボショボして書きにくいなぁ....。

posted by IKAWA at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IKAWAさん、こんばんは。
最近の更新見て驚きました。大変でしたね。
お見舞い申し上げます。

さて、先週シンガポールで「ブンガワン・ソロ」という
名前のスイーツ店を見つけて、インドネシアっぽい
名前だな。と思うと同時にどこかで聞いた名前だな
と思ったのですが、やっと謎が解けました。
曲の名前、そしてソロ川のことだったのですね!!

しかし、この動画、いかにもインドネシアですね(笑)
IKAWAさんがおっしゃる通り、清涼感があって耳に
残る歌詞ですね。
Posted by kashiwan at 2009年07月20日 23:05
kashiwanさん、こんばんは。

お見舞いの言葉、ありがとうございます。お陰様で神経根症の症状はかなり和らぎました。と思ったら結膜炎です(苦笑)。が、こちらもラッキーなことに改善方向にあるようです。

なんだかとてもタイムリーな選曲だったようで嬉しいです。ご存じかも知れませんが、インドネシア語は極めて簡単で、
(1)基本ローマ字読みでOK
(2)”c”は”チ”
(3)単語二文字目の"e"は”エ”の口で”ウ”
(4)単語最後の”k”と”t”は撥音"ッ"(要は音を詰まらせる)
(5)”r”は巻き舌
さえ覚えておけば意味は分からずとも発音できますので、動画に合わせて歌って清涼感に浸って下さい(笑)
Posted by IKAWA at 2009年07月20日 23:41
IKAWAさんこんばんは。
曲聞かせていただいて癒されました。
来年勤続20周年で休暇がもらえるので、バリ島に行こうかと先週ガイドブックを買ってきたところです。
こんな曲を聞きながらのんびり過ごしたいなぁ。
Posted by spirit at 2009年07月21日 21:34
spiritさん、こんばんは。

勤続20周年の休暇ですか!これは羨ましい。夏休みか秋の5連休にくっつけてとるのが良いですね。って、いつぞや似たような休暇と年末年始休暇をくっつけて怒涛の20連休をとった僕が言うなって感じですが(苦笑)。

ほぉ、インドネシアに行かれる計画をお立てですか。これは「蒸し暑い夜をもっと蒸し暑くするインドネシアの大衆音楽」のアップを急がないと(笑)。
Posted by IKAWA at 2009年07月21日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。