2009年06月13日

最"痛"の一週間(泣)

先週から痛み始めた肩と腕。頚椎が変形しているため、神経を圧迫している為に起こる症状だそうです。

この月曜日、どうも肘と肩関節の辺りに針で刺されるようなチクチクとした痛みがありました。職場に電話をして急遽休暇を頂いて終日家で安静に過ごしました。なにぶん、痛みの原因が原因であるだけに、一日や二日安静にして痛みがとれるものではないのですが、ちょっとはましになるかもと淡い期待を抱いていました。

火曜日。やっぱり同じような痛みがあります。二日続けて休んでも良くなるというわけでもないので、職場に向かいました。

ところが、これがマズかった。腕や肩が痛ければ、自宅に居れば体勢を変えることによって楽になることがあります。ところが通勤ラッシュに揉まれていてはそうもいきません。襲い来る腕の骨を鷲掴みにされるかのような激痛に、許されることなら車内で

う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜っ゛!!

と叫びたいところを歯を食いしばり耐え、脂汗ダラダラです(苦笑)。

職場でも痛くて全く仕事に集中できません。10分も同じ体勢でPCに向かっていると痛くて痛くて堪りません。そんなわけで仕事も進まず、帰社時刻になると早々に家路につきました。

その夜、肩胛骨の背骨に一番近い辺りが痛いとは感じていたのですが、とりあえず眠ろうとベッドに横になりました。ところが、

寝れないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

肩胛骨を直接ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛です。体勢をどう変えても痛みは和らぎません。

う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜っ゛!!

と叫ぶ代わりに枕を噛みしめるる僕(笑)。唯一楽になるのは立ち上がって顎を前に倒した状態です。でも、

立って寝れるわけないじゃんよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

フラミンゴじゃないんだから(笑)。結局その夜はソファーに座り、ウツラウツラするだけで夜を明かしました。

水曜日。職場に「痛みに耐えられません!今日は休みます!病院に行きます!」と連絡して、午前中に病院に向かいました。ところが、

休診日じゃんかよぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!!

すごすごと自宅に戻り、痛みと一人戦っておりました。これまで土曜日しか病院に行っていないので、平日の休みを確認していませんでした。いまにして思えば、別の病院を探しても良さそうなものですが、その時は痛みの余りもう探そうとする気力すら起きませんでした。

結局その夜も、「肩胛骨を直接ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛」のためベッドで寝ることはできず、前夜と同じく

寝れないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

ソファーでウツラウツラとすることで睡眠をわずかながら確保しました。

木曜日。捲土重来。病院でいつもの注射をしてもらい自宅へ。明日は別の検査もしてみるからと言われたので、職場に「明日も休みます....今週、全滅です....」と連絡を入れました。

二時間もするとウソのように肩胛骨部分の痛みは無くなりました。医学って凄い(笑)。コイツは楽だ、と喜びました。が、夜になってさぁ寝ようという段になり、薬の効き目が切れてきたのか、「肩胛骨を直接ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛」が襲ってきて、ベッドじゃ

寝れないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!

ソファーに移動して、手際よくクッションを積み上げて休息スペース(笑)を作り上げました。三日目になれば身体が慣れてきたのか、気持ちに余裕すら生まれます(爆)。ただ、ウツラウツラと眠ったのにはかわりありません。

金曜日。病院に行って検査をして、これまでとは違う肩胛骨の下の方に注射をしました。(そこも痛かったのです。)肩胛骨上方の痛みはピークを過ぎたのか、その夜は痛むことはありませんでした。恐るおそるベッドに横になり眠りにつきます。

そして今日の土曜日。ベッドで目が覚めました(喜)。ベッドで眠りにつき、ベッドで目が覚める。当たり前のこんなことがなぜ嬉しいのでしょう(笑)。

でも、やはりまだ痛みはあります。単にひとつのヤマを越えたに過ぎないのかも知れません(泣)。


そんなこんなの、最悪の一週間でしたとさ(苦笑)。

# うーん、文字だらけだ。

posted by IKAWA at 19:50| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IKAWAさん、こんばんわ
お見舞い申し上げます。
「ぶっとい針でズブッ!と突き刺されたかのような激痛」で眠れないとは、辛すぎますね。
よく辛抱されました。
以前りんりんロードでこけて脇腹を打ち、ついでに神経を痛めてしまったことがあります。
少しでも動くと電撃のような激痛が、左脇腹から左足へと走り、大変でしたが、IKAWAさんを襲った激痛はおそらくそれ以上なんでしょうね。
再び痛みがぶり返さないことをお祈りいたします。
お大事にしてください。
Posted by 東葛人 at 2009年06月13日 21:07
IKAWAさんこんばんは。
眠れないとは辛かったですね。
読んでいて切なかったですが、回復されて来たようでなによりです。
痛いときは直すためのストレッチなどの治療もできないでしょうから、痛くないきに根本的に直しておくのがいいかもしれませんね。
明日エドさんに治療について聞いてみます。
Posted by spirit at 2009年06月13日 21:25
IKAWAさん、こんばんわです。

首下から指先にまでいたる痺れを伴う何とも我慢ならぬ痛み、正に電気を5秒置きに通されたような痛みですぐに起き上がざるを得ず眠れぬ夜、僕も体験しました。体を横たえることができないんですよね。起き上がるとき、僕は奇声を発していたそうです(カミさん談)。あのときの体験はもうしたくないと僕も思いました。

爾後のためには養生が一番大事だと、そんな経験から今一番痛感しています。養生してください。

で、明日、天気が持ちそうなので、牛久行ってきます。お大事に。
Posted by takezawa at 2009年06月13日 21:31
ご無沙汰してます。
ウイル改めザンコーニです。
ホント痛さといつ来るのかぁ〜の恐怖で
キズの痛みとは比べ物にならないでしょう。
回復をお祈りしてます。そして
7月のあの歌声を楽しめますように・・・
ブログもやっとはじめました。
どうぞよろしく。
Posted by ザンコーニ at 2009年06月13日 22:45
東葛人さん、こんばんは。

身体が眠りを欲しているのに、その身体が痛みでもって眠りを妨げる。こんな辛いことはありません。低反発枕と低反発マットレスを愛用し、眠りの"質"を追求している僕(笑)には地獄の苦しみでした(泣)。

りんりんロードで東葛人さんがコケたお話は伺っていたので、痛みに耐えていたとき思い出しました。確か、痛みに耐えて職場に向かわれたのですよね。「僕はブレイカブル、東葛人さんはアンブレイカブル」と自分を納得させて、休暇としました(笑)。
Posted by IKAWA at 2009年06月13日 23:18
spiritさん、こんばんは。

切なかったですか。それはまずいです。笑ってもらおうとせっかくフラミンゴネタも入れたのに(笑)。痛みの頂点を過ぎたら結構あっけらかんとしたもので、ついさっきまで大好きな「ターミネーター2」をテレビで観ていました(笑)。

痛いときにあれやこれやとやってしまうと、逆に悪化させてしまいそうですので、痛くないときに予防的処置をするのは良いことでしょうね。

いろいろご心配頂き、恐縮です。
Posted by IKAWA at 2009年06月13日 23:23
takezawaさん、こんばんは。

書かれている痛みの表現、まさに僕のいまの状態です。「わかる、わかる」です。昨年体験し、もう二度と体験したくないと思いましたが、一年後に再体験することになりました。否、バージョンアップしているのかも知れません。

奥様がいたのに奇声を発していたのですか。じゃぁ、誰もいない僕は心おきなく「う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜っ゛!!」と叫んでも良さそうですね(笑)。

明日は僕の分も楽しんできて下さい。
Posted by IKAWA at 2009年06月13日 23:28
ウイルさん改めザンコーニさん、こんばんは。。

神経の痛みというのは、傷の痛みとは全然違います。その痛みを表現しようと苦労していますが、そのものズバリを表現するのは難しいです。ただ、takezawaさんのコメントにあるように、同じ痛みを感じた人の表現は「ある、ある!」みたいに妙に共感してしまいます(笑)。

7月のあの歌声ですか。"Like a Bridge Over Troubled Water, I Will Ease Your Mind"ではなくて、”I Will Ease Your Pain"と歌って欲しいぐらいです(苦笑)。

ブログ、近いうちにコメントさせて頂きます!
Posted by IKAWA at 2009年06月13日 23:42
IKAWAさん、こんばんは。
先日の記事から大変な事になってたんですね。本当にお見舞い申し上げます。僕も昨日今日と痛みと戦ってますが、IKAWAさんの痛みは比べ物にならないくらい凄そうです、、。
「叫ぶ代わりに枕を噛みしめる」は笑えませんよーーー(涙)、、今週末でIKAWAさんの痛みが治まりますように。

Posted by ワンチャン at 2009年06月13日 23:52
お大事にして下さい。
早く良くなってまた「今日も、楽しかったですっ!」聞かせてくださーい^^)
Posted by ヤマグチ。 at 2009年06月14日 10:18
突然のレスで失礼します。

大変お困りの様子お察し申し上げます。

市川にあるカイロプラクチックに行かれたらいかがでしょうか。

口コミで評判のところです。

小生は昨年原因不明で左腕がだるくなり腕に力が入らなくなり困っていた時、知人に薦められ行きましたら、たった2回の通院で完治しました。

よろしければ、HPをお教えしますが如何でしょうか。
Posted by ヤス at 2009年06月14日 15:22
ワンチャン、こんばんは。

昨年も同じような症状に苦しんだのですが、今年は肩が違ったところが痛んでいます。場所が違うだけで辛さがこうも違うのですね(涙)。

そういえば、ワンチャンさんも股関節の調子が悪いとのこと。お互い気をつけましょう!
Posted by IKAWA at 2009年06月14日 20:04
ヤマグチ。さん、こんばんは。

ご心配、ありがとうございます。早く良くなるように、しばらくは症状の改善を目標にしています。

復活まで暫くお待ち下さいませ!
Posted by IKAWA at 2009年06月14日 20:06
ヤスさん、初めまして。コメント、ありがとうございます。

痛みが無くなってきたら、根本的な対処を考えないといけないと思っています。その際、カイロプラクティックや整体も視野にいれようと考えています。

もしよろしければ、お勧めのカイロプラクティックをプロフィール欄にあるアドレスにメールでご紹介頂けますでしょうか。
Posted by IKAWA at 2009年06月14日 20:10
>>ベッドで眠りにつき、ベッドで目が覚める。当たり前のこんなことがなぜ嬉しいのでしょう(笑)。

たしかにそうですよね!日頃何とも思わないですけど。
無理をせず養生してくださいね。
最近の医学は進歩しているはずですから、早く直ることを祈っています。
Posted by まっち at 2009年06月15日 17:10
まっちさん、こんばんは。

できれば痛みが完全になくなるまで養生したいのですが、そうもいきません。今日、久々に職場に向かいました。ただ、午前中に病院に行ってからの出社となったので、ラッシュを回避できました。

明日はそうもいきません。先週火曜日の痛みがトラウマです(苦笑)。(ってか、ちゃんと眠れるのか?今夜?)
Posted by IKAWA at 2009年06月15日 22:22
わ〜(∋_∈)。
かつて痛風に苦しんだ日々を思い出しました。
くるぶしに太いボルトをギリギリねじ込まれるような痛み(∋_∈)。
一日も早い快復を祈るm(_ _)m。
Posted by 棚倉 樽 at 2009年06月16日 14:19
タルさん、こんばんは。

ご心配下さり恐縮です。通風かぁ....いまのところ予兆はありませんが、ご存じの通り僕はビール飲み。通風もいつか発症してしまうかも知れません(汗)。

やだねぇ、歳をとるって(苦笑)。
Posted by IKAWA at 2009年06月16日 22:19
IKAWAさん こんばんわ
1日も早く体験談を伝えなければ!と拙ブログの記事アップを急ぎましたよ(笑)
詳しくは、spiritさんに聞いてみてくださいねー。
Posted by たすけ at 2009年06月17日 21:52
たすけさん、こんばんは。

ブログ記事、拝見しました。3記事アップされていますが、まだ中間地点のようですね。

いつもに増して精力的なアップですね!続きをお待ちしています!!
Posted by IKAWA at 2009年06月17日 22:37
IKAWAさん こんばんは〜。Boostです。
う〜辛そうで・・お見舞い申し上げます。ブログの記事を読んでいるだけで痛みと辛さか伝わってきます・・。 早く治ることを祈っております!
眠れない痛みと聞いたら、過去にやってしまった尿管結石を思い出しました。 痛みを我慢すると結構体力を使いますので、充分養生して下さいね。 あ、二日酔い?ブログの再開も期待しておりま〜す!^^v


Posted by 我孫子Boost at 2009年06月17日 22:39
我孫子Boostさん、こんばんは。

消炎鎮痛剤の湿布を右肩から腕にかけてベタベタ貼りまくってコメントレスしています(苦笑)。医者から処方してもらったものですが、薬が効いている間は痛みが和らぎます(喜)。

尿管結石はやったことはありませんが、知り合いが煩ったことがあります。かなり痛いようですね。一度やると何度か繰り返すように聞いたことがありますので、ご注意下さい。
Posted by IKAWA at 2009年06月17日 22:47
あれ?
IKAWAさんに伝えたい体験談とは、3記事目最後の
エド隊員による鍼治療の部分なんですけど(汗)
Posted by たすけ at 2009年06月18日 00:31
たすけさん、こんばんは。

あ、そこのことでしたか。てっきり派手な落車体験がメインかと(笑)。

実はエドさんにはspiritさん経由で痛みを和らげるアドバイス頂いています。四六時中湿布を貼っている訳にもいかないので、大変助かっています。痛みがひかないからとあれこれ手を出してややこしいことになってもマズイので暫くこの状態を続けてみたいと思います。
Posted by IKAWA at 2009年06月18日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121426327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。