2008年12月12日

阿嶽のデビュー曲。それは、皆さんご存じの「あの歌」だったのです。

暫くぶりの阿嶽(アユエ)こと、張震嶽(チャンチェンユエ)ネタです(苦笑)。

中華圏では日本のヒット曲がカバーされることが多いです。阿嶽も実は日本のアノ歌をカバーしています。しかもデビュー曲で、です。

カバーしたのは、今年活動休止宣言をした、と言えばお分かりでしょう。サザンオールスターズのあの歌です。

♪ 就是喜歡[ニー]



タイトルを日本語にすると「だから君が好きなんだ」となるそうです。

原曲はいわずもがな。そう、サザンの「悲しい気持ち〜Just a Woman in Love」なんですね。聞けば分かりますが、アレンジに何のヒネリもありません(笑)。

ちなみに、このプロモーションビデオの服装は、台湾の少数民族アミ族の出身である阿嶽をアピールするかのように、アミ族の民族衣装をベースにしたものです。

それにしても、いやぁ〜、初々しいですね(笑)。しかし、いまの阿嶽をよく知っている僕の目から見ると、嫌々やっているようにしか見えません(爆)。

そんなわけで、こりゃ絶対封印したい過去だよな、と思っていたのですが、なんとビックリ。最近のライブでも歌っています。(上海でのライブの様です。)



「♪就是喜歡[ニー]、Oh ya ya ya ya ya」のところ、会場の皆が一緒に歌っているのがお分かりでしょうか。これは感動ですね。(僕だけ?)
# ってか、ライブ会場で勝手に撮影した映像を勝手にアップするだなんて、さすが中国(笑)。

初来日のとき歌ってくれなかったから、一緒に歌えなかったじゃないか!何て勿体ない。一緒に歌いたいから、また日本に来てくれ、阿嶽!

ところで、冒頭のプロモーションビデオを初めて見たとき、僕は目を疑いました。

それは、00:24 のところです。めまぐるしく変わるおもちゃ達。そしてクルクルと回るフグの置物....。

ん?フグの置物....えぇっ!これって!!

CIMG7030.JPG

まったく同じ物が自宅にあったりします(爆)。阿嶽の音楽と出会う遙か前、学生時代の友人達と温泉に行ったときに、射的屋でゲットしたものです。まさかこんなところで目にしようとは。

これも何かの縁。

つまり僕は阿嶽の音楽に出会うように、フグの置物を手にしたときから運命の糸が繋がっていたということなのです(笑)。(←熱狂的ファンにありがちな妄想。)



posted by IKAWA at 23:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。しっかりとチェックしております。
フグの置物はすごい運命的ですね。こんなことが
あるならきっとアユエの来日公演も実現しますよね。その日を楽しみに私も聞き続けます。
たまのアユエネタ楽しみにしてます。
Posted by しゅう at 2008年12月14日 00:23
こんにちは。フグの置物はほんと運命的なもの
を感じますね。きっとアユエの来日公演も実現しますよね。この悲しい気持ちの選曲もアユエらしい感じがします。末永く応援し続けましょう。
Posted by しゅう at 2008年12月14日 00:27
ホントだぁ、フグの置物!!これは完全にフグ毒によるお導きに違いありません(笑)。
アイドル時代のアユエの吊りズボン姿が何とも初々しいですね〜♪
それにしてもビックリ!最近でも演ってるんですか〜?!でも歌い方が今のアユエっぽくヤンチャになってていいですね。
ちなみに世間から隔絶された音楽環境で生きている私は桑田ヴァージョンの原曲はろくすぽ知りません・・・(汗)。
Posted by クロム at 2008年12月14日 13:55
しゅうさん、こんばんは。

そうでしょう?運命的でしょう?僕が阿嶽のファンになったのは偶然ではなく、必然なんですよ(爆)。再来日公演だって実現しますよね。そう信じて阿嶽ネタを小出しにしてアピールしていきます(笑)。

そういえば日本を代表するメロディーメーカーの曲を、後に中華圏を代表するメロディーメーカーがカバーしていたということになります。これも運命的ですね(笑)。

ところで、最近Seesaaブログでは、コメントの反映が遅れ気味です。そのため二回コメントを頂いたのではないかと思いますが、微妙に内容に違いがあったため、そのままにさせていただきます。ご了承下さい。
Posted by IKAWA at 2008年12月14日 23:31
クロムさん、こんばんは。

え!毒のお導きですか!毒は毒でも、かなり強い毒のようで、すっかり侵されています(笑)。

アイドル時代の阿嶽のことはマジで「封印したい過去」だと思い込んでいましたので、最近もライブで演っているのは驚きでいした。意外とその辺はサバサバしているのかも知れませんね。

実は僕もサザンは余り知らないのですが、「悲しい気持ち」ぐらいは耳に残っています。
Posted by IKAWA at 2008年12月14日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。