2010年11月28日

晩秋を感じるために増尾城趾公園と妙蓮寺に。例によってありがたいお言葉ですっ!

いつものように2時頃から走りに行こうと準備をしながら外をみると、日が陰ってきています。夏でいえば午後5時頃の日の傾き方でしょうか。すっかり日が短くなりました。そんな訳で秋(ってか、初冬?)を感じようと近場を走りました。

今日の相棒は、MTBです。

PB280001.JPGPB280003.JPG向かったのは増尾城趾公園。まずはバーベキューなんかができる広場のある公園からアプローチ。こちら側は木々が緑色。落ち葉があるにはありますが、拍子抜けです。以前同じような時期に来たときは全く気づきませんでした。

木漏れ日は相変わらず気持ちが良いのですが、写真を春先に使いまわしても分からないんじゃないかって感じです(笑)。

ところで、この記事を書くまで「以前同じような時期に来た」のは昨年だと思っていたのですが、過去記事を調べてみると一昨年でした。どうも歳をとってくると、昨年も一昨年も「ついこの前」で片付けてしまい、時間の感覚が鈍くなってくるようです(苦笑)。

PB280007.JPGPB280012.JPGそれはさておき、増尾城趾公園の"城趾"がある方の公園に行ってみると、落ち葉がフカフカ。これは記憶にあった通りです。

銀杏は残念ながら見頃を過ぎてしまったようですが、それでも落ち葉と、城趾を囲む緑と銀杏のコントラストが美しく、しばし見入りました。

でもなぁー、何か物足りない。...そうか!紅葉がないんですよ。この時期ならば紅葉を愛でないと!そういえば、街中で銀杏は見かけることはあっても、紅葉を見かけることは意外と少ないように思います。

どこか近所に紅葉がありそうなところはないか、としばし考えて思いつきました。お寺に行けばあるかも知れない。って、安直ですな(苦笑)。

PB280016.JPGPB280017.JPGそこで向かったのが増尾にある妙蓮寺。道路に面した白壁が落ち着いた佇まいをみせ、「平成胃18年度の柏市都市景観賞」を受賞した場所です。今回掲載した白壁の写真は、前回訪ねたときと逆方向から撮ってみました(笑)。

そして、白壁の写真を写した向きから背中方向を見ると思惑通り紅葉が目に入りました。しかも、銀杏と道を挟んでの共演です。

とはいえ、紅葉の木は一本だけですので、イマイチの感は否めませんが、今日のところはここでタイムアップとなりました。

さて、妙蓮寺といえば前回、門前にありがたいお言葉が掲げてありました。

今回は....

PB280018.JPG

あぁ、僕も悟りたい。
(ー人ー)

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:Top of 増尾城址公園]
23947.jpg


posted by IKAWA at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

初めての法林寺の大銀杏。でけぇっ!

先週、近所の公園でハタと思い出した法林寺の大銀杏。存在は知っていたものの、色づいた時期に訪ねたことがありません。

今日の相棒は、MTBです。

訪ねていなかったというのは、比較的交通量の多い通りに面しており、ちょっと気乗りがしなかったんですね。ところが、以前に腹ごなし的に名戸ヶ谷を散策した際(おぉ!ついこの前かと思ったら一年近く前じゃないか!)、裏側から行けば驚くぐらい簡単に法林寺にたどり着けることに気づきました。いつも楽しようと最短ルートで考えるものですから、裏側から回り込むという発想が欠けていました(苦笑)。

PB210002.JPGPB210007.JPG自虐ネタはさておき(笑)、法林寺の大銀杏です。青い葉のときと全然違ってその存在感が際だっています。さすがは柏市指定文化財。威風堂々たる姿です。思わず「でけぇー!」と声が出てしまいました。

柏市教育委員会の説明板によると、樹齢は600年を越えているようで、目の高さの周囲は5m40cm、根本の太さは14m30cmにも達するとのことで、柏市内最大の樹なのだそうです。

ところで僕は、銀杏を観るのに真下に立って見上げるのが好きです。青空と銀杏の黄色のコントラストがとても美しいからです。天気予報によると今日の日中は曇りとのことでしたが、午後は比較的晴れてくれました。

そんなわけで、銀杏を見上げて空とのコントラストを楽しむことができました(喜)。

PB210003.JPG


銀杏の木の下にまだ葉は落ちておらず、ここ数日は見頃が続きそうです。(ん?葉が落ちていなかったのは、掃除されただけかも??)

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:結構ここが好きだったりします。]
23914.jpg



ありゃ、ネタがかぶっているじゃないか(笑)。



posted by IKAWA at 22:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

眠くて頭がボーッ(苦笑)。

PB140005.JPGこの週末はなぜだか眠くて仕方ありません。天気予報によると今日は曇りと聞いていたので、眠れるだけ寝てみようとトライしたら、午前11時に起きました(苦笑)。

そのせいで終日頭がボーッとしていました。明らかに寝過ぎです(汗)。

そんなわけで、近くの公園に徒歩で出かけるにとどまりました。今まで気づかなかったのですが、イチョウの木が色づいていました。やっと秋、晩秋の趣だなぁ....とここで、ふと思い出しました。

そういえば、名戸ヶ谷にある法林寺の大銀杏はどんな具合だろう、と。まだここの大銀杏が色づいている姿を間近で見たことがありません。行かねば!とは思ったものの、時刻は既に4時近く。曇り空の日の入り時刻なので、すぐに暗くなってしまいます。今日は諦めました(涙)。

来週はどうなのかな。まだ色づいているのかな?

それにしても、あれだけ寝たのにまだ眠い。

今夜は早めに寝まーす...zzz



posted by IKAWA at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

十余二でかろうじて残っている野馬土手散策。そして「軍都柏」の遺構ですっ!

文化の日に柏二小の裏手にあるという野馬土手の場所を確認しようと、「柏市文化財マップ」をしげしげと眺めていたときのことです。「あれ?あんなところにも野馬土手が?」あんなところというのは、TX柏の葉キャンパス駅の丁度真南に当たる十余二です。というのも、実は随分前に走ってつむじ風を見た道路の直ぐ近く。当時は野馬土手の"の"の字も知らなかったので、完全にスルーしていたのかも知れません。これはコレクションに加えないと!

今日の相棒は、MTBです。

そんなわけで目的地に向かったわけですが、一抹の不安がありました。というのも、その場所というのが先ほども書いたように柏の葉キャンパス駅のすぐ近く。航空写真で見ていただけると一目瞭然なのですが、開発からすっぽりと忘れ去られたかのようなのどかな風景が残っていた場所だったのです。果たして、その後もその風景が残っているものか...。

PB070004.JPG目的地が近づくと、唖然。不安的中です。かつては畑が広がっていたその場所がすっかり更地になっているではありませんか!道路もすっかり様子が変わってしまい、かつてののどかな雰囲気は消えてしまいました(涙)。

果たして野馬土手は残っているかと目をこらしてみると、左の写真の高層マンションの下に4本の木が生えていますが、どうもその下が盛り上がっているように見えます。もしかした野馬土手かも知れないと前に進みました。

PB070006.JPGそうすると、木が生えているところの東方にあたる延長線上に短い野馬土手発見です!右の写真の奥に看板が2枚立っているところにも野馬土手を確認することができました。(私有地につき進入不可と書かれていたので、どの程度残っているかは未確認です。)

どうやら、木が生えているところは野馬土手確実のようですが、開発まっただ中のようですので、これも危うい野馬土手であるのは間違いありません。果たして残るのか心配です。それにしても僕の記憶にある風景と全く違った場所lになってしまいました(涙)。

何とか十余二の野馬土手を確認した後、この近辺に残る野馬土手の散策をしてみました。では「今週の野馬土手」を一挙公開です(笑)。

PB070001.JPGPB070013.JPGPB070020.JPG
PB070002.JPGPB070016.JPGPB070022.JPG

写真左の上下:県道47号線により分断された野馬土手
写真中の上下:小金牧の一部である高田台牧開墾記念碑とその裏手の野馬土手
写真右の上下:流山市の八木郵便局前の野馬土手と流山市駒木台福祉会館南手の野馬土手

PB070018.JPGPB070019.JPGところで、野馬土手散策の途中にこんなものを見つけました。何かというと旧陸軍東部第105舞台営門です。昭和13年といいますから今から72年前、この地に同部隊が設置された当時のままの位置にあるそうです。陸軍とはいえ飛行場を有していて、その場所が現在の柏の葉公園になります。

この営門の横には柏市教育委員会の説明板を建てた目的として「市内の戦時下の遺跡を反省材料として長く構成に伝えるため」「再び戦争の惨禍の繰繰り返すことのないよう、恒久平和への願いを込めて建て」たのだとされています。(説明板の写真をご参考下さい。)

驚いたことにこの営門は、現在では普通の市道に建っていて、自動車が行き来しています。ただ、写真を見てお分かりかと思いますが、大きく車道にはみ出しているため、利用者の方には不便に思われているかも知れません。しかし、柏市がかつて「軍都柏」と呼ばれていたことを偲ばせ、恒久平和の願いを込めて残されている訳ですから、大切にしていきたい遺構です。

実はこの営門の存在は随分前から知っていたのですが、車通りの多い通り沿いにあるため避けていました。今回、ふらふらとその通りを避けて走っていたら、よく走るルートを一歩曲がるだけであっさりとたどり着くことができることが分かりました。それにもビックリしたポタでした(笑)。


今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:残るのか、野馬土手!!]
23844.jpg



posted by IKAWA at 23:29| Comment(6) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

文化の日のポタは野馬土手探し(笑)。多少不満は残りましたが、最後は満足でしたっ!

11月3日、文化の日。なんでも晴れの特異日だそうで、それに違わぬ晴天となりました。まさにポタ日和なのですが午後いちに所用があり、自宅を出たときには午後3時を回っていました。かなり日が短くなってきているので、余り時間がありません(涙)。

今日の、ってか文化の日の相棒は、MTBです。

PB030001.JPGで、思いついたのが野馬土手探し(笑)。目的地は日曜日にアップされた東葛人さんのブログにメタ男さんがコメントされていた「柏二小裏の野馬土手」です。この野馬土手は未探訪でした。

柏二小と言われても場所がピンと来なかったので、地図で調べてみたらビックリ。大堀川へのアプローチに何度も使っているルートのすぐ近くだったのです。土地勘もあることだし、すぐに見つかるだろうと考え、向かってみたら案の定あっさり見つかりました(笑)。

長さは短いのですが、思いのほか立派な野馬土手です。この野馬土手に沿って小学校の校庭に続く道があり、小学生の通学路になっているようです。でも、他の野馬土手と同じく、これが野馬土手であるという案内が何もないため、きっと何だか分かってなくて歩いているのでしょうね(苦笑)。各所に残る野馬土手に説明板を設置できれば、もう少し認知度が上がるのではないかと思うのですがねぇ。

PB030005.JPGさて、「柏市文化財マップ」によると、ここの近所にはいくつか短い野馬土手が残っているようです。マップを頼りに探してみると、ありました、というか何というか....左の写真の場所がそうなのですが....木が茂りすぎで、よく分からんです(苦笑)。

まぁいいか、とりあえずコレクションに加えておこう(爆)。

実はここに紹介した2箇所の他に更に2箇所野馬土手が残っているところがあると「柏市文化財マップ」に記載されていたので、探してみたところそれらしいものがありました。しかし、どうやらそこは塀に囲まれた個人の敷地内。近づけないし、写真を掲載するのも如何かと思いますので、とりあえず、野馬土手らしいものを見つけた、というご報告だけにとどめさせて頂きます。(ですので、今回のエントリーは写真が少ないです。)

そんなわけで、帰路についたものの何となく消化不良。はたと思いついて篠籠田市民緑地に寄って野馬土手を見ることにしました。外は何となく暗くなってきたという程度だったものの、木々が生い茂る市民緑地のなかは静かで不気味なぐらいに暗くなっていました。

おっかなビックリ野馬土手に近づいて写真を撮っても、僕は普段デジカメのフラッシュをオフにしているので全く何も写りません。

それで、フラッシュをオンにしてシャッターを切ると....

PB030018.JPG

今までにないぐらいのド迫力の写真を撮れました(喜)。
# 写ってはいけないものは写っていないでしょうか??

今日も、ってか文化の日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:ホントに野馬土手があるのか?]
23778.jpg



posted by IKAWA at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。