2010年07月25日

今日は新木に行きました。気温34度。コイツが教えてくれるんですっ!

先週の日曜日は、自宅を出た際のアスファルトの照り返しの暑さにウンザリして、大津川の土手(未舗装)で涼んでいました(笑)。実際、水の張られた田んぼを渡ってくる風は、街中の風より体感で1〜2度低いように感じました。それに絶え間なく風が吹いてきます。そういえば、この地域はかつて風早村という地名でした。その名の通り、風のながれる場所なんですね。

で、今日です。先週行けなかった我孫子市の新木駅近辺を散策することに。散策といっても目的地は決まっています。

今日の相棒は、MTBです。

P7250022.JPGP7250033.JPG目的地、それは新木野にある「気象台記念公園」です。なぜ気象台記念かというと、1939年といいますから第二次世界大戦が始まった年から1999年までの60年間にわたり、中央気象台布佐出張所(気象送信所)があったとのこと。なぜここにそんな施設ができたのかといえば当時の中央気象台の所長が布佐出身で、用地確保が難しかったので当時の布佐村にかけあったのだとか。

以上、我孫子市HPに掲載されている「気象台記念公園の整備に関する提言(平成17年2月)」から抜粋です。ネットで調べてもこの程度の情報しかないです。ちなみに、Googleで「気象台記念公園」で検索すると上位10件のなかにspiritさんの記事がヒットするのですが、「ただの広い公園」と紹介されていただけでした。

で、なんでわざわざそんな「ただの広い公園」を目指したのかというと、こいつがどんな物か観たかったからです。

P7250029.JPG

なんだこりゃ?でしょ(笑)。

実はコレ、

P7250025.JPG

うーん、オヤヂギャクだ(苦笑)。

実はずーっとアメダスがどんなものか観てみたかったのですよ(爆)。それで調べたら一番近いアメダスは我孫子市。場所は新木野だと分かりました。そのときふと「新木駅の近くに気象台記念公園ってのがあったよな、公園の名前からして設置場所はここだ!」と「ただの広い公園」に来る理由ができたってわけです(笑)。

アメダスを囲っている柵に説明がありました。アメダスの正式名称は「地域気象観測システム(Automated Meteorological Data Acquisition System:AMeDAS)」なのだそうです。"e"が小文字なんですね。

2010年3月11日から気象台記念公園で観測を開始した....って、つい最近じゃん。その前はどこにあったのでしょうか?誰かご存じの方はいませんか?(柏市の気象大学校かな??)
# AMeDASについてシステム的な観点から知りたい方は、古い記事ですがこちらをどうぞ。いくら何でも今はISDNってことはないだろうけど。

帰路で手賀沼を走っていると道の駅しょうなん近くで久しぶりにケルビムさんに遭遇です。無茶暑いですね〜、だなんてお決まりの話から始まり、しばし談笑。西の空が暗かったので、雨が降る前に帰りましょうと一緒にCRを走りました。(結局降りませんでしたが。)

ところで、僕がアメダスを見つけたのが午後3時頃。帰宅後アメダスでそのときの気温を確認したら34度(!)でした。

僕が見ていたときにデータを送っていたんだねーと感慨深いのですが、そんな暑い中に外を走るだかなんて物好きにも程がある(汗)。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:気象台記念公園]
22791.jpg


posted by IKAWA at 23:04| Comment(10) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ほぼ全国的に梅雨明けの土曜日。手賀沼一周ながらも癒されまくりで大満足ですっ!

ほぼ全国的に梅雨明けとなった今日、先週に続き手賀沼を走りました。

今日の相棒は、MTBです。

P7170002.JPGP7170016.JPGP7170041.JPG
先ずは手賀沼北岸を走ります。先週のエントリーでも書いた、手賀沼トラストの蓮池を鑑賞するためです。先週はハケの道から眺めたたのですが、今日はふれあいラインからの眺めます。(写真左)そうしたら、確か昨年は無かったと思いますが、説明板が立てられていました。

なんでもこの蓮は、藕糸蓮(ぐうしれん)という種類だそうで、観賞用のもの。(レンコンに期待しないように。)驚いたことに土浦市で品種改良されたとのことで、なんだか親近感が湧いてきました(笑)。蓮の茎から繊維が採取できて、織物に活用できる。これを「藕糸(ぐうし)」というらしいです。ほほー、勉強になるなぁ(笑)。

手賀沼北岸を走っていると、遊歩道沿いに「花蓮」の看板がたっているところがあります。立ち寄ってみると、そこにも案内板があり、この蓮も藕糸蓮だそうです(写真中)。

で、お馴染み蓮の群生地の蓮ですが....種類は何なのでしょう。確かに可憐な蓮の花が咲き始めました、ってか、午後も遅い時間だったので蕾なのですが(写真右)、明らかに藕糸蓮から遅れています。種類は違うと思うのですが、植物とか動物の種類に無頓着な僕は、なんだかよく分かりません(苦笑)。

それにしても、手賀沼を一周するだけで三箇所も蓮の見所があるだなんて、なんとも贅沢ですね(喜)。

P7170009.JPGP7170020.JPG実は、今日は、手賀沼北岸から手賀川を走って、あるものを見つけるために新木の辺りを散策しようと考えていました。ただ、ちょっとばかり出遅れていたんんです。

更に、空の青と、雲の白。それに田んぼや木々の緑と手賀沼の水面の取り合わせが実に美しく、幾度となく立ち止まり「うぉー、美しい」だなんて悠長に構えていたら、フィッシングセンターのある曙橋にたどり着くまでに1時間強を要してしまいました(苦笑)。残念なことに16時頃には帰宅したかったので、何てことだ。タイムアップです。志半ばで曙橋で手賀沼CRに移って帰路につきました。

P7170026.JPGP7170027.JPG
(なぜ傾いているんだ?根性が曲がっているからか?)

でも、蓮三昧。それに自然の織りなす芸術を堪能したので、満足感に浸っています。

とかなんとかキーボードを打つ腕を見ると....ん!赤いじゃん!滅茶日焼けしてる!お肌の曲がり角をとっくに過ぎて第二の曲がり角が見えてきたオッチャンにはシミが怖い季節ですね(爆)。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:手賀沼トラストの蓮池(よーく見ると小さくチャリが映っている)]
22622.jpg



posted by IKAWA at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

昨日の土曜日は梅雨の中休み。なのに手賀沼半周。その理由とは(涙)。

昨日の土曜日は、梅雨も中休みといったところ。夕方になって雨になりましたが、日中は快晴。このところ走れていないので、走りに行こうと昼食後に準備を始めました。ところが、吐き気がしてきて、ある程度おさまるまで待っていたら15時を回ってしまいました(涙)。

ちなみに、吐き気の原因は二日酔いじゃないっすよ(笑)。先週は....でしたが(苦笑)。

昨日の相棒は、MTBです。

P7100001.JPGP7100006.JPGそんなわけで、結局手賀沼半周に(涙)。薄雲がかかっていますが、遮る物がない手賀沼CRはポカポカして気持ちが良かったです。「ポカポカ」という表現に違和感を覚える方もいらっしゃるかも知れませんが、軽装の状態で気温が30度を越えると僕は「ポカポカと暖かい」と感じるのでご容赦下さい(笑)。

それにしても手賀沼CR、久しぶりって感じです。このところ大津川沿いを走るパターンが多かったものですので、実際久しぶりなのですが。

それを目の当たりにしたのは蓮の群生地。前回ここを走ったときはまだ水面が見えていたのですが、それが昨日は水面が見えないまでに育っています。考えてみれば、もう7月。あと一ヶ月もすれば蓮の花が見頃になる時期じゃないですか。季節は確実に夏に向かっていますね。(そういえば、今年は「はすまつり」はあるのだろうか?)

P7100013.JPGP7100014.JPGそんな季節の移ろいを、手賀沼半周でもあちこちで見つけることができます。

例えば、ハケの道沿いにある手賀沼トラスト蓮池です。こちらは蓮の群生地と異なり、既に蓮の花が咲いています。(蓮の種類が違うのでしょうか?)

そして北柏ふるさと公園。ミニひまわりが咲いています。なんだかすっかり"夏"。

わずか手賀沼半周でも、季節を感じられる場所がここかしこにあるだなんて、何て良いところなんだろうだなんて考えていたら、吐き気はすっかり無くなっていました。

手賀沼の治癒効果?(笑)

今日(昨日)も、楽しかったですっ!
[撮影場所:船戸の森]
22599.jpg



posted by IKAWA at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。