2009年04月30日

7月10日(金)、7月11日(土)は、飲みに誘われても断ります。

CIMG7866.JPG

Simon & Garfunkel 来日公演(東京ドーム2日間)のチケットをゲットしました!

思い返せば1993年の来日公演チケットの発売日、柏高島屋のチケットぴあに並んだら、僕の5人前で「完売」の声を聞き涙を飲みました。

あれから16年。やっと二人のハーモニーをライブで聞くことができます(感涙)。

早く来い来い、7月!

posted by IKAWA at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

手賀沼ぶらり旅。だって、鼻水ジュルジュルなんだもんっ!

汚いエントリタイトルですね(苦笑)。誠に申し訳ございません。喉の痛みや熱、咳は治まりましたが、鼻詰まりだけが未だ完治せずで口呼吸ばかりで喉が渇きます。

季節外れの風邪ひき、辛いですねぇ。そんなわけで、手賀沼をのんびりとポタってきました。

今日の相棒は、MTBです。

CIMG7845.JPGCIMG7840.JPGまずは手賀沼の隠れたビューポイントとして有名な(?)我孫子市高野山にあるゼロポイント。ここが公園になるという話は何となく知っていましたが、どうやら工事が始まったらしいとあちこちのブログで紹介されていたので様子を見に行ってみました。

確かに工事が始まり、ゼロポイントへのアプローチは西側一箇所からだけになっていました。手賀沼を見下ろせる場所周辺の木は切られずに残っているので、これらの木は安泰のようです。ただ、ガケの手前には網が張られており、先端は立ち入り禁止となっています。安全のため、仕方ないですね。

しかしながら、このゼロポイントが公園になると、多くの方が手賀沼の眺望を楽しめるようになるので、嬉しいことです。

CIMG7846.JPGところで、ゼロポイントに佇んでいたとき、工事現場の中を雉が行ったり来たりするのが見えました。ゼロポイントを後にしようと、ふと雉が居た方向を見てみると、地味な鳥がもう一羽いるじゃありませんか。なんと雉のつがいです。

鳥の種類に疎い僕ですが、さすがに雉は見分けられるようになりました(笑)。よく見かける顔が赤い派手なのが雄で、雌は地味と聞いたことがあります。雌の雉って見たことがないなと思っていたのですが、やっとその姿を認識することができました。

雌の雉には申し訳ないのですが、ウワサに違わず地味ですね(笑)。今度単体で目にしたら雉の雌と認識できる自信はやはりありません。

CIMG7852.JPGCIMG7856.JPGその後、ゼロポイントの眼下に広がる水生植物園へ。ゼロポイントに向かう途中の公園に藤の花が咲いているのが目に入ったのです。そういえば、水生植物園には藤棚があったっけ?と立ち寄ってみた次第です。

水生植物園入り口から手賀沼のほとりに続くアプローチが藤棚になっており、いままさに見頃を向かえています。

それにしても、いったい誰が藤棚という見せ方を考えたのでしょうね?自然に咲く藤の花も清楚で美しいのですが、住宅街で見かける藤の花のほとんどが藤棚のようになっているような気がします。藤棚ってある意味大発明じゃねぇか(笑)。

ってな下らない事を考えながら藤棚を眺めていたとき、僕の後ろで藤棚をご覧になっていたご夫婦の会話が耳に入りました。「今が見頃だね。ほら、ここまで花の香りがしてくる。」

ありゃ!そうなのですか!僕は、

CIMG7854.JPG

鼻が詰まっているときは、花を愛でる楽しみが半減です(苦笑)。花の香りを楽しむことができないじゃありませんか。うーん、勿体ないことをしました。

CIMG7863.JPGCIMG7864.JPGその後、手賀沼北岸の遊歩道を走りました。散歩をされる方が多いので、最近余り足が向いていませんでした。しかしいまの季節、田植えの時期が近づくと手賀沼の水位が上昇し、遊歩道のすぐ脇に手賀沼の水面を感じながら走ることができるので、とても気分が良いです。

ふと手前の水面に目をやると、何やら黒い蜂の巣のような物体がたくさん漂着しているのに気づきました。そう、対岸の蓮の群生地にある蓮の花心です。夏の時期の盛りを過ぎ、枯れて水面に落ち、冬を越し、暖かくなって南風に押されて手賀沼北岸に漂着したんですね。

そういえば、蓮の葉が芽を出すのはいつ頃だっただろう。もうしばらく待てば芽をだしてくれるでしょう。

今年もまた、いつもと同じく季節が移ろいでいます。

それにしても鼻水ジュルジュル、治らないかなぁ〜。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:久々です。ハケの道]
19233.jpg

posted by IKAWA at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

風邪が長引いています。

ってか、ぶり返しました(泣)。

先週の初めは風邪のせいで、喉が痛いは、咳き込むは、熱っぽいはでどーにも調子が悪かったので、一日だけ仕事の方は休暇を頂きました。お陰で鼻が詰まっている以外は調子が戻ってきていたのです。

が、金曜日に突然気温が下がり「これはマズイなぁ」と思っていたら、案の定昨日の土曜日は発熱(微熱)で寝込んでしまいました(涙)。冷たい雨が終日降り続いていいて、どこにも行けないので、まぁ、いいか、と。そういえば、余りにも寒いと感じたもので、4月も後半というのにエアコンで暖房しておりました(苦笑)。

それで、今日の日曜日は天気が持ち直してきたのですが、どうもまだ体調がイマイチなので昨日に続いて休養日と致しました。GWに焦点を合わせて、体調を整えたいと思います。

それにしても、昔からなのですが、気温の乱高下には本当に弱い。すぐに風邪をひいてしまいます。天気予報なんかである程度対応をしているのですが、まったく効果無しですね。

それにしても、

僕って、繊細、かつ、か弱いです。

あ、怒らないで下さいちっ(怒った顔)
ものを投げないで下さい爆弾どんっ(衝撃)
殴らないで下さいむかっ(怒り)パンチ

病人にはもっと優しく
あせあせ(飛び散る汗)


posted by IKAWA at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

季節はずれの風邪をひいたみたいです。

喉がいたいやらと調子が悪かったので、汗をかかない程度に近場をMTBで走り、暖かい春の日差しのなか、こんなところや、あんなところでボケっとしていました(苦笑)。

CIMG7814.JPGCIMG7826.JPG

と、いうことで、今夜は寝ますです ... zzz。



posted by IKAWA at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

十太夫の野馬土手と茅葺き。いったいどうなったのでしょうかっ!

ずっと、心に引っ掛かっていることがありました。それは、今年1月に流山市で初めて見た茅葺きです。場所は十太夫のトントンランド

あの周辺は流山おおたかの森駅に近く、開発著しいところです。そもそも、茅葺きを見つけることができたのも、開発のため木々が伐採されたから。ということは、あの茅葺きの建物は無くなってしまっているのではないかと。

今日の相棒は、MTBです。

十太夫に向かう道すがら、柏市篠籠田にある茅葺きの民家の近くを走りました。この民家はまだ健在。ちょっと安心です。(場所はナイショさ(笑)。)

それで、トントンランドの茅葺きですが、

CIMG7774.JPG

跡形もなく無くなっていました。いつ壊されたのかは分かりませんが、影も形もありません。たった一度だけ目にした"幻の茅葺き"になってしまいました(泣)。

僕の知る限り、流山市に現存する茅葺きはここだけだったのです。もしかして、流山市最後の一軒がなくなってしまったのでしょうか。求む!流山市の茅葺き情報!!

CIMG7786.JPGCIMG7782.JPGそれにしても十太夫の森の開発は止まるところを知りませんね。元々森を切り開いて作られたゴルフ練習場の西側もこの有様です。写真を写した場所の道路を挟んだ反対側も同じような状況です。確か以前走ったときは両側を木々に囲まれて、本当に心休まるところでした。

Google mapの航空写真と比較すると、この森の面積は三分の一程度になってしまっているようです。ビッグバード北側、道路で囲まれた長方形の部分だけが残っている状況です。残った森を眺めていると、ウグイスの鳴き声や色々な鳥の鳴き声が聞こえてきたのですが、なんだか居場所が少なくなって悲しそうな鳴き声に思えました。

CIMG7789.JPGCIMG7794.JPG十太夫といえば野馬土手。以前訪ねたときは、ビッグバードの西方にまだ残っていたのですが、今回確認したところ無くなっていました。残りは、ビッグバードの交差点のところにわずか10mほど。

恐らくこの残っている部分は、この場所にお住まいの方の敷地かと思いますので、安泰かと思います。(いや待てよ。道路を拡幅するとかあったら、どうなるか分かりません。)

江戸時代からの遺構のそのほとんどが、いま姿を消しました。

東武野田線に乗って野田方面に向かうと、おおたかの森を過ぎてすぐ、土が剥き出しの広大な土地が目に入ります。ここまでやってくれちゃっているとは、何とも考え物です。

なんだか気が滅入るようなエントリーになってしまいそうですので、お口直しに美しい写真を。

CIMG7797.JPG

流山市駒木にある江戸川大学の近くで見つけたシバザクラです。たぶんここにお住まいの方の庭先かと思いますが、公園でもないのにこれは余りにも見事過ぎる。

お陰で、しばらく眺めていたら、癒されました(笑)。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:十太夫の森(の面影を残す一角)]
19119.jpg


posted by IKAWA at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

第6回東葛ポタ。鰻と吉高の大桜と印旛の奥深さを堪能しましたっ!

CIMG7727.JPGCIMG7730.JPG今日は、東葛人さん主催の第6回東葛ポタ。別名、お花見ポタ。行き先は印旛村にある「吉高の大桜」。昨日の風の影響を気にしつつ、集合場所に向かいました。

集合場所となる手賀沼の蓮の群生地に着くと、既に10名ほどの方が集まっていました。初めてお会いする皆様、初めまして、IKAWAでございます。 (^o^) でも、東葛ポタなのに何かが足りない。そうか!デコリカのmomoさんが居ないんだ!と思ったそのとき、道の駅しょうなん方面からCRに沿ってコイノボリが僕たちの居る方向に近づいてくる(笑)。momoさん、グッドタイミングで登場です(爆)。午後から用事があるとかで参加できないため、わざわざ見送りに来て下さったのだそうです。

そうこうしているうちに、高校時代の同級生と僕たちと同じく吉高の大桜を観に行かれるというtakezawaさんが声をかけて下さったり、例によってまっちさんが遅刻して登場したり(笑)、おっしーさんの自転車にハプニングが発覚したり(本日の撮影場所参照)と、なんやかんやありながら第6回東葛ポタは、総勢20名でスタートしました。

今日の相棒は、クロスバイクです。

CIMG7742.JPGCIMG7744.JPG吉高の大桜の前の目的地。それは言わずと知れた"エサ"です(笑)。今回の食事処は安食にある「うなぎ さかた」。出発前のブリーフィングで、東葛人さんは「利根川CRを走らないで向かいます」と仰いました。ははーん、これは小林の駅の西側の斜面林沿いに走るのだな、と思いました。

が、それは良い意味で裏切られました(笑)。そろそろ斜面林に向かって右折だなと思ったら、そこで左折。あれよあれよと将監川沿いの土手状になった道路に接続しました。この道路、土手の上を延々と走るのですが、全く飽きることが無く、交通量がすくなく気分が良く走れます。そういえば途中、競輪選手と思われる方々の集団走行とすれ違いました。そういった練習に使われるぐらい、走りやすい道路なのでしょう。

CIMG7745.JPGCIMG7746.JPGさて、"エサ"の「うなぎ さかた」さんです。事前に「上」を指定しておきました。さすがに「特上」に踏み切ることはできない小市民です(苦笑)。途中、東葛人さんが到着時刻の連絡をして下さったので、ウマウマで食べることができました。

ここで思わぬ飛び入りが。みんなのケータイに、持病で入院中のタルさんからのメールが、まるで見計らったかのように飛び込んで来たのです(笑)。題して「ねたみ通信」。いわく「東葛人とIKAWAは尿酸値を気にしながらウナギを食べている」など、根も葉もないねたみが全5通。こりゃ、スパムメールですね(爆)。きっと朝からベッドの上でネタを仕込んで、送るタイミングを今かいまかと待っていたに違いありません。ちなみに僕は「あ〜、おいしかったぁ〜」と、病院食しか食べられない病人に返信しておきました。(←悪魔)

そして、勘定を済ませていたとき、愚兵衛さんも合流。総勢、21名になり、吉高の大桜に向かいます。そのルートは再び土手状の道路で、これがクネクネと曲がって実に心地よい道路でした。周辺に広がる景色も素晴らしい田舎風情で、これなら茅葺きが隠れていても不思議ではありません(笑)。

CIMG7755.JPGCIMG7760.JPGで、メインエベント、吉高の大桜。写真からもその大きさがお分かり頂けるかと思いますが、ぽつんと立つ桜の木にしては実に大きいです。昨日の風の影響はほとんどないように見受けられました。が、どうやら満開は水曜日か木曜日頃だったそうで、少し桜の葉が目立っていました。それでも葉が茶色っぽいこともあって、風の影響を感じなかったのかも知れません。

それにしても、里山にただ一本、どっしりと根を下ろして、大きな枝を広げ桜の花をつけるその姿は、威風堂々とした威厳さえ感じるほどです。

驚いたことにこの大桜は、個人の敷地内にあるものなのだそうで、それをご厚意で一般の方に公開して下さっているのだとか。とてもありがたいことです。ところが、ポタの参加者の口からでるのは「入場料をとったら稼げるのにねぇ」という俗っぽい言葉(笑)。どうやら僕たちはこの様な大桜の所有者になってはいけない人間のようです(苦笑)。

CIMG7764.JPGCIMG7765.JPG吉高の大桜から今度は小林牧場を目指します。先導は愚兵衛さんです。愚兵衛さんといえば、白井市にお住まいながらも、印旛郡方面に実にお詳しい。それも激しくマニアック(笑)。こんな急坂がこの世に存在するのかという劇坂を下ったり、角を曲がったら突然現れるフェイント坂で翻弄したりしながら(笑)、小林牧場に着きました。

残念ながら、桜はほとんど葉桜でしたが、屋台の大判焼きを食べたりしてエネルギー補給。そういえば、途中、まっちさんとヤマグチ。さんとわいずさんがはぐれてしまったのですが、小林牧場でちゃんと再会することができました。

ここから手賀沼を目指すのですが、またしてもマニアックなルートどり。印西牧ノ原駅近辺から手賀川に流れる亀成川沿いのルートです。民家もほとんど無く、まさにここはどこ?状態。ウワサには聞いていましたが、本当に凄い。以前、愚兵衛さんにお連れ頂いた師戸川の風景を思い出しました。

そして、蓮の群生地に戻ってきて、いざ解散。でも、すぐに帰るわけがありません。一時間近くに渡って延々とおしゃべりは続いたのでありました(笑)。

東葛人さん、愚兵衛さん、ありがとうございました!

参加者の皆さん、お疲れ様でした!

■本日の参加者
今夜は眠いので、明日以降皆さんのブログへのリンクを追加します(苦笑)。
早くビールを飲みたい!!(爆)
[09.04.13追記:ブログへのリンクを追加しました。]

東葛人さん
愚兵衛さん
はんぞうさん
まっちさん
tatsuo1さん
我孫子boostさん
まつさん
横山さん
タクさん
ななすたさん
spiritさん
kaccinさん
わいずさん
tegamakkyさん
おっしーさん
ギャンブルレーサーさん
ヤマグチ。さん
E-ponさん
ウイルさん
ワンチャンさん
IKAWA

■特別出演
momoさんと奥様(お見送り)
takezawaさん(蓮の群生地と吉高の大桜)
KAKAPOさん(解散時にばったり)
タルさん(スパムメール送信者)

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:集合場所の蓮の群生地(左上ではおっしーさんのパンクを寄って集って修理中)]
19000.jpg

posted by IKAWA at 23:08| Comment(20) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

今年もきました「今井の桜」の見頃が!....見頃のはずだよねっ!

CIMG7682.JPGさて、桜の季節恒例の「今井の桜」です。柏市街地の花の盛りから少し遅れて満開の時期を迎えるため、今週末が見頃と踏んでおりました。さぁ、行くぞ!今井の桜に!!

頭に浮かんだコースは、手賀沼CRから手賀の丘公園を抜け、今井の桜の西端に至るというもの。それで帰りは、旧沼南町の里山で散りゆく桜を惜しみながら家路につく。風流だねぇ〜(笑)。

ところが、手賀沼に出たら向かい風(泣)。しかも、結構強い。手賀沼の水面なんか白波が立っちゃってます。いつもならここで方向転換して追い風を求めて彷徨うことになるのですが(苦笑)、今日は今井の桜という時期を外せない目的地があるのです。辛くても前に進むしかありません。ヒドリ橋辺りに差し掛かったとき、ふと、こんな言葉が口を突いてでました。

「いやぁ〜、風が強いなぁ〜。.....か、風が、強い、だって??....今井の桜、散っちゃうじゃん!!」

気づくの遅すぎ(苦笑)。

今日の相棒は、MTBです。

CIMG7685.JPGCIMG7689.JPGで、向かい風が強いのでヘタレました(爆)。だって、手賀沼CRは風がモロ正面なんだもの。こういう時は、住宅地を進むのが楽です。ということで、蓮の群生地のところでCRを降り、先に旧沼南町の散りゆく桜を楽しむことにしました。

が、ほとんど散ってんじゃん(泣)。今日の風で一気に桜の花が落ちてしまったようですね。比較的咲いていたものもありましたが、ほとんどが葉桜一歩手前状態です。こんなものを目にしてしまっては、今井の桜も心配です。あそこは金山落沿いで、東からの風は何の障害物もなく吹き抜けます。

CIMG7691.JPGCIMG7693.JPGやばいかも、と一抹の不安を覚えながら、手賀農免道路向かって斜面を降りて行くと、今井の桜が目に入ってきます。

「桜色が.....薄い.....」

昨年、一昨年と丁度満開の時期が週末と重なったので、あの美しい桜色のベルトが目に焼き付いているのですが、今年は明らかにその色が薄い。

このところ続いた五月上旬並みの気温に散り際が早まったのか、はたまた今日の風で一気に散ってしまったのかは分かりませんが、ちょっとこれは残念です。まぁ、自然が相手のことなので、満開が毎年週末とぶつかるということはどだい無理な話なのですが。

CIMG7710.JPGCIMG7696.JPGしかしながら、そこはさすがの今井の桜。金山落にハラハラと舞い落ちる桜の花びらと、落ちた花びらが金山落を漂うという風情ある風景を醸し出してくれます。流れが滞ってところでは桜の花びらで埋まって桜色に染まり、流れがあるところには花びらが点々と。そんな光景が交代ごうたいに観ることができたのです。

これはさすがに満開の時期に訪れたのでは観ることの出来ない風景です。これはこれで、十分満足できるお花見になりました。

ところで、今井の桜、やっぱり良いですね。今日も多くの方がお花見にいらしていたのですが、飲んで騒ぐような輩もいなければ、花見につきものの屋台なんかもありません。訪れる人はみな散りゆく今井の桜の風情を楽しまれているようでした。

CIMG7702.JPG

帰りはもちろん追い風。白波のたつ手賀沼を横目に、気分良く手賀沼CRを走ることが出来ました。

さて、明日は東葛人さん主催の第6回東葛ポタです。初めての方も、そうでない方も、よろしくお願いします。目的地は印旛村にある「吉高の大桜」!昨日の金曜日、印旛村のHPをチェックすると満開になったとレポートされておりました。

きっと明日は満開の大桜を観ることができ.....るのかぁあ?今日の風の影響が心配だぁ!

知りたくないので、印旛村のHP、見ない!

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:今井の桜からの帰路、向かい風(手賀農免道路で浅間橋)と坂(最短ルートで手賀沼戻り)、どちらを選ぶかで坂を選びました(苦笑)]
18959.jpg

posted by IKAWA at 22:34| Comment(6) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

清龍院のしだれ桜を訪ね、東漸寺を訪ねました。しだれ桜の名所がここにもありましたっ!(ただし、時期はずれ(苦笑))

まさに春爛漫といった日曜日です。春といえば桜ですが、開花はしていても満開までの歩みがいつもより遅れているようです。でも、やはり桜を観たいということで、出かけました。

今日の相棒は、MTBです。

CIMG7638.JPGCIMG7642.JPG昨夜アップされた東葛人さんのブログによると、清龍院のしだれ桜がいま盛りとのこと。なるほど、これは外せません。色々な方が桜の開花状況をレポートして下さるので本当に助かります(笑)。

清龍院に着いたところ、多くの方がしだれ桜の観賞に訪れていました。もちろん車でいらしている方が多いのですが、驚いたことに一台帰ったと思ったら、またすぐに一台車が入ってくるといった具合に、まさに途切れることなく見物人がやってきます。自転車に乗るまで清龍院のことなんか全く知らなかった僕ですが、あらためて有名な桜なんだと驚きました。

で、しだれ桜ですが、これはもう見事!としか言いようがありません。しだれ具合が何とも美しい。どの場所から観ても絵になり、心が洗われるかのようです。昨年も観たものの、全く初めて観たかのような感動を覚えました。

CIMG7646.JPG

さて、次の桜の名所、と行きたいところですが、満開まで時間がありそうなので今週はとりあえずパス(笑)。来週の土曜日辺りに散策したいと思います。(散ってたりして(汗)。)

CIMG7678.JPGということで、向かったのは北小金の東漸寺(とうぜんじ)です。

実は、朝の通勤で上野方面に向かうとき北小金駅の手前で外を見ると、高台にある雑木林の上にでっかい屋根が見えるのについ最近気づきました。何年も通勤しているのになぜ気づかなかったのか不思議なのですが、本当につい最近気づきました。それで、あの屋根は何なのかとGoogle mapで調べてみたら東漸寺だったのです。これも何かの縁、一度訪ねないと、というわけです。

東漸寺の参道を入ると、えらく人が多い。聞こえてくる話を総合すると、どうやらここも近隣の方々の桜の名所らしいです。おぉ、これはもうけもんです(笑)。

CIMG7660.JPG本堂の前に着くと、ここにもしだれ桜がありました。清龍院のしだれ桜を観た後だけに、ちょっとインパクトが弱いです。桜の花も盛りを過ぎてしまっているようです。

ただ、こうして比較してみると清龍院のしだれ桜は明らかに女性的な艶っぽい美しさがありました。東漸寺のしだれ桜は枝振りから男性的な力強さを感じます。同じしだれ桜でも随分と伝わってくるものが違うものです。

ところで、帰宅後に東漸寺のことを調べてみて驚き。開創から500年以上経つ浄土宗の名刹でした。江戸初期に関東十八檀林に選ばれたりしています。関東十八檀林には、都内芝公園の増上寺も含まれているそうなので、それと同格なんですね。(「関東十八檀林」についてはWikipediaで調べました。)それとしだれ桜は300年の歴史があり、関東地方では早めに咲くしだれ桜なのだそうです。

ということは、僕は完全に時期を外してしまったわけですね(苦笑)。これは勿体ないことをしました。いつかは満開のしだれ桜を観てみたいものです。

それにしてもこの参道、住宅街にあるにしては山門が二つあるほどに長く、きちんと整備されて厳かな雰囲気が漂っています。さすが歴史のあるお寺さんです。しだれ桜は盛りを過ぎてしまいましたが、それ以外の桜は今が盛りといったところです。

CIMG7668.JPGCIMG7670.JPG

いいですね、こういうの、落ち着きます。林のなかに一本だけ咲く桜というのも雰囲気があって良いものですが、寺と桜、なかなか良い組み合わせです。いやー、日本に生まれて良かった(笑)。

さて、最近お寺に行くとなぜか"お言葉"を写真に納めております。東漸寺で見つけた"お言葉"です。

CIMG7681.JPG

ありがたや。
(ー人ー)

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:お気に入りの前ケ崎の斜面林沿いの道]
18825.jpg


posted by IKAWA at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

昨夜は職場の歓送迎会。飲んでのんで、案の定(苦笑)。

職場で歓送迎会がありました。場所は都内の職場近く。一次会はつつがなく終わり、二次会へ。

終わった記憶がありません(爆)。

山手線に乗った記憶がありません(爆爆)。

常磐線に乗った記憶がありません(爆爆爆)。

記憶があるのは、柏駅から自宅に向かってフラフラと歩いているところです。腕時計を見たのですが、午前二時を回ってました。「終電がとっくに終わっているこの時間に、なぜ自宅に向かって歩いているのか??」と訳が分かりませんでした(苦笑)。

もちろん、今日は二日酔いで、昼まで爆睡。調子が戻ってきたのは15時を回った頃でした。
orz


そんなわけで、自宅近くの柏公園に桜の開花状況の確認に、"徒歩"で向かいました。

CIMG7635.JPG

いま一歩ですね。この調子だと満開になるのは、来週中頃というところでしょうか。

来週、はらはらと舞い散る桜に期待、ですかね?



posted by IKAWA at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。