2008年09月28日

彼岸花を求めて捲土重来。持法院を訪ねましたっ!

彼岸花とは、植えるものなのです。皆様、ご存じでしたでしょうか?なんでも、彼岸花の根に毒があって、モグラなどの動物から畦道を守るために意図的に植えているのです。

だなんてしたり顔で話していますが、一年前のこのワタシ、その事実を知らず手賀沼近辺を走り回り、どうしてわざとらしく植えているものばかりなのだろう?と不思議に思ってこのブログにアップしたところ、彼岸花は植えるものだとspiritさんからコメントを頂いたのでした(笑)。彼岸花を長いこと見てきましたが、この歳になるまでその事実を知らなかったとは大恥です。
(*-_-*)

今日の相棒は、MTBです。

さて、昨年手賀農免道路沿いにある持法院に、"植えられている"彼岸花を見るために向かったのですが、時期を完全に外してしまい撃沈。一年間待ちわびての再訪となりました。

着いてビックリ。

CIMG6704.JPG
CIMG6682.JPGCIMG6700.JPG

見事な彼岸花の群生です。辺り一面真っ赤っかです。というか、持法院の周りだけ真っ赤っかです。

CIMG6680.JPGCIMG6686.JPG持法院の彼岸花は相当有名らしく、僕がうろついている間に散策されている方数名、更に一眼レフのカメラで写真を撮られている方も2名ほどおられました。(で、僕はショボイデジカメです(笑)。)これだけ見事で、奥に持法院の山門があるとなると絵になりますものね。カメラ好きの方には良い被写体です。

そして今年もありました!白い彼岸花が!本数は少ないですが、赤い彼岸花のなかにポツリポツリと咲く白い彼岸花はとても良いアクセントになってくれます。そういえば、「ぐるっと流山」の9月5日の記事で目にしたのですが、黄色い彼岸花というのもあって、利根運河の水辺公園に咲いていたらしいです。それで黄色い彼岸花はないものかと探してみたのですが、残念ながら見あたりませんでした。黄色い彼岸花って、相当珍しいものではないでしょうか。

CIMG6694.JPGCIMG6692.JPGさて、持法院の境内や墓地をウロウロしていたら、柏市文化財の看板がありました。柏市指定文化財の「如意輪観音像」がこの建物のなかに鎮座されているそうです。通常は非公開だそうですので、当然拝見することはできません。

それでその説明によると、持法院の建立にはかつてこの地に大きな勢力を持った「相馬一族」が関係していたとのこと。「ほほー、相馬一族がねぇ」(←まだよく分かってない(苦笑))とその場を立ち去ろうとしたとき、六体の地蔵様が目に入りました。その横にある「修復開眼供養」の碑を見て驚きました。

「相馬さんだらけじゃないか!」

当たり前といえば当たり前ですが、相馬一族は現代に至るまで脈々と続き、持法院と繋がりを持ち続けていることが、よーく分かりました。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:持法院に向かう道]
16438.jpg

ん?去年も同じ道で写してる。進歩がないですねー(苦笑)。


posted by IKAWA at 22:27| Comment(6) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

柏市大井の福満寺横の神社を訪ねました。神社の名前はやっぱり...ですっ!

土曜日午前中は、恒例の整形外科での頸椎症の治療に行ってきました。どうやら「痛み」に対する治療は今週一杯で終わりになって、その後は痺れに対する治療になるようです。順調に回復してはいるようです。よかった、よかった。

今日の相棒は、MTBです。

首と腕に注射をしたので、しばらく柏駅前をうろついて、帰宅後軽く走りにいきました。

向かった先は柏市大井です。以前、福満寺を訪ねた際、すぐ横に神社がありました。なんとなくですが、気になっていたのです。気になった理由、それはただ単に「寺(仏教)と神社(神道)がなぜ並んでいるのだろう?」ってことだけです。その理由を解明してやろうじゃないか!だなんて探求心はありませんが(笑)、僕的にはとても不思議な空間なのです。

CIMG6656.JPGCIMG6663.JPGそれで、その福満寺の隣にあったのは香取神社でした。

でた!香取神社!!どこに行っても神社といえば香取神社です。その理由を解明してやろうじゃないか!なんて探求心もありませんので、日本古代史好きの歴史ヲタがいらっしゃいますので、その方にお任せします(爆)。

それはさておき、大井の香取神社は昭和50年と言いますからいまから33年前に社殿を改築したそうで、その記念の碑が建っていました。そこに書かれているものを読んでみると「元和年代以前からのこの大井の鎮守」と書かれています。「随分昔というのを言いたいようだけど....元和年代っていつさ?」とチンプンカンプン。全くのバチ当たりです(苦笑)。

CIMG6659.JPGCIMG6658.JPGでも、何本もの木が絡まっているかのような木があったりするあたりは、確かに歴史ある神社なのだろうと思えます。面白かったのは、神社参拝前に手を洗ったりする柄杓が、水が出ている竜の彫刻に立てかけてあるところです。なんだか、柄杓で竜をボコボコに殴っているかのように見えてきてしまいました。うーん、とてもマンガチックで、またしてもバチ当たりな発想です(苦笑)。

と、あまりにバチ当たりな事しか考えつかないので、そそくさと退散です(笑)。以前走った大津ヶ丘のジェーソン横の16号のアンダーパスを抜けて大津川方面に向かいました。

CIMG6666.JPGCIMG6669.JPG大津ヶ丘第一小学校脇の道路を大津川に向かって下っていく道路からは、正面に増尾のニッカウヰスキー柏工場の煙(水蒸気?)が見えます。風情がある訳じゃないけれど、風にたなびく煙を見ていると気持ちが和らいできますね。

大津川沿いの田圃では、刈り取られた稲が行儀良く正座していました。まだ稲刈りの最中の田圃もありますが、きっと今週末で稲刈りも終わるのでしょうね。そういえば、今日の空気は完全に秋の空気。からっとしてとても過ごしやすいです。

明日は、彼岸花を観に行こうかと考えています。昨年、時期を外してしまったので、再挑戦です。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:大井の香取神社]
16396.jpg


posted by IKAWA at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

比較的今日は調子が良いです。なので、手賀沼をリハビリライドしてきましたっ!

頸椎症からくる腕の痛みもほぼ無くなり、昨日の月曜日辺りから痺れもほとんど意識しない程になりました。基本的にこの症状、頸椎のゆがみで圧迫されている神経が、圧迫に"慣れる"まで薬でごまかすしかありません。"慣れる"....って凄いな、人間の身体って(爆)。

そんなわけで、比較的調子が良いので手賀沼をリハビリ走行してきました。

今日の相棒は、MTBです。

CIMG6631.JPGCIMG6635.JPGこの前手賀沼に来たときは、蓮の群生地で引き返したのですが、今回は浅間橋まで行ってみようと考えました。肩と腕の痛みが酷かったとき、MTBなら大丈夫じゃないかと曙橋を越えたのですが、曙橋から先の微妙なデコボコが腕にジンジンときて、きつかったのを覚えています。じゃぁ今はどうなのよ?ってわけです。結論から言えば、この程度のデコボコなら問題ないぐらい全然改善しています(笑)。

それにしても手賀沼の秋は美しいです。水位も下がり、染井入落の河口にある砂嘴(さし)も顔をだしました。田圃の稲が刈られ、この砂嘴を見ると秋がきたのだなと思います。

CIMG6639.JPGCIMG6641.JPGさて、難なく浅間橋に到着です。なんだか引き返すのも勿体ない。(あれ?リハビリだったのでは....。)ここまで来たのならついでだ、と手賀川沿いのサイクリンロードの状況を確認しに行くことにしました。最後に来たときはまだ工事中で、その後どうなったのか知らないのです。浅間橋を左岸に渡ってすぐのところにある未舗装は相変わらずです。しかし、土手下の道路は、随分前は不愉快な白い砂利が敷き詰められていましたが、すっかりきれいに舗装されていました。

対して、土手の上のサイクリングロードの終点は、またしてもというか、やはりというか、予想通りというか、中途半端に終わっています。はっきり言ってですねぇ、土手下の道路がきちんと整備されてしまっているので、こちらの方がサイクリングロード状態です(笑)。なんだか土手の上にサイクリングロードを作る意味が無くなってきてますね。とはいえ、土手下の道路は自動車も走りますので、安全のためにも(眺めも良いですし)土手の上を引き続きサイクリングロードとして整備していただきたいです。

それで手賀沼終末処理場の所まで来たものの、このまま同じ道を引き返すのも勿体ない。どうせなら違うルートで曙橋まで戻ろうと思い立ちました。(あれ?リハビリだったのでは....。)はたとひらめきました。「そうだ!今日はMTBじゃないか!去年のGWに走ったあのルートで戻ろう!」と。

CIMG6642.JPG実は昨年のGWに「白鳥のショー」の興奮の余り、ボツにしたネタがありました。「未舗装道路で布佐を目指そう!」です。このときは手賀沼フィッシングセンターの北側にある野球場の裏手にある、柏市と我孫子市の境となる用水路があります。ほぼまっすぐで、その用水路沿いに延々と布佐高校に向けて走ったのでした。今度は逆に走ってみようということです。

でも、どうして一年半もその道路を走らなかったのかな?と自分で不思議に思いました。が、その道路を走りだして10分も経たないうちにその理由を思い出しました。

とても単調なのです。正面に野球場のネットが見えてはいるのですが、漕いでも漕いでも近づかない(笑)。まっすぐ過ぎて、飽きてきます。というか、機械的に脚を回しているような気がしてきて、眠くなってきます(苦笑)。

それで、眠気覚ましに

CIMG6649.JPG

CIMG6651.JPGそれに、広い道路は砂利道で、MTBとはいえ走り心地の良いものではありません。確か用水路の南側は砂利ではなく土の土手だった、まだ走りやすいだろうと橋のところで移ろうをしたら、土手は草ボウボウ。意を決してとりあえず突っ込んではみたものの、膝まで伸びる雑草にあえなく断念。引き返してまた砂利道をジャリジャリと音を立てながら走ることになりました。

素朴な疑問です。舗装道でまっすぐな道路であれば「きゃーきゃー」と走れるのですが、未舗装でまっすぐな道路は苦行でしかありません。なぜなのでしょう?

それでも、まぁ、そんな"苦行"をこなした後、手賀沼に帰ってきたら、とても美しい秋空を見ることができました。これで帳消しかな。

CIMG6652.JPG

そんなこんなで帰宅後、ふとしたときに、腕に「じわわ〜」と痺れが走ったのでありました。油断大敵。

痺れがとれるのは時間がかかるよ、とお医者様が言っていたのを思い出しました。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:この辺り(単調過ぎて場所の特定ができません(笑)。)]
16351.jpg

posted by IKAWA at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

本を二冊購入しました。

台風一過の昨日の土曜日は、午前の遅い時間に病院に行き、例の注射を首筋にちゅーっと打ってもらって、その後「天気の良い日に駅前を歩くのは久しぶりだから」と柏駅近辺をウロウロしていました。

それで帰宅してテレビをつけたのが運の尽き。何気なくチャンネルをあわせたディスニーチャンネルで「リロ・アンド・スティッチ」をやり始めたじゃありませんか!最近「スティッチ!好きっち!」てな具合に、スティッチにはまり気味なのです(苦笑)。(こんな事を書くと、また”アニヲタ”って言われちゃうよぉ〜(汗)。)

見終わった時刻は夕方五時近く。今から走りに行ってもなぁと走りに行かずでした。

で、今日は漕ごうと思っていたのですが、12時頃には雨が降り出して断念です。というか、なんと目が覚めたのは11時半で、目が覚めてすぐに雨が降り出しました。午前7時過ぎにあった地震にも気づかず爆睡していたのです(苦笑)。

CIMG6628.JPGCIMG6630.JPGところで、この週末、本を二冊購入しました。一冊は青木更吉さんの「小金牧を歩く」。野馬土手を手がかりに小金牧の歴史に踏み込んだものです。そしてもう一冊は、青木更吉さんと一緒に南柏の"日本一の"野馬土手を残そうと奔走された相原正義さんの「柏 その歴史・地理」です。もちろん、野馬土手に関する記述も多く、南柏東口の野馬土手が崩される様子も記述されています。

自分がいま住んでいるところの歴史を知るのはとても面白いです。もちろん、ポタネタにもなるわけですが(笑)、しばらくはこの二冊を読んでこの地の歴史を勉強させていただきます。


posted by IKAWA at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

台風13号(SINLAKU)

週末、関東直撃か?

参照ページはこちら

またずいぶんとマニアックな台風情報です。それもそのはず米国海軍関係のサイトらしいです。(←ブックマークするならこっちのリンクです。)

この台風情報の面白いところは、左端の台風名の横にある赤地に白抜きの [KML] ってところをクリックしてダウンロードされたファイルを起動すると、Google Earth(クリックするとインストーラーが勝手にダウンロードされちゃうかもです)にこれまでの台風の進路が表示されるところです。

これもマッシュアップってやつ?

ところで、「"Environment"のところって何を書いているの?」とか、「"Sensor”の表ってどういう意味?」とか、

一切聞かないで下さい。



posted by IKAWA at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

今日は「中秋の名月」です。

CIMG6624.JPG

いまは雲に隠れてしまいましたが、夜の早い時間には素晴らしい満月を見ることができました。

月を見ていると何だか落ち着きます。なんだかんだと世知がない世の中。たまには月をじっくりと見つめるのもある意味”癒し”なのかも知れません。
# 写真はぱっとしませんが。デジカメの限界か(苦笑)。
posted by IKAWA at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

久しぶりに手賀沼を走りましたっ!...え、「野馬木戸」?

毎週土曜日の午前中は病院に行って、首と右腕に注射をしてもらい頸椎症の治療をしています。腕に注射をされるのは何度となく経験していたことなので何ともないのですが、首への注射はやはり怖いです(笑)。首がチクリとして、すぐに何かが頸椎の近くに注入されているのが分かります。と同時に目から水がピューッとでるんじゃないかというような感覚に襲われます。なんなんだこれは(笑)。

そんなわけで、医者から戻ってしばらくは自宅で安静にしているので、走る時間があまりとれません。首に負担をかけないよう「普通の人の日常生活の範囲内で」自転車にのってみよう!ということで、手賀沼を走ってきました。

今日の相棒は、MTBです。

CIMG6608.JPGCIMG6615.JPG手賀沼には久しぶりにきました。この前来たときは稲穂に米がなり始めたころではなかったかと思いますが、既に刈り取りが始まっていました。自宅に閉じこもっているのでは分からない季節の移ろいを感じることができて、なんだか新鮮な気持ちになりました。

そういえば、稲刈りの様子を散歩の足を止めて稲刈りの様子をご覧になっている方が何人かいらっしゃいました。きっと皆さん、そういう季節なんだね、って話をされていたのかも知れません。

CIMG6610.JPGCIMG6614.JPG今日の目的地は蓮の群生地です。自転車を駐めて木橋を歩き始めてびっくり。木橋に草が絡まって、まるで全くメンテされていないうらぶれた観光地の木橋です(笑)。

群生地には、さすがに花は一輪も咲いていませんが、ここでも季節の移ろいを感じることができました。夏が過ぎ、手賀沼の水位が下がって蓮の足下が見えるようになりました。いまはまだ蓮の葉の緑を保っていますが、近いうちに枯れて茶色になり、水面が見えてくるようになるのでしょう。

ここから帰路につきましたが(ほら「普通の人の日常生活の範囲内」でしょ)、気になることがあったのでそれを探しに行くことにしました。

ある地図を見ていたら「小字(こあざ)」の表記があるのに気づきました。へぇー、面白いなぁ、と思っていたら「え!」と驚く小字の名前を発見しました。その小字の名前は「野馬木戸」です。

手賀沼ふれあいラインと国道16号の交差点、つまり桜台の交差点のところに柏第五小学校がありますが、丁度その一帯の小字が「野馬木戸」というのだそうです。いまの一般的な住所表記では柏市柏○○番地(丁目なし)のところなので、これまで全く知りませんでした。野馬木戸というと街道が野馬土手を横切るところにあるものと理解しているので、なんでこんなところにこんな地名がついているのか不思議でなりません。ここから一番近い野馬土手があった場所というと、いわゆるレイソル通りです。全然離れているのですよ。

CIMG6623.JPGそれで、なんだか分からないけど、とにかく野馬木戸という小字が存在することを証明してくれるものはないかと探してみたかったのです。今日、探した範囲では一個だけ見つけました。柏市の施設の表示板です。

確かに「柏市柏字野馬木戸」。うーん、不思議だ。

話は元に戻って頸椎症の状況ですが、かつての痛みはほとんど無くなりました。とはいえ少し残っていますが、顔をしかめる程ではありませんので随分と楽になりました。ただ、人差し指の痺れがまだ残っています。こうしてキーボードで文字を打つのにもタイプミスが多くて効率があがりません(涙)。それに、例えば、Macのディスプレイを前のめりになって覗き込むような格好をすると、右腕肘の辺りから人差し指にかけて、まるで線香花火が腕を這っているかのような痺れが走ります。こいつが曲者です。が、症状が酷い人だと箸も持てないそうですので、まだ僕の症状は軽い方なので幸運でした。

でも、早く治ってくれないかなぁー。ってか、やだなー、老化現象って。(←まだ拘っている(苦笑)。)

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:蓮の群生地]
16274.jpg

posted by IKAWA at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

実家から「すだち」が届きました。

土日しか料理しないんですけど。

使いきれねぇ〜!!

CIMG6606.JPG

でも、食ってやる(爆)。

焼き魚にすだちをかけると絶品です。さんまの塩焼きのお供にこいつは欠かせません。レモンだなんてちゃんちゃらおかしい!

冷や奴にすだちをかけて醤油をかるくかけたもの、それだけでご飯をお代わりできます(笑)。

油っこい肉系にもぴったりです。さっと絞って口に運ぶだけで、爽やかな風味が口いっぱいに広がります。

あぁ、初秋ですね。


posted by IKAWA at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

なんてことだ。日本一の野馬土手が怯えていますっ!

CIMG6594.JPG先週の土曜日にあった豪雨の被害をネットで調べていたときです。こんなことが書かれているのが目に入りました。「豊四季第一緑地に住宅を造る計画があり、既に木々の伐採が始まっている。」

....豊四季第一緑地って、あの「南柏にある日本一の野馬土手」がある、あそこじゃないか!

驚きました。30棟の住宅を造そうなので相当の面積が開発されるはずで、これが事実とすれば、あの野馬土手でさえ危機な状況に晒されているのかも知れません。

今日の相棒は、MTBです。

午前中に医者に行って頸椎の痛み止めの注射をしてもらい、首に負担をかけないよう気をつけながら南柏に向かいました。

CIMG6595.JPG「日本一の野馬土手」のある豊四季第一緑地につくと、冒頭の写真のようにいつもと変わらない野馬土手の表情がそこにありました。「なんだよ、ガセかよ」と安心し、大土手から小土手進んだとき、緑地の木々が伐採されている光景が目に飛び込んできました。ここの野馬土手は、緑地の木々と相まってその存在感が「日本一」であると思っていただけにとても残念です。

急いで近づくと、野馬土手の目と鼻の先まで木々が伐採されているのが分かりました。いや、正確には、小土手の木も一部伐採されていました。おそらく、宅地側に木が傾いていたために伐採されたのかも知れませんが、小土手の裾の方に重機のキャタピラの跡が刻まれていることを見逃しません。

CIMG6597.JPG無惨だと嘆きながら写真と反対側にも伐採風景にカメラを向ける方が....東葛人さんです。実は、「南柏の日本一の野馬土手が大変なことになっているかも知れない」と記事を見た後に東葛人さんにメールで連絡をしていたのです。示し合わせた訳ではないのですが、"引きの強い人"に引かれたのか(笑)丁度鉢合わせました。

無惨ですよねぇと話をしていたら、通りがかった方が声をかけて下さいました。何でも、地主の方とお知り合いだそうで、話を伺ったのですが、やはりやむにやまれぬ事情があったようです。地主さんにしてみれば。土地を緑地として持っていて何のメリットもありません。こちらは外野ですので、何も言うことはできませんが、このような緑地を緑地として残すために、何らかの保護、すなわちメリットを与える必要があるのではないかと強く思います。

野馬土手は大丈夫なのでしょうかとその方にお聞きしたところ、「土手は残ります」とのこと。良かったです。その方は、木が伐採されたことで風の流れが変わることを心配しておられました。そうか。風のながれが変わって、木の枝が折れたり、最悪木が倒れることがあるかも知れません。(この緑地の木は15mほどあります。)それを避けるために、また木が伐採されたりするかも知れません。そうして緑地が無くなっていくのでしょう。

CIMG6600.JPGCIMG6602.JPG野馬土手が残ると分かって、少し安心したところで「日本一の野馬土手」のすぐ近くにある別の野馬土手の場所に東葛人さんをご案内しました。僕も初めて行ったのですが、かつては「日本一の野馬土手」に接続する土手で、現在ではぶつ切り状態ながらもその形を留めているという土手です。

ぶつ切りにされたところには住宅が建っていたり、駐車場の入り口になっていたりします。東葛地域には、このような形でまだ野馬土手が残っているところが、確実に少なくなっていはますが、まだ現存します。しかし、それが野馬土手であるという説明も何もないまま、住民の方も存在を知らないままになっていることが多いのではないかと思います。

小金牧の遺構である野馬土手、江戸時代からそこで生活している人間を見守り続けている野馬土手を、少しでも長く、良い状態で残していって欲しいものですね。

今日も、楽しかったですっ?
[撮影場所;新富町の野馬土手]
16234.jpg

posted by IKAWA at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。