2008年08月31日

The Marine Express

いま、「24時間テレビ」をやってますね。

24時間テレビといって思い出すのは、はじまった当初には手塚治虫先生のオリジナルアニメを日曜日の朝10時から2時間にわたって放送されていたことです。手塚治虫先生を「日本史上最大の天才」と尊敬している僕は、毎年その放送を楽しみにして、毎年欠かさず....見られませんでした(涙)。

当時は小学生の高学年から高校生に至る時期でしたが、夏休みにもかかわらず"全校登校日"ってのがあったのです。それがなぜかこの放送日に必ずヒットしていたのです(大泣)。全校登校日ったって大したことをやるわけじゃないですよ。体育館に集まって校長先生の話を聞いて、校庭の草取りとかやってました(笑)。なんで放送日にこんなことをやらなきゃいけないんだって涙目でした。僕が手塚先生の大ファンだって知っている友人からは「お前は休むと思ってた」と言われたぐらいです。えぇ、そりゃ根がマジメで素直だから(←ここ、太字ね)来いと言われりゃいきますさ。でも、心のなかじゃ「今年もかよ」とはらわたが煮えくりかえっていたものさ(爆)。

それはさておき、その24時間テレビのアニメのなかで、手塚先生のファンの間で最も評判が高いのは間違いなくこれ。

「マリン・エクスプレス」でしょう。

1989年2月9日に手塚先生が亡くなった後(僕は手塚先生の訃報を聞いて、3・4日ほどショックの余り冗談なく寝込んでしまいました)、日本テレビで追悼番組として放送されたのは確かこのアニメだったと思います。

この記憶が確かであれば、日本テレビの選択はこれしかなったと思います。なぜならば、手塚先生の生み出したキャラクターのオンパレードで、ファンならずとも「このキャラ知ってる!」と大喜び間違いなしなのです。キャラクターを役者とみなして、あらゆるストーリーに登場させるという「スターシステム」の真骨頂なのです。これは手塚先生のファンにとっては、悶絶ものです(喜)。
# で、最近DVDを買いました(大喜)。

あらすじをご紹介したいところですが、どうにもうまくまとまりません(苦笑)。テーマも深いのですが、まとまりません(再苦笑)。ご容赦下さい。が、僕は「便利になり都市化が進むことで、自然や文化が破壊される。これは本来あるべき姿なのか?幸せということなのか?いま一度考えてみよう」というところにあったように思います。

おぉ、これっていまでいう「エコ」じゃないか。(なんだか胡散臭いぐらい安っぽい響きだなぁ。)

さて、ここでご紹介する動画にはたくさんの手塚先生のキャラクターが登場します。皆さんはどれだけ分かるかな?

僕は全員分かりますよ(鼻高々)。以下、登場順に書き出しちゃいます。

ー レッド公
ー お茶の水博士
ー ピノコ
ー 伴俊作(ヒゲオヤジ)
ー ブラック・ジャック
ー アセチレン・ランプ
ー ショコラ
ー 丸首ブーン
ー ハムエッグ
ー 佐々木小次郎
ー ロック
ー アトム
ー スカンク草井
ー 写楽保介
ー ドン・ドラキュラ
ー サファイヤ
ー 田鷲警部
ー ノタアリン

♪ The Marine Express



ここで紹介したYouTubeの動画には登場しませんが、本編ではほんの一秒ほど登場する、手塚先生のアニメやマンガで忘れてはならないヤツがいますね。

こいつです。

CIMG6593.JPG


無茶苦茶癒されるなぁ(爆)。






posted by IKAWA at 02:24| Comment(16) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

肩から腕にかけての痛みの原因判明!

右肩から腕にかけての痛み、そして人差し指の痺れの原因が判明しました。

先週水曜日に職場近くの整形外科に行って診てもらったのですが、どうにも痛みが引かず、我慢できずに今朝柏市内の整形外科に行ってきました。

結果、四十肩....ではなくて(笑)、首に原因がありました。首の骨は上から順に第一頸椎、第二頸椎と名前がついていて、第七頸椎まであるそうです。レントゲンを撮ったところ、第六頸椎と第七頸椎の間が狭くなっていて、その間にある神経を圧迫しているのが原因とのことでした。圧迫されている神経は右腕に延びており、まさに僕が痛い肘、そして人差し指の辺りに至るものだそうです。

うーん、説明しづらい(苦笑)。ということで検索してみたら分かりやすい説明がありましたので、こちらの説明を参照下さい。まさにコレです。

職場近くのお医者様に「首の骨が変形している」と指摘さえたのですが、つまりそいつが原因だったようです。ってなわけで、首のところに注射をしてもらいました。しばらく土曜日の朝は医者通いをすることになりそうです。金曜夜恒例の「自宅で泥酔→自爆→午前10時半起床コース」も暫くお預けです(涙)。

それにしても、上のリンク先の説明は凹みますね。いわく、「中年の男性に多い」「椎間板の変性(老化現象)」だって!!いちいちグサッとくるのですが、順調に歳をとっているという現実を突きつけられてます(苦笑)。

とどめは「本人が五十肩だと間違える場合があります」だそうです。

あいやぁー、全てお見通しぃーー!(顔真赤)

ところで、今日は非常に天候が不安定とのことなので、午後はずっと自宅待機しているのですが....いまのところ柏市は全然降ってきませんねぇ.....。東の空や西の空に真っ黒な雲が垂れ込めているのは見えるのですが。柏市だけ避けて通られているようです(笑)。と油断させておいていきなりくるのかも知れません。なんせ"ゲリラ雷雨"っていわれているぐらいですから。

posted by IKAWA at 16:13| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

四十肩復活!?(涙) でも、MTBならいけるかも知れません。

8月16日のエントリーで「この前までのあの痛み、辛さがウソのようです」と書いたのですが、その次の日からそれが「ウソ」のようにまた右肩から腕が痛み始めました(泣)。水曜日には職場近くの整形外科に行って鎮痛剤(飲み薬)を処方してもらいました。素直に毎食後薬をのんでおります。
# 病院では四十肩との診断はありませんでした。ただ、痛みがあるってことだけです。

で、今日ですが、テレビでケーブルテレビのJ-COM東関東 910CH のデータ放送「ウェザーニュース(WNI)」をチェックしてみたら、午後から雨とのこと。大変涼しいのですが、腕の痛みもあるので漕ぎに行くのは自粛です。

それで、自宅でウダウダしていたわけですが、午後三時をまわった頃にクリーニング店にMTBで向かいました。

これが意外と快適です!これまでクロスバイクで走って腕にビンビンに衝撃がきていたのですが、MTBだとそれほどでもありません。腕が痛いからと舗装道にもかかわらずフロサスを効かせたから?理由はそれだけではないようです。

家を出る前にMTBのタイヤを触ってみたら、明らかに空気の入りが甘くなっていました。でも、そこまで行って帰ってくるだけだから、とそのままクリーニング屋に向かったのです。どうやらこれが良かったようです。

腕にくる衝撃には二種類あって、ひとつはハンドルから腕に直接くる衝撃です。もうひとつはサドルから尾てい骨、肩胛骨を伝わって腕に伝わる衝撃です。実は後者が前者に比べて、ダメージが大きかったのです。クロスバイクに乗っているときの対策は、道路の段差があるところではサドルから腰を浮かすことでした(笑)。このタイミングがずれると「おお」と思わず声を出してしまうような鈍痛が腕に走るのです。

空気の入りが甘くなっていたことで、うまい具合に道路の凹凸を吸収してくれて、サドルの振動を小さくしてくれていたのではないでしょうか。クロスバイクだったら空気の入りが甘いとそれだけで気分が萎えてしまうものですが、MTBであれば許容範囲です(笑)。

遠乗りはできませんが、近場だったら何とか走れるかもしれません。さっそく明日試してみ....え?天気が悪いのですか?

そ、そんなぁ...。

posted by IKAWA at 23:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

張震嶽が久々に映画出演。それにライブも!...でも、行けねぇ(号泣)

5年強に渡る心強い阿嶽ファンであり、中華ヲタであり(笑)、台湾の大学院への留学することは決まっていますが、それまでは日本国内においてはニート状態(爆)の Toshichang のブログで知りました。

阿嶽が久々に映画に出演するそうです。脇役ですが、映画に出るのって「超級公民」以来じゃないか。

日本じゃ公開されないでしょうけど、機会がありましたら、ご覧下さい(って、どんな機会があるというのだろう)。
# 下の予告編では02:00辺りにチラッと出てきます。(似た名前の「張震」と間違えないように!)



それと、8月23日に台湾でライブ! MTV主催のライブ!!

行けねぇぇぇぇぇぇぇぇーーーー!

MTVーJapan じゃないから、日本で放送もされねぇぇぇぇぇぇーー!(大泣)

来来、日本!!阿嶽!!(切実)


posted by IKAWA at 23:06| Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

積乱雲に驚愕し、すぐ引き返してきましたっ!(泣)...四十肩の状況は(喜)。

こいつは「復活」の兆しかも知れません。

さんざん苦しめられた肩の痛み、そして肩の痛みの影響と思われる肘の痛みが、かなり和らぎました。突然です。肩を廻すと、これまでなら「ゴリゴリッ」と音が聞こえていたのですが、今日は「コリッ」という小さな音だけ。「ゴ」と「コ」、濁点があるかないかで大違いです。肘の痛みもそうたいしてありません。この前までのあの痛み、辛さがウソのようです。天と地、天国と地獄の差です。

そうですねぇ。この突然の変化を体験した驚きを一言で表現するなら何になるかなぁ。

そうだ!.....まさに「憑いていたものが落ちた」(笑)。

今日の相棒は、クロスバイクです。

調子が良くなったとはいえ、無理をして元に戻ってしまっては意味がないので、午後3時頃から軽く走りに行くことにしました。行き先はもちろん手賀沼CRです。東京電力の「雨量・雷観測情報」や東京都下水道局の「東京アメッシュ」を見てみると、強い雨足が近づいてきている様子。さらに自宅から外を見てみるとまだ晴れているので、一時間か二時間ぐらいは降らないかな、と判断したのです。

CIMG6592.JPGCIMG6588.JPG手賀沼CRに着いて、柏ふるさと公園の辺りで後ろを振り返ってビックリ。もの凄い積乱雲が上空に迫っていました。手賀沼CRは強い風が、積乱雲の方向に吹いています。「しまった!積乱雲のある方角は自宅の窓からは死角で見えないんだった!」と誤算に気づきました。

それで、手賀沼CR→大津川沿いの農免道路を経由して柏市街地方面に向かい、大急ぎで帰宅しました。帰宅したときには、雷鳴が聞こえて来る状況で、ほどなく雨が降り出しました。

積乱雲が出てきたら、無理をせず帰宅すること。これ、この時期のいわゆる"ゲリラ雷雨"対策として心しておかないといけませんね。

ところで、積乱雲を見ていたら、こんな美しいものを見ることができました。上の写真にも写っているのですが、それをズームインして撮影したのが下の写真です。積乱雲からちょっとはみ出した雲の水粒に太陽の光が反射して七色に光っています。

「うわー、綺麗だなぁ」と眺めていたのですが、かすかに聞こえた遠雷に「こんなことをしている場合じゃない!」と我に返って家路を目指したのでありました(苦笑)。

CIMG6591.JPG

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:我に返った瞬間@手賀沼CR]
16182.jpg

posted by IKAWA at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

夏の夜話 Part 2 ーー 「写ってしまった」話(本編)

8月2日に行われた手賀沼花火大会の模様を紹介したエントリーの最後に、私はこんな事を書きました。「酔った勢いでハケの道を歩いて柏方面に向かいました。記憶がないのですが、いつの間にか写真を撮っていました(笑)。」「なかなかの雰囲気で、写ってはイケナイものが写ってしまいそうです....実は何枚か、イケナイものが写り込んでいたりしたのがあった」と。

「とてもここでは公開できません(恐)。」と書いたのですが、なぜか ノリ ノリ (←リンク2箇所あり)の方が一名いらっしゃるので、お盆の時期でもありますし、エントリーとしてアップすることと致しました。
# え?人のせいにするなって?(笑)

また告白調で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


花火大会の次の日、ブログに掲載できる写真を選択するためにMacに接続した愛用のデジカメから写真を取り込みました。最後の方なにやら真っ暗の写真ばかり。なにかと思ったら「ハケの道」を歩いて帰っていて、その道すがら写真を写していたのです。酔っていたとはいえ、あんな道を独りで、夜の23時をまわった時間に歩いて帰ったのかと驚いたものです。

ところが、その写真をよく見ると、なにやら不思議なものが写っています。写っていた不思議なもの、それは「光球」です。

CIMG6544.JPGCIMG6545.JPGここに掲載した2枚の写真は、昨日の「予告編」として掲載したエントリーに続くもので、左端の木の幹の移動具合から、どうやら一歩進む毎に写真を撮っていたようです。これら三枚、どれにも「光球」が写っています。

「うわ!これは何だよ!」と私が驚いたと思われる方がほとんどでしょうが、そうではありません。これらの写真を見たとき、私は「あ、また写ってる」と思ったのです。

「また」とは、どういう事でしょうか。

CIMG6390.JPGCIMG6392.JPGCIMG6393.JPG
それは花火大会が開始前のことです。花火大会を鑑賞する田圃の畦道に向かっていたとき、写真を数枚撮りました。写真を撮った直後に、露出が足りないかもと写り具合を確認した際に、「光球」とまでは分かりませんでしたが、丸くぼやけた部分があることに気づいていたのです。「人が歩いて舞い上がった畦道の砂埃がフラッシュで反射したのかな?この写真はボツだな」と思ったのを覚えていたのです。

しかし、です。あらためてMac上で写真を確認していくと、話が合わないことに気づきました。花火大会の開始前の写真では、私の前を歩く人は10m以上先にいます。砂埃が立ったとしてもそんなに残っているとは思えません。それに、量が多すぎです。花火大会から帰りの写真でも、私が歩いているのはアスファルトの上なので、砂埃が立つようなことはないでしょう。誰かが先を歩いている?夜の11時半に、あそこを?そんなばかな。

ここに写った「光球」はいったい何なのか。


では、ここからが私の考察というか妄想です。ちと「アチラの世界」に絡めてみました。

私は、柏市に越してきてからというもの、毎年花火大会の当日は、我孫子に実家のある学生時代の友人宅で過ごしています。なぜなら、彼のご実家に学生時代の同級生が集まり、さながらミニ同窓会となるのです。最近は同窓生の子供も加わってきて、毎年大騒ぎです。この友人のお父様は、朝早くから私たちのために場所取りをして下さったり、美味しい枝豆を茹でてくれたりと、それはそれは毎年心待ちにしてくださっていたのです。

しかし、昨年は"ミニ同窓会"が、喪に服すため開かれることはありませんでした。彼のお父様が昨年の春に天国に召されたのです。

そして今年は2年ぶりの花火大会。ミニ同窓会の開催です。天国のお父様は喜ばれたことでしょう。そして、きっと周りの"友達"にこう言ってまわったんじゃないでしょうか。「手賀沼花火大会の日はね、ウチが一年で一番賑やかなんだよ。息子や孫や、息子の友達やそのまた子供達が集まってきてね、みんなで花火を見るんだよ。花火もね、手賀沼に面した三箇所から合計一万五千発近くもあがって、毎年大好評なんだよ!」と。それを聞いたお父様の"友達"はこう言います。「そんなに楽しいなら俺たちも見てみたいなぁ。どうせ"身が軽い"ので、簡単にに行けるじゃないか!」「そうか、じゃあ、案内するよ!」

お父様がお友達を連れて私たちと一緒に楽しんでいたのではないかと私は思うのです。これも花火大会開始前の写真ですが、なんだか「早く始まらないかなー」とみんなワクワクしているように見えませんか?

CIMG6394.JPG

お父様は花火大会終了後に生前のお住まいでの私たちの"ミニ同窓会"の談笑をきっと部屋の隅で微笑みながらご覧になっていたことでしょう。そして会もお開き。最後まで残り、酔っぱらってフラフラしながら徒歩で家路についた私を見送りに来てくれたのではないでしょうか

最後にご紹介するこの写真は、酔っていたので記憶が曖昧なのですが、位置的に「ハケの道」まで下ってきて、柏方面とは逆方向に振り向いて撮った写真のようです。ここにも「光球」が写っていますが、これを最後に「光球」は、一体も写っていません。

とすれば、お父様が「気をつけて帰れよー!来年も元気で来てくれよー!」と言って下さっていたのかも知れません。

CIMG6546.JPG

ありがとうございます。お父様、ぜひ来年もお会いしましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これを書いているとき、突然「♪ピロリ〜ン」と音がしました。ケータイにメールを受信したのですが、「うおぉ!!」と声を出してビビりまくったとは、恥ずかしくて書けません(苦笑)。
posted by IKAWA at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

夏の夜話 Part 2 ーー 「写ってしまった」話(予告編)

なんだ、この光球は!

CIMG6543.JPG

光球が写った写真は、これだけではありません。

後日アップします。

私の解釈によれば、怖い、というより良い話になります。

ちなみに私は、霊感ゼロです。
posted by IKAWA at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

久々のポタネタ(苦笑)。手賀川沿いのヒマワリ畑で夏を感じてきましたっ!

あぁ、夏ですねぇ。夏といえば、ヒマワリですねぇ。

久々にこのフレーズを使います(喜)。今日の相棒は、クロスバイクです。

CIMG6562.JPGCIMG6566.JPG向かった先は手賀川にかかる浅間橋。そこに行って引き返してきただだけです(笑)。理由は後でかきますが、それはさておき、昨年の夏に気づいたのですが、浅間橋の目と鼻の先に小さなヒマワリ畑があるんです。そんなところにヒマワリ畑があることをご存じでしたか?しかも、驚いたことに「つみとり自由、お持ち帰り自由」なんですね。

ウソじゃないです。ちゃんと「つみとり自由、持ち帰りできます 川村農園(8月17日頃まで)」という看板が立っています。(寄り鮮明な写真は本日の「手賀沼有情」一番下を参照ください。)実際、周りをみても川村農園の関係者らしい方の姿は見えません。これぞまさに「看板に偽りなし」(笑)。

CIMG6571.JPG

CIMG6580.JPGCIMG6564.JPGそしてその看板がまた良いんですよ。いかにも手作り感が漂っていて、好きですこういうの。浅間橋からみると、電信柱の横にゴッホもビックリなヒマワリ(笑)の看板があり、その先のビニールハウスに隠れるようにヒマワリ畑があります。

ところが、このヒマワリ、意外と花が小さいです。「ゴッホもビックリ」な看板に「ミニ」と書いていましたので、もしかしたら「ミニヒマワリ」という種類があるのかも知れませんね。でも部屋に飾るには丁度いい大きさです。それともう一点。ヒマワリ畑に行くには用水路を渡るのですが、これがスリリング。こういうのが苦手な僕はオッカナビックリ渡ってしまいました。

で、僕がヒマワリを持って帰ったかというと....持って帰りませんでした。なぜなら花瓶がないからです(苦笑)。そんなわけで、ただ眺めて「夏だよねぇ」と想いにふけっておりました。

CIMG6582.JPGさて、他の人にはどうでもいい四十肩の状況ですが、とりあえず後で見返して「うんうん、こんなこともあったよねぇ」と個人的に振り返りたいという目的のためだけに記しておきます(笑)。

腕を回すと「ゴリゴリッ」と音がするのものの、肩の痛み自体はありません。その代わりに肘が痛くなっています。たぶん、「ゴリゴリッ」ってやつで肘の辺りの神経をどうにかしているんでしょうねぇ。

今日は、整備されているサイクリングロードなら大丈夫なんじゃないの?と出かけた次第です。手賀沼CRはほぼ大丈夫でしたが、曙橋から浅間橋にかけてが辛かったです。以前は全く気にならなかったのですが、この区間、意外とデコボコがおおかったのですね。その振動が肘に来て徐々に痛くなり、その痛みのせいでしょうか、人差し指が痺れてきました。ブレーキは中指メインで操作したのですが、やはりまだまだ本調子にはなりませんね。

ホント、しつこい野郎だ。けど、マジで四十肩なのか?たんなる"肩こり"だったりして(笑)。

今日も、楽しかったですっ!
[撮影場所:浅間橋]
16147.jpg



posted by IKAWA at 22:17| Comment(5) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

MapFan Web のリニューアル。こいつは困った!

困ってしまいますねぇ。

何がかというと、僕がこのブログで地図で場所をポイントするのに愛用している MapFan Web の仕様変更です。MapFan Webで気に入っていたのは、

(1) 東葛地域でmaxまで拡大できること
(2) ポイントしたときの矢印が大きくて目立つこと
(3) Google Mapと同様に地図をズリズリとスクロールできること
(4) スクロールしても元々ポイントしていた場所を示してくれていること

です。それが仕様変更で、(3)ができなくなってしまいました(大泣き)。

例えば、こんな風に

いや、自分はズリズリとスクロール出来るよ、と言う方。羨ましいです。

僕の自宅のネット環境は「MacOS X & Safari」です。「Safari」をご存じない方もいらっしゃると思います。簡単に言えば、MacOSに標準装備されているブラウザです。Windowsに例えていえば、WindowsとInternet Explorerの関係です。

で、この8月7日にMapFan Webが「画面サイズが大きくなり、より情報が見やすく」なるようリニューアルしたのに伴い、Safari が推奨環境から外れてしまいました。orz

Safariだと、旧態依然たる画像地図に自動的にリルーチングされて、それしか見えない状況です。もう少し南の方を見ようとすると、地図の下方にある「▼」印をクリックしなければなりません。もう、あの当時に戻れない身体になってしまった僕にとっては「なんだ、この面倒くささは!!」です。

まぁ、Mac版Firefoxもインストールしているから、そちらで見れば問題ないのだけれど、ちと面倒。

MacユーザーならSafari使用率はかなり高いはず。Safariを、新規サービス開発時にデフォルトの推奨環境として検討いただきたいものです。(切実。)

posted by IKAWA at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

手賀沼の蓮の群生地。今年は本当に花が多いですっ!

久しぶりに手賀沼の蓮の群生地を訪ねました。

相変わらずの四十肩なものですから(苦笑)、クリーニング屋に行ってそのまま帰宅しようかと考えていたのですが、余りの気候の良さに方針転換。昨日の夕方から、とても涼しくて過ごしやすいです。

と、思いつきで行動してしまったためカメラを持たずに群生地着です(苦笑)。

今年は蓮の花が多いです!(と言っても写真がないので説得力なし。)昨年、群生地に咲く蓮の花を初めて見て感激したのですが、それよりずっと多い!!

群生地に着いたのは午後3時をまわっていましたが、それでもたくさんのピンクの花が確認できました。

なんだか、とても嬉しいですっ!

posted by IKAWA at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

夏の夜話 Part 1 ーー 「電話」がかかってきた話

肩、というか、最近肘に痛みが移ってきたIKAWAです(苦笑)。まともに自転車で走れない腹いせに、今日は僕が体験した不思議な話をアップします。以下、告白調で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私は、コワイ話は苦手です。小学生の夏休みの頃、お昼ご飯の時間の定番と言えば日本テレビ系列で放送されていた「お昼のワイドショー」の特別企画「あなたの知らない世界」。視聴者や有名人の恐怖体験を、よせばいいのに再現ドラマなんかやってくれちゃって、怖いったらありゃしなかったです。

そんな番組を観なければ良いじゃないかと仰る方。あなたは恵まれた環境だったのです。私の出身地の徳島県北西部では、当時テレビのチャンネルが限られていました。民放の「四国放送」、あとは「NHK総合」と「NHK教育」しか映らなかったのです。NHKを観たくなければ、四国放送を観るしかありません。チャンネル権は両親にありましたので、親が「お昼のワイドショー」を観るんだ!となると、私はそれに従わざるを得ません。

その番組を見た夜は恐怖です。寝ようとして目を閉じると昼間に見た再現ドラマを思い出して眠れない(汗)。眠れないから目を開けようとしても、目を開けてそこに人の顔があったらど〜しよう〜、と考えると目も開けられません(大汗)。もちろん、トイレになんか行けやしません(滝汗)。

とにかくそれぐらい"怖がり"なのですが、霊感といった"アチラの世界"とコンタクトする能力が皆無なのが幸いして、これまで一度も「あなたの知らない世界」的な体験はありま.....いや。過去一度ありました。

あれは学生時代の頃ですから、いまから二十年ほど昔のことです。

当時住んでいたアパートで、夕食のあとテレビを観ながらくつろいでいました。そんなとき、電話が鳴りました。もちろん当時は携帯電話なんて持っていませんので、固定電話です。誰だろう?実家かな?それとも友達が今夜泊めてくれなんてかけてきたのかな?だなんてありがちな事を考えながら電話をとりました。

「はい、もしもし」

ところが、相手の声が聞き取りにくいです。

「あ、あのぉ、どちら様ですか?」

相手は私の問いかけにも構わず喋ります。相変わらず聞き取りにくい。なんだか「フガフガ、モグモグ」と言っているようにしか聞こえません。

「すみません、何を仰っているか分からないのですけれど」

電話の相手は、それでも「フガフガ、モグモグ」と喋り、そして一方的に電話を切りました。

なんだ今の電話は、何て失礼な奴だ、と憤慨です。いまであれば、固定電話であればナンバーディスプレイがあるので、かけてきた相手の電話番号を確認することなんか簡単なことですが、当時そういったサービスはまだ始まっておらず、相手の電話番号を確認することすらできませんでした。それで、間違い電話だったのだろう、と気に留めないことにしました。

数日経ってまた電話が鳴りました。でてみると実家の母からでした。

「おばあさんが亡くなった」

と。そのとき私は「あ!あの電話!!」と思い出しました。「あの電話」の声の主は、祖母の話しぶりにそっくりだったのです。

実は私の母方の祖母は、私が生まれたか生まれないかの時期に、軽い脳梗塞になって喋りが不自由でした。不自由とは言っても重症ではなく、舌がうまく回らない程度でした。が、歳をとってきて歯が抜けたりして、話が相当聞き取りにくかったです。それで、表情や動きを見ながら話しないと、何を言っているのかよく分かりませんでした。一緒に暮らしていた訳ではありませんでしたが、実家から比較的近くに祖母が住んでいたこともあって電話で話したことはありませんでした。が、もし電話で話をしたらちょうど「フガフガ、モグモグ」と言っているように聞こえたことでしょう。

いろいろあって私に連絡が遅れたようなのですが、母からよくよく話をきいてみると、祖母が亡くなったその日に「あの電話」がかかってきていました。かかってきた時刻は「気に留めないことにした」ので記憶が曖昧だったのですが、概ね祖母が亡くなった時刻に近かったように思います。

あれは祖母だったのでしょうか?

遠くで暮らす孫である私に最期の挨拶をするために、今際の際に電話のところまで歩いていって受話器を持ち上げてダイヤルする....訳ないですね。そもそも、祖母は私のアパートの電話番号を知りません。電話をかけてくるはずないのです。

じゃぁ、祖母にそっくりな話しぶりで「フガフガ、モグモグ」と喋った声の主。しかも、祖母が亡くなったその日、それに近い時刻に私に電話をかけてきたというこの事実。ただの間違い電話で片付けて良いのでしょうか。

「あの電話」の声の主は誰だったのでしょう。未だに私は、その謎を解くことができないでいるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長い間封印していた話を「まともに自転車で走れない腹いせ」で、ついに書いてしまいまいた(汗)。これ、まぎれもない体験談です。

ばぁーちゃん、許して!

って、おや?こんな夜遅くに電話が鳴り始めましたよ。

「はい、もしもし....あ、あのぉ、どちら様ですか?」


# 私の身に何事も起こらなければ「夏の夜話 Part 2」もあるかもです。


posted by IKAWA at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

昨日は「手賀沼花火大会」。二年ぶりに手賀沼湖畔で満喫しましたっ!...で、今日は?

世間からすっかり四十肩認定されているIKAWAでございます(苦笑)。

昨日は手賀沼花火大会でした。毎年、我孫子在住の学生時代の同級生のご実家近くの「船戸の森」の麓に自宅から徒歩で向かいました。手賀沼CRに着くと、前を横切る見覚えのある一台の自転車。自転車に乗っている方も僕に気づいた様子。おぉ、10さんじゃないですか!場所取りの様子を見に行かれるとのこと。精力的に走り回られている様子。うーん、四十肩の自分が恨めしい(苦笑)。

CIMG6378.JPGCIMG6386.JPG時刻は午後5時をまわった頃で、柏ふるさと公園には見物客の方々が多く集まられています。そして、手賀沼の湖面には、今日の花火を打ち上げる浮き船を確認することができました。

さて、いつもの見物ポイントである、手賀沼トラストの蓮池沿いの畦道に陣取った頃には既に良い気分(爆)。実は、友人の家についたらさっそくビールを飲み始め、花火大会の開始が近くなった時点で一時間以上飲んでいた訳です。そんなわけで、写真は手ブレのオンパレード(苦笑)。数少ないグッドショットをお楽しみ下さい。念願の「ニコチャン」が撮れました(喜)。

CIMG6398.JPGCIMG6426.JPGCIMG6443.JPG

CIMG6464.JPGCIMG6455.JPGCIMG6504.JPG

CIMG6487.JPGCIMG6436.JPG今回のサプライズは水中花火でした。これまで遠くからしか見えなかったのですが、今年はなんと幸運なことに僕たちが見ている場所の目の前で水中花火が行われました。写真からは伝わりませんが(苦笑)、閃光と破裂音が見事にシンクロしてド迫力で楽しめました。

そして、途中トイレに行ったついでに何気なく撮った一枚。フラッシュなしの花火の明るさだけで、ここまで写るのですね。それにしても、花火大会をご覧になっている皆さんの本当に楽しそうなこと。日本の夏はこうでなくてはいけません。あぁ、今年も平和で良かったなぁ。

花火大会終了後は、友達の自宅でしばし....ってか、かなりの時間談笑。飲んで飲んででグテングテン。それでも徒歩で柏の自宅に戻るという無謀ぶり(苦笑)。

CIMG6548.JPGCIMG6549.JPG酔った勢いでハケの道を歩いて柏方面に向かいました。記憶がないのですが、いつの間にか写真を撮っていました(笑)。

こんなところを独りで歩いて帰ったのですか!酔ってなければ独りじゃ歩けないですよ。なかなかの雰囲気で、写ってはイケナイものが写ってしまいそうです....実は何枚か、イケナイものが写り込んでいたりしたのがあったのですが、とてもここでは公開できません(恐)。

そして今日ですが、「二日酔いだよー(泣)」「肩が痛いよー(涙)」のダブルパンチ。一日中ウチでウダウダしておりました。やばいなぁ、このままでは「四十肩と戦う本厄男のブログ」になってしまう。

なんとかしないと(焦)。
posted by IKAWA at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。